カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

巾着の紐

「巾着の紐は、何を使っていますか?」と良く聞かれるスミトンです。

 

でも即答できないんだよね!!!

品名覚えていないのもだけど、その時々により、紐をいろいろ変えてきたしね

 

いろんな紐を使うと気分が変わって良いのですが、もう1本有るとこの巾着仕上がるのに…なんて、少しづつ余るのよね苦笑

そうかといって、右と左で紐を違わせるという事も出来ないし…

断捨離で巾着作っているのに、紐の無駄が出るって残念でしょ?涙

 

1月に作った巾着で、頂いた紐や買いだめしていた紐等を全て使用し、手持ちが無くなったのを機に、今後は今まで使った中で一番使い心地の良い紐に決める事にしました。kyu

 

丁度注文していた紐が届いたので、写真をアップしますねゆう★

 

巾着の紐1

 

試しに使ってみたいと思われる方がいらしゃるかもしれませんので、商品番号書きますね。

小さな親切 大きなお世話かもしれませんが〜笑顔

 

オシドリのNO2551

COL2

30メーター巻き

 

ちなみに、スミトンが作る20センチ幅の巾着が23個できますキラキラ

 

 

この紐は、段染で蝋引きなので、どんな色合いの巾着にも合い、締まりも良いのです!

そして、安っぽく見えないのが一番のお気に入りの源かな?ハート

 

 

お揃いでNO250、COL2、50メーター巻きも購入しました。

 

巾着の紐2

 

この紐は、巾着を開けやすくするために、ボタンを付けるのに使います。

この紐がね、有るのとないのでは違うのよね〜

若い頃は、巾着開けるのなんて造作ない事だけれど、年を重ねるとこんな些細な事が大変になるのよね〜苦笑

 

家の中探すとボタンは結構出てくるでしょ〜

両方同じボタンでなくって良いから付けてあげると親切ですよ手

 

 

洋服を処分する時、スミトンはボタンは外します。

それに洋服に控えのボタンも付いてくるでしょ。

そんなボタンを使うと良いのです。

背広のボタンなんか使いやすいですよ〜笑顔

 

男性用ボタンは、日の出産業さんが処分すると言ってたので頂いたのですが、購入したら一個何百円もするボタンだから見栄えが良いです〜

素人のスミトンが勿体ないと思ってても、企業さんにとっては、処分するのにお金がかかるんだよね〜

スミトンには処分品でもありがたいですゆう★

感謝ですラブ

 

そうそう、50メートル巻きで、巾着113個に取り付ける事が出来ます。

 

113個って、気が遠くなる数だよね〜苦笑

 

 

紐を同じ色で統一すると出来上がりがスッキリしますよキラキラ

 

これから作る巾着は上記の紐にする事にしたのです!…なんて書きながら、頂き物が有れば、ありがたいのでそちらを使いますよ〜ゆう★

 

下さる人いるのかな?kyu

 

下さる時は、巻きでくださいね〜ぐるぐる

安っぽくないのを〜ワハハハァ〜にこ

 

 

 


端切れのテープ

先月慌てて巾着を作った事を反省して、10日ほど毎日毎日端布繋ぎをしていました苦笑

 

繋ぐことは簡単なのだけど、毎日60種ぐらいの端布にアイロンをかける事を10日したという事は、600枚の端布にアイロンした事になりますkyu

それも10センチ角だったり10×50や5×110センチだったりと、何せ端布ですから形態も様々です。

ツレのワイシャツにすらアイロンしなかったのに、布は別です〜えへ

アイロンの後、3.5冑のテープを作り、7〜4僂猟垢気妊ット。

 

いろんな柄長さのカット布が揃ったら全てを並べ、一枚づつ集める

 

端布1

 

でもね、これらの作業が結構身体に応えるのよね〜苦笑

 

肩や腰がパンパンに凝るので、娘に腰と肩に大判の湿布薬を貼ってもらっていました。

湿布薬を貼りながら「一人暮らしの人は、これをどのように貼るんだろうね?上手に一人でも貼れる方法あるのかな?」と娘が聞くから「一人暮らしは、貼るのでなく塗り薬を使うんじゃないの?」なんて答えたけどさぁ〜顔

娘と暮らせて幸せだよね〜

湿布薬貼ってもらうには、娘が最高です〜ワハハハァ〜えへ

 

それにしても、湿布貼りまくりで、倹約のはずの端布テープ作りが思わぬ出費だよ〜高くついたよ汗

 

一本のテープを作るために、カット布を集めておきます。

ここまで準備すると、縫うだけなのでかんたんです。

端布2

 

凝り性の飽き性は、どうしようもないよね〜

そろそろ細く長くも覚えなければね…

 

でも、湿布薬の成果かテープ沢山出来ましたゆう★

 

端布テープ1

少なくとも巾着60個分は、余裕で出来ます。

 

そんなに作ってどうするかって?

