カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

辻堂東海岸の友人

先月 栄養学校の友達5人で、辻堂東海岸の今は亡き友人宅に行って来ました。

 

実は、スミトンの身体を心配して、いろいろ健康グッズを送ってくれた友達Kさんが暮れに亡くなりました。

 

あまりにも突然で言葉も出ませんでした。

 

長年していた健康のためのフラダンスのお稽古の後、体調を崩し、疲れたからとベットに入り、夕飯も食べないで

翌朝多臓器不全で亡くなったんだよね…

悲しいよkyu

 

人の人生ってわからないよね。

あんなにスミトンの事を心配し、元気だった彼女が真っ先に行くなんて…

訃報がはいった時、驚いたなんて言葉では表せないよ

 

彼女自身も、まさか亡くなるなんで思ってもいなかったと思います。

 

仕事の都合で、葬儀に出れなかったスミトン

彼女のご仏前に、お参りさせて頂きに家に行ったのです。

 

仲間たちと、沢山たくさん彼女の話や学生時代の話をしてきました。

 

友達は、鹿児島・長野・秩父・アメリカシカゴ・東京(スミトン)と、離れて生活していますが、会えば学生に戻り(ひよっこで書いた)、そこから近況報告が始まり、話は尽きません。

 

栄養学校の友達

 

二年前はこんなに元気だったKさん(前列右側)

この写真だって、彼女が送ってくれたんだよね

この時、スミトンの方がくたばりそうだったんだよね〜

秩父のMさんは、写真を撮ってくれていたので写っていません。

 

データーでは無く、写真を写したので少し変ですが…

 

人の死は、2度有ると言います。

一度は肉体の死

次は、皆から忘れられ、話題にもならなくなった時だそうです。

 

もちろん家族がいるから、いつまでも忘れ去られることは無いけれど、我々仲間もいつまでも彼女の事を話すし思い出すよ〜

 

とりわけスミトンは、正月の箱根駅伝を応援しながら思い出すねニコ

 

毎年、駅伝を見ながら茅ケ崎が映し出されると、彼女にメールしてたんだ。

今貴女の家の近くを通り過ぎたね〜なんて書いてさぁ〜2日間もさぁ苦笑

 

もうメール送る事は出来ないけれど、心のメールを送ります。

 

70歳になったらいろいろ一緒に出来ると思っていたのにね!

貴女に頂いた健康グッズ いつも足に巻いているよ。

 

歩かなきゃだめだと注意されたけれど、これからは少しは歩くよ

貴女の分も生きて、世の移り変わりを今度あった時には、報告するねテゴシマーク

 

あ、しなくっても、もう眺めてるか〜

「スミトンの馬鹿 掃除もしないでテレビ見ながらうたたねしてるよ」と〜顔

 

なんだか雲上人が増えて来たよ〜がっかり

悲しいけど、スミトンもそんな年になって来たんだね

 

仏前でお参りしたらご主人が、これからお墓を建立する場所で彼女が眺める景色を見てほしいと、墓地や鎌倉を案内して下さると言うので、お願いしました。

 

スミトンは、御主人と会うのは初めてでしたが、他の人達は旧知の仲らしく、思い出話をしていました。

 

墓地の場所は、江ノ電の腰越駅の近くの山の中腹にありました。

 

 

海が一望でき、遠くには富士山も見える良い場所でしたが、なんだかスミトン、写真を撮る事出来なかったんだよ

 

悲しいね〜本当に彼女はいないんだよ…泣

 

でも、海のない長野から東京に出て来て結婚し、御主人の仕事の都合で各地を転々として、海が好きで海の近い辻堂東海岸に家を建てたKさん。

お墓も海と富士山が見える希望通りの場所に、御主人が建立してくれるんだよね!

 

一緒に住んでいた三男のお嫁さんが別れ際に「お義母さんが亡くなる一か月前に、私は思い残す事何もないんだ」と話していたと聞かせてくれました。

 

Kさん、幸せだったんだよね〜

 

ご主人との出会いも凄いストーリーだよえへ

ご主人より先に、お姑さんとデパートで同じ商品を手にした事から始まり、挨拶をして別れたけれど、月日を改めまた偶然お姑さんに出会い、勤め先を聞かれ、ご主人と結婚する事になったんだって〜

ロマンだよねゆう★

 

良いご主人とお嫁さん、子供・孫に囲まれて満足してたんだよね

 

だけど、言霊って有るんだよ〜

思い残すことが無いなんて言わずに、ようやく歩き出した孫の成長を見ても良かったんではないの?

 

孫に、貴女の記憶を残しても良かったのに〜

残念だよ…kyu

 

 

 


なおして、もう一つ

失敗したペットボトルケース直したよkyu

 

ペットボトルケース1

 

でも直すのって、新しく作るより面倒だよね…苦笑

 

なおしながらもう一工夫しようと新しく、もう一つ作ってみました!

 

スミトン長い事生きて来て、ペットボトルケース作ったの初めてだったのですテゴシマーク

 

今まで頂き物や市販のものですましてきたので、作る必要がなかったのよね〜

 

作ってみたらいろいろ工夫要素有りそうだし、袋物の基本そのものだよね!

 

70歳にして新たな発見だよえへ

 

ペットボトルケース2

 

でね、作ったのがブーのペットボトルケースぶた

作ってる時はねワクワクしながら作ったのよね〜

 

出来上がって、まあまあかな〜と満足だったのよね〜

ところがよ〜

ペットボトル入れて、大笑い-▽-

 

まことに不細工なのです〜

ブサ可愛いと言う言葉も有るけれどさぁ〜汗

 

笑い飛ばすしかないよね〜アハハハァ〜

…トホホゆう★

 

口の位置5ミリほど下げると良いかもしれないけれど、布に穴開くしね

 

だから、丈を6センチほど試しに折り込んでみたのね

そうするとバランス取れるけれど、短くするのももったいないから、これで使う事にするよkyu

 

ペットボトルケース3

 

最近皆さん持ち歩いてるものね〜

プレゼントには良い物かもしれないね〜

端切れを使うにも良い物かもしれないけれどゆう★

 

巾着と比べて頂く側に立つと、やはり巾着貰う方が嬉しいかもなぁ〜苦笑

 

スミトン やはり巾着婆さんになろ〜っと笑顔

 

 


クッション材として木綿わたが入っていたよ〜

富山のNさんに、銘菓薄氷とティーゴを頂きました。

 

これらの干菓子は、富山県小矢部市の歴史の長い(創業1752年)五郎丸屋の銘菓です。

五郎丸と書くとラクビーの五郎丸を思い出す方が多いのではありませんか?笑顔

 

スミトン 五郎丸屋の干菓子は、贈り物に使う事はあっても、自分で購入して食べる事は無かったのよね〜

貧乏人ですから〜アハハハァ〜-▽-

 

お茶うけに頂いて食する事は、有りますけどねペコちゃん

 

なので、今回頂いて初めて知りました!

 

薄氷とティーゴ二個分のわたの写真です。

銘菓薄氷2

 

クッション材に木綿わたが使われている事を〜マジで

干菓子が薄いので上下両方から綿で挟むように並べられているのです。

ティーゴの写真です。

ティーゴ

 

綿の感触久しぶりですテゴシマーク

 

この肌ざわりは、キルト綿とは違い、小さい頃、母が布団を作ってる時手伝った?(邪魔してたかな苦笑)出来上がりのふかふかのお布団にダイビングして埋もれた記憶が戻ってきます。

 

薄氷の写真です。

銘菓薄氷

 

この綿勿体ないな〜と思い、ペットボトルカバーを作りました!!

 

スミトン バッグの中にペットボトルの水滴がつかなければよいので、保冷シート使わなくっても良いのですkyu

 

だから、この綿を使ってキルティングもしない、ふわふわのカバーを作ってみました〜

 

ファスナーを付けたて作ったけど、あまりに地味なので、百均のレースを付けてみました笑顔

 

ペットボトルカバー

 

明日百均で、クリップ付きの手紐を買って、付ければ出来上がりですキラキラ

 

お菓子に入っていた綿で、二個のペットボトルケースが出来ます。

 

ペットボトルカバー2

 

実は、もう一個作ってたのよ〜

口まわりのテープ付ければ良いところまで来ていたのに、ファスナーのスライダー勢い余って外したのよね〜汗

トホホだよゆう★

 

スライダーは、頭から入れるのは出来るけど、おしりからは入れられないのよね〜

少しほどかなければ、スライダー入れられない…

直すのって面倒なのよね苦笑

 

だから、デザインも多少変えて新しく作り直したのです!!

 

スライダーが外れた方は、明日にでもなおそう〜っと苦笑

 

ペットボトルカバー3

 

 

注意緊急連絡

ipad miniが故障しました…_| ̄|○

朝 見ていたのに、お昼見ようとしたら画面が真っ暗…

充電切れたかと思い、充電器に接続したけど、ダメでした悲

 

Appleで、取り換えてくれえるそうですが、1週間ほどLINEが出来ないかもしれません。

縁切りした訳では無いので、よろしくお願いします顔

 


 


思い込み

思い込みの激しいスミトンです…苦笑

 

富山にスミトンの大好きな煎餅「日の出屋製菓株式会社」が有ります。

 

東京でもこの会社の煎餅は購入可能で、70歳祝いの巾着にも「しろえびせんべい」を入れたほどですkyu

 

しろえびせんべい

 

そして、私が育った富山県立山町、立山IC付近に「ささら屋」と言う煎餅工場が有ります。

私は実は「ささら屋」の煎餅は、好きではありません苦笑

 

工場が出来た時 姪に「叔母さん食べて〜」とスミトンの煎餅好きを知っていて買ってきてくれたのですが、美味しく感じなかったのです(体調のせいもあるかもしれないけれど〜)顔

 

それから弟が「姉ちゃん『ささら屋』の工場見学行ったら面白いよ」と言うのですが、好きでない煎餅屋に見学に行っても、楽しくないから…と行きませんでした。

 

 

今回富山に帰った時に、ゆきんこの足跡さんに送ってもらい、立山ICを降りてすぐ『ささら屋』の横を通りました。

 

その時に「ここの煎餅、好きじゃないのよね〜」と姪の話や弟の工場見学の話をしました。

 

ゆきんこの足跡さんもSさんも、黙ってスミトンの話を聞いていました。

 

 

弟の家に着いてから皆さんに頂いた物を弟夫婦と食べようと「何を食べるかね〜」といろいろ見てたら、『ささら屋』の紙袋が有ります…ガーン

 

ささら屋

 

そう言えば、志布さんからこの袋手渡されたよね〜

しまった〜

好きでは無いと言ってしまったよ〜汗

後悔先にです〜トホホだよゆう★

 

 

しかし、紙袋から出した箱には、スミトンの大好きな『しろえびせんべい』と書かれていたのです。

スミトンの頭には???が沢山出てたよ?