 

そんな心配しないで良いですよ〜

沖縄の義母と義妹に強制的に受け取ってもらうからkyu

人の迷惑なんて考えていたら作れないよ

アハハハァ〜笑顔

 

端布テープ2

 

それにね巾着だけでなく、他に作りたい物が出来たんだよね!

それは出来てからのお楽しみに! 期待しないで待っててくださいテゴシマーク

 

今回のように端布テープは一度に作るのではなく、日々布を裁断していてこの端布はもう使わないよね〜と思ったら、仕舞わないで自分の決めたサイズにカットして、箱などに詰めておいた方が得策ですよ〜

スミトンなら3.5センチ幅のテープを作り、4〜7センチと好みの長さに切ります。

 

この方法だと、使っていた布端でそのままテープを作るので、改めてアイロンの必要がないからねkyu

後日切るよりも、アイロンの手間が省けますね!

そしてカット布が50種類程たまった時にテープにしておくと、作りたい物が出た時にすぐ作れますよゆう★

 

 

 


沖縄の義母の事

沖縄名護に住むお義母さんは、もうすぐ百歳になりますキラキラキラキラ

 

百歳の記念品 総理大臣から金杯を貰う(届く?)のを楽しみにしているのだそうですが、記念の金杯の金の純度が残念ながら低くなったんだよね〜顔

それだけ百歳越えの人が多くなったという事だよね〜

せめてお義母さんが頂いてから純度下げてくれれば良かったのにね苦笑

 

先日義妹から「二人で新聞に載ったよ」とLINEで写真が送られてきました。

見てみるとお義母さんは、お姑さんが織った芭蕉布の男性着物を着てて(ツレのお父さんのために織った着物)反物も持っています。

隣には義妹が写っていました。(美容院を経営している義妹と暮らしているのです。)

『整理していたら、これらが出てきた』と記事になったようです。

 

芭蕉布とお義母さん

 

以前ツレから、「おばぁや母は芭蕉布の着物を織っていたよ。おばぁが織ってくれた着物は夏でもべたべたしなく着心地良かったよ」と聞いていました。

 

結婚してすぐ沖縄に行った時に「お義母さんは、もう芭蕉風は織らないのですか?」と聞いたら、「おばぁに習って作ったけど、

忙しいし、おばぁのように上手でないから織らないよ〜。芭蕉布織るのは大変だからねぇ〜。おばぁの芭蕉布も機織り機も探せば有るけど、どこにしまったかなぁ〜」と返事がかえってきました苦笑

 

「戦後、物が簡単に手に入るようになったから、芭蕉布作りも下火になったしね」とも話していいました。

 

それでも戦後生まれのツレは、おばぁが作ってくれた芭蕉布の着物を着た小さい頃の記憶を、肌触りから鮮明に覚えていて、内地の浴衣とは全然着心地が違うと話してくれました。

 

この時、ツレがお義母さんに言っていたのよ。

「スミトンは布が大好きだから、母さん芭蕉布が出てきたら頂戴」って。

今思うと、その時出てこなくって良かったよテゴシマーク

出てきてたら、スミトンは着物をほどいてたかもしれないし、反物にハサミを入れてたかもしれません。

もったいなくって眺めてるだけかもしれないけれれど、眺めていたらきっとツレは「鋏を入れて何か作りなさい」と言ってたはずです。

 

本当にその時出てこなくって良かったよkyu

 

お義母さんと義妹は相談して、博物館に寄贈しようと思ってるんだって〜ゆう★

スミトンもそれがいいと思うよ。

皆さんに見て貰えて管理が良い所に有るのが一番良いよねテゴシマーク

 

そして、おばぁの作品は、おばぁの生きた証、嶺井家の歴史そのものだよねキラキラ

 

 

そうそう、約20年ほど前に、ジュディ・マチスンさんのマリーナコンパスの講習会を企画した時に、沖縄にも行ったのです。

その時に、平良敏子さんのアトリエをたずねました。

 

今は人間国宝になっている平良敏子さんは、芭蕉布作りが絶えそうになったのを復活させた人です。

平良さんからいろいろ芭蕉布についてお話を伺い、工房を親切に案内して頂きました。

 

平良さんの元には、内地から研修を受けに多くの若者が来ていました。

 

以前から芭蕉布がとっても気になったスミトンは、ブティック経営をしている義妹に、入手する方法は無いかな?と聞いたら、本物はとても高価で買えないけれど、今は化学繊維で出来た芭蕉布風の着物が売られていると、沢山の端切れを送ってくれました。

 

スミトンも牧志公設市場で反物を買って来たよ〜

もちろん芭蕉布の偽物をね笑顔

 

写真は、ごくごく一部です〜

 

芭蕉布モドキ

 

それで、10センチ角のブロックを沢山作ったけれど、繋いで一枚にしてないんだよね苦笑

 

今年はそれを仕上げるかな〜

もう少しブロックを作らなければならないけどね汗

 

 

そうそう、お義母さんの話題でもう一つ。

お義母さんって凄いんだよラブ

 

昨年暮れに義妹から「お母さんがぶつぶつ独り言つぶやいてるから、いよいよ呆けたかな?と思ったら、なんと明治天皇勅語(教育勅語)を唱えているんだよ〜」とムービーが送られてきたよマジで

 

一語一句違わずに暗唱出来てるって凄い事だよねキラキラ

頑張れ99歳なんていってられないよ!

 

もう完全にお義母さんに負けてるよ〜

スミトンちょい呆けどころじゃないもの〜アハハハァ〜汗

 

それにしても完璧に覚えているという事は、若い頃に相当訓練したんだよね

きっと強制的に覚えさせられたのかもしれません…しょぼん

 

でも今は、それを歌うように唱えているのは、良い事だよねニコ

 

そういえば、100歳以上の人をセンテナリアンて言うんだって〜

テレビで言ってたけど、初めて聞いた言葉だったよテゴシマーク

英語が出来ないスミトンだもの知らなくって当然ですがっ!!

何をえばってるんだかね…-▽-

 

スミトン娘とテレビを見ていて「母ちゃんもセンテナリアン目指そうっ〜と。Mちゃんと暮らすの楽しいし、たまには腹が立つけどね」と言ったら「私の方こそ母ちゃんに腹が立つわぁ〜」って返された〜トホホだよゆう★

 

「百寿者」って表現も素敵だけれど、センテナリアンキラキラってお洒落な言葉だよね笑顔

 

 

 


本の整理をしていて

久しぶりに本の整理をしようと、本を引っ張り出しました。

 

いらない本を整理しないと大変な事になってるのよね涙

本箱だけでなく、部屋のあちらこちらに山積みになっているのですゆう★

 

スミトンだってたまには整理するよえへんけむり

まぁ〜整理してるより広げて本を見てることが多いかもしれないけれどね苦笑

 

英語が読めないスミトンが、何故だか洋書を沢山持っています。

人はこれを宝の持ち腐れと言うのかもしれませんね〜ワハハハァ〜汗

 

でも良いのです〜

読めなくっても何が書かれているか、感でわかるのです!

 

小説と違い、キルトの事ですから絵解きですキラキラ

 

読めればもっと深くわかるのでしょうが、そこまでしなくっても良いのです。

 

大体わかればね〜

それで満足ですテゴシマーク

 

 

今ではほとんど買わなくなったけれど、年間7〜8万(販売価格でね)購入していた時が有ります。

出版社の会員になってたので、出版される本が全部届くのです! 割安で笑顔

 

20年前、何故本の虫になってたかと言うと、スミトンはミシンキルトの事を誰よりも早く多く吸収したくってね〜テゴシマーク

 

でもね、どれだけ沢山購入しても人が考える事、テクニックはそんなに多くない事が判ってからは購入を止めたよ。

色彩は、日本人と違いアッと驚くものが多いけどねゆう★

 

ちなみにスミトンには、その色彩感覚は、取り入れられなかったよ苦笑

 

 

話は戻るけど、整理しようと本を出し、捨てるつもりの本をパラパラめくると自分が写ってて、捨ててはいけない本だと気が付いたよマジで

そな事ありえないと思うでしょ?

それが有るんだなぁ〜スミトンには笑顔

 

海外の本1

 

記憶になかったんだよね〜はるか昔でね

もちろん パラパラめくると思い出すけどね…苦笑

 

IQ2000を運営していたころ、1998年にオーストラリアから招聘したSue Wademanさんが日本に来た時の記事が掲載された本を捨てる本の中に入れていたよ苦笑

 

海外の本2

 

その記事には若かりし頃のスミトンも写ってるよにこ

 

岸和田のだんじり祭りの前日、見に行ったことも書かれているよ

 

海外の本3

 

 

彼女がオーストラリアからニュージーランドに移り住んだ事は知っているけれど、現在どうしてるかわかりません。

 

本を見ながら、その当時Sue Wademanさんが、日本で稼いだお金で帰ったら自動車の修理をすると言っていた事等いろいろ思い出したよ〜。昨日の事のように鮮明に〜キラキラ

 

なんでも東京に来るのに、空港に向かう途中、車が故障してどこかに預けてきたんだそうです。

だから、真っ先に修理しないと何もできないと笑って言ってたよニコ

 

そうだよね〜

狭い日本と違い、電車で移動可能と違うよね

オーストラリアは、広大な土地だものね!