 

しろえびせんべい2

 

調べてみたら、『ささら屋』は日の出製菓の工場だとわかりましたマジで

 

『ささら屋』と『日の出製菓』がようやく一つになったのです!!

 

それから慌てたよ〜汗

 

ゆきんこの足跡さんにラインして、『ささら屋』と『日の出製菓』が同じという事がようやくわかった事を伝えました。

 

彼女から「思い込みは、真実を知ったときのショックは冷や汗もんです」と返事が帰って来たけれど、まさにその通りです顔

 

いくつかのお菓子を食べて、好きでないと決めつけた事…

 

思い込みって、とんでもない事になるね。怖いよね〜

 

人の善意の頂き物も否定する事になるし苦笑

 

今度帰省したら「ささら屋」に行って、焼き立ての煎餅試食してこようっと笑顔

 

 

 


お疲れ様会2

昨夜のストロベリームーン見ましたか?

アメリカで苺の時期に赤みががかって見えることから、この満月をストロベリームーンと呼ぶらしいです。

好きな人と見ると恋が成就すると言われているらしい?

別名「恋をかなえる月」って言うんだってえへ

娘にこのことを書いて「帰りに見てね。アベックで見ると良いんだって〜。あんたには関係ないか?」と送ったら「せめてカップルと書いてよ」と返事が来た。

アベックは、古いのか〜アハハハァ〜苦笑

見損ねた人は来年見て下さい。

 

ストロベリームーン

 

写真を撮ったけど、周りが明るすぎて綺麗に取れなかった〜

下手も有るけどね…苦笑

 

話はそれたけど〜前回の続きです。

 

スミトンは、赤松さんと知り合ってから、クロバー(株)のいくつかの商品にかかわらしてもらったよゆう★

 

はじめは、キルター用の定規15×60僉■隠記×30僉■隠記×15

皆さんも一度は目にしているのではないですか?

黒で線引きされている定規です。

ブラザーミシンを購入したらミシンキルトセットとして付いてきた定規ですニコ

 

そして、キルターなら一度は目にしている?手にしているダブルテープメーカーなどもアイディアを出して出来たものです。

 

このころスミトン、セルティックキルト作りにはまっていたのよね〜kyu

まぁ〜テープメーカー無くってもスミトンは待ち針3〜5本使ってダブルテープメーカと同じように両面テープ貼ったバイヤステープが作れてたんだけどねテゴシマーク

きっと皆さんは、待ち針の方法を知りたいと思うけどね〜

秘密です〜ワハハハァ〜笑顔

 

下記のキルトは、AQSのミニキルトに入賞した「地球の子供たち」51×51僂任后

 

 

セルティックキルトのミニキルト

 

今はやめていない開発のKさんに、スミトンのやり方を見せて、既存のテープメーカをこうしたら良いのでは?とアイディアを出し、作ってとお願いしたんだよね〜

 

それからKさんと、いろいろアイディアを出し合って、商品が出来ていったよキラキラ

 

スミトン Kさんとうまが有ったんだよね〜

その時の岡田冨二社長も良かったよ〜

こんな言い方すると、今の社長が悪いように聞こえるけど、良い人だよ〜えへ

 

まぁ〜あれもこれもとは言わないけれど、色々とスミトンが出したヒントから、Kさんが頑張って商品にしていったよ

 

こんな事出来たのも、赤松さんと知り合ったからだよねkyu

 

なんだか、飲みながらいろんな事が走馬灯のように思い出されたよ

 

楽しい時間だったよ〜赤松さんに感謝だよラブ

 

お疲れ様会1

 

閉会した後、赤松さんと日本酒を飲もうと新たなお店に5人で行きました!

 

話が盛り上がり、時間はあっという間に過ぎさり解散〜

 

池袋に着いたら終電が保谷行き〜

立川のMさんが乗る秋津迄の電車がないのよね…汗

 

保谷からタクシーで帰宅したよ、Mさん…ゆう★

 

翌朝、「何十年ぶりかのタクシーで帰宅。楽しみと交換したので納得」とメールがきました汗

 

若い子たちに囲まれ、赤松さん嬉しそうだったよ〜kyu

 

だけど、毎日が休日だってさぁ〜

 

赤松さん連れ出すのに七夕の頃、ビールを飲んで暑気払いしないとね〜ビール

ただいま計画進行中です笑顔

 

 

 


| 1/94PAGES | >>