 

シュシュを沢山作って子供の水泳教室のバザーに出す話など、気取らない人なんだなぁと思ったよ

 

それにね、著名な画家と(名前を聞けば知らない人がいない)誕生日が同じだから、自分は彼の生まれ変わりだとも言っていましたkyu

スミトン達は、その話を聞いて頭の中?????だったよ苦笑

 

でも彼女は帰国してしばらくしたら、どこの国の空港だったか忘れたけれど、壁画のコンテストにお応募して、永久に飾られる事になったって聞いたから、本当に生まれ変わりだったのかもしれませんテゴシマーク

 

絵具と布を使いキルトを作る、1998年頃には日本では斬新な講習だったはずだよ〜

沢山の人が受講してくれました。

 

 

本を見ながら懐かしい19年前を思い出したよ〜

膝もいたくなく、彼女と全国6か所ほど出かけられたんだから!

2週間も彼女と行動を共にしてたんだからね〜

もちろん通訳してくれる仲間は、運気アップのための開運ガイドさん、手仕事͡工房 お針箱さんもいたよ!

だけどはじめから最後まで彼女に付き合ったのは、私だけだったのよ〜

元気だったんだねテゴシマーク

 

 

こんな事を思い出してるから本を捨てれないんだよね苦笑

 

だってこの本の中には、日本に質の良い本当のミシンキルトを根付かせたいと頑張っていた頃のスミトンがいるんだよねkyu

 

でも、今度引っ越す時は、すべて捨てようっと笑顔

 

 

 


この世界の片隅に

電子書籍 マンガを読みながら寝るスミトンです笑顔

これも全て娘が取り寄せて?くれるのですが、今回娘にしては珍しいマンガが含まれていました。

 

この世界の片隅に 全3巻セット
この世界の片隅に
全3巻セット [ こうの史代 ]

価格:2,099円(税込、送料別)

【この世界の片隅に】(上・中・下巻)

 こうの史代作

 

読んでいくうちに主人公「すず」の戦争中での淡々とした日常生活が描かれていて、逆におどろおどろしく書かれた戦争マンガより胸に刺さりました。

 

 

 

 

 

18歳で呉で主婦となった「すず」

日々食卓を作り出すために工夫する。

戦争は進み日本海軍の拠点だった呉は、何度も空襲に襲われる。

庭先から毎日眺めていた軍艦が炎を上げる。

「すず」が大切に思っていた身近なものが、失われていきます。

それでも、日々の生活を営まなければならない…

そして1945年8月がやって来た

 

 

戦争は残酷です。

 

なぜ今娘にこの漫画を取り寄せたのかと聞いたら、映像化で割引になっていた事と、以前ばあちゃんが何かテレビで見たのか、この漫画の話をしてて、気になってたけど読まないでいたから、購入したと言うのですマジで

 

生前マンガなんか読まなかった母が、テレビで見たとはいえ娘に教えてくれててよかったよニコ

亡くなってから丸三年たった母が、こんな形で甦った。

 

 

スミトン、このマンガを読みながら、母たちも満州で大変だったんだよね…と思っていたので、娘から聞き、驚きはひとしおでした。

長崎市生れの母にとっては満州もだけど、戦後なれない富山県中新川郡立山町の山村での生活の方が苦しかったかかもしれないけれど、五百石に出て来てからは、友達にも恵まれ国内だけでなく海外に迄旅行し、孫やひ孫に囲まれて人生全うした母は、幸せだったと思います。

この時代の人達は、大なり小なり苦労してるよね〜その反動で、子供たちには苦労させたくないと甘やかされて育った私たち、団塊の世代は我が儘が多いのかな?

アハハハァ〜

 

 

このマンガはアニメになり、朝ドラあまちゃんの主役だった能年玲奈改め「のん」さんが声優さんとして出ていて、昨年から上映されています。

彼女は、先日、横浜映画祭授賞式で審査員特別賞を受賞しましたキラキラ

あまちゃんの後、干されてたけど、改名して頑張った甲斐があったね、のんちゃん。

知り合いでも何でもないけどさぁ〜汗

頑張ってる子は応援したいよねkyu

 

 

アニメも良いけれど、このマンガも読んでください。

 

今 平和は当前と思ってるけれど、このように苦労してきた世代が有ったからこそ手に入るんだ〜と、先人たちに感謝しないといけないよねありがとう

 

千人針を持って戦地に行った日本の若者たち

キルトを背に戦地に行ったアメリカの若者たち

 

物を作る私たちが、作った物を持たせて戦地に行かせるような事をしてはダメだよね泣く

平和ボケした頭で、たまには平和の有難みについて考えようよ。

今でも地球上のどこかでは争ってることを…

対岸の火事と思わないでさぁ〜しょぼん

 

 

 


| 1/87PAGES | >>