カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

40年?前のポーチ

昨年、アジア美術館でキルト展をしたことで、子育てしていた20代後半、私の手本となったKさんとまた縁が繋がりました。

 

Kさんは、私の住んでいるアパートの近所で、アパートを経営していました。

 

年子の娘や息子が外遊びするようになって、彼女の家に行くようになり、食パンにチーズ・ピーマン・ケチャップなどをのせてピザトーストが出来る事も彼女から教わりました。

それから我が家では、休日ごとにピザトーストを食べてたよ〜あははは〜(^▽^)

ピザトーストを知らないの?なんて驚くかもしれないけれど、40年以上前にはピザトーストなんて一般的じゃなかったんだよね

 

ピザは、よく食べに出かけてたよ〜

新宿住友ビル52階に有ったジローにね〜

今も有るかわからないけれどさぁ〜

凝り性の飽き性だからさぁ〜スミトン(^_^;)

 

※栄養士の資格があるからと言って、なんでも知っているわけでは無いんだよね

スミトン 病人の献立作るのが、長かったんだよ〜

今は自分の体のコントロールもできていないけどさぁ〜(´д`;)トホホ

 

 

幼稚園もKさんのご子息二人が通園(カトリック)している所を見に行き、2人とも運良く入園できたしね(落ちる人もいたんだよ)

 

ピアノの先生も紹介してもらったしさぁ〜

子育て上手な先輩なんだよね〜

だからKさんをお手本に、沢山吸収したよ!

子育て初心者だもの上手な人をお手本にするのが一番良い事でしょ?

 

ただ彼女から学ばなかった事が一つあるよ

 

彼女は新聞の経済欄を見て、株の上がり下がり?をチェックしてたんだよね

株って面白いからやったら良いと、言われたんだけどね…

これだけは、父から株なんかに手を出してはいけないと言われてたからね、まねできなかったよ

父、株式で失敗した人を見てきたから、あれは博打だと言ってたよ(^_^;)

 

まぁ〜父に言われた事だけでなく、一番の原因は経済的に無理だったと思うけどね

今と違い、株はおいそれと手を出せる金額じゃなかったしね

 

娘の小学校入学とともに、隣の市に家を買って引っ越したし、私もキルトやバッグを教えだしたりして忙しくなり、なかなか会えなくなったんだよ

 

息子の喘息で通っていた病院が、彼女の家の隣だったので、久しぶりに彼女の家を訪ねた時、Kさんと会えたんだよね〜

それでいつか会えた時に渡そう!と思っていたポーチを彼女にプレゼントしたんだよ

 

それをKさんは今も持っていて、LINEで写真を送ってきてくれたんだよ♪

編み物の小道具を入れてるんだって〜

 

40年前?のポーチ

 

とっくに捨てられても良いポーチを、未だに持っていてくれて嬉しいよね

40年は、軽く過ぎてるポーチだよ(^ω^)

 

この頃は ミシンキルトも教えてたけど、ハンドキルティングも教えていた時代です。

もうこんな細かいキルティングは、出来ないね〜今は、ビックステッチになって来た。

 

そのポーチの写真を見た時に、パ〜ッと子育てにキルト作りに頑張ってた時代がよみがえったよ

そのころは沢山、口金のバッグやポーチをデザインして作ってたんだよね

注文もあったしね

パッチワークで、口金のポーチ作る人まだ数えるほどだったのよ

 

ワイヤーポーチも針金ハンガーまげて、工夫して作ってたよ(スミトンが初めてワイヤーポーチ作った!とも思ってます)

面白いほどいろんなアイディアがわいてきたよ

アイディア商品を持って、テレビ東京に出たのもこの頃かな〜

 

あの時の頑張りは、どこに行ったのか?

今はぐうたらなスミトンです。

わははは〜(^▽^;)

 

20代も終わりの頃のスミトンには、歳を重ねてから、膝が痛くなるなんて…

喘息が出るなんて…

高血圧になるなんて…

体重がこんなに増えるなんて…

出産間際の胴回りより大きくなるなんて…

想像できなかったよ(>_<)

9号が余裕で着れたのが、13になり15になり〜

今ではLの数も増えたよ

 

すべてスミトンの不摂生のせいなんだけどさぁ〜(´д`;)トホホ

 

 

今Kさんは、信州に住み、趣味で農作業などをして、自然と共に!の生活をしてるとの事

彼女のブログ『浅科日記』では、作物や風景のきれいな写真が並んでるよ

 

台風19号で被災していないかと気になりLINEしたら、停電し友達から発電機を借りて生活してたけれど、今は電気復旧したよと返事が来たよ

 

お互い無事で何よりだよ

 

細々とかもしれないけれど、LINEが繋がっている事は嬉しいね

 

今年は大型の台風が、各地で被害を出しています。

明日は我が身と、皆さん情報は大切だよ

自分は大丈夫と思わないで、早めの避難ですね

 

 

 


スミトンのコインパース講習会

ここ一か月 ブレイブ・ブロッサムズ「勇敢なる桜戦士達」の活躍に心躍ったのは、スミトンだけではないと思います♪

 

ブレイブ・ブロッサムズ「勇敢なる桜戦士達」と呼ばれるようになったのは、2003年のワールドカップからで、試合は11-32でスコットランドに敗れはしましたが、予想に反して勇敢なタックルをし続けた日本代表に、オーストラリアの新聞が付けてくれた名前だそうで、それまでは「チェリーブロッサムズ」と呼ばれていた日本代表ですが、この日を境にブレイブ・ブロッサムズ「勇敢なる桜戦士達」と呼ばれるようになったのです。

 

そしてジャージの胸の満開の三つの桜、これも日本チームが初めて遠征に行った時には、つぼみ・半開き・満開だったそうで、桜のエンブレムにはちゃんとした意味も込められていて、「正々堂々と戦い、破れるときには美しく散れ」この言葉を胸に、ワンチームになり、世界と戦ってたのですね。

※桜のエンブレム写真は持っていないので、興味のある方はネットで調べてください(^ω^)

 

 

ラグビーの試合終了時に吹かれるノーサイドの笛は「試合が終われば勝利の側( サイド)も負けた側もない」という崇高なラグビー精神につながっています。

世界でのラグビー界では「ノーサイド」はもはや“死語”になりつつ、日本だけで通用されているようで、海外では試合終了の笛は「フルタイム」と呼ぶのが通例になっているそうです。

しかし「ノーサイド精神」は、日本人にあってるよね(^▽^)

 

一番感激したのは、選手達が「君が代」の意味もしっかり理解して歌う姿。スミトン涙が出たよ〜

歌っちゃいけないとか、日の丸が…なんて言ってる人達にこそ、見て欲しかったよ

 

この1か月、沢山のドラマを生み、感動と勇気をくれたよね

 

ありがとう ブレイブ・ブロッサムズ「勇敢なる桜戦士達」よ!!

 

 

そうそう、肝心なこと忘れるところでした(^ω^;)

 

友人の藤井先生が展示会をします。

そこで、スミトンも2時間ばかり講習をさせてもらうことになりました。

8名と少ないのですが、一緒におしゃべりしませんか?

にぎやかすぎて、藤井先生に叱られるかな〜あははは〜(^▽^;)

 

 

11月7日(木) スミトンのコインパース by嶺井寿美子

 

講習会のポーチ

 

はぎれで作る便利なコインパース。

小さなプレゼントにもどうぞ。

¥2200(材料込み) 

8名まで

2個作ります♪

 

 

場所など詳しくは、quilterpony

他にも毎日開催される講習会が案内されています♪

 

 

 


端切れの整理には、刺し子ミシン 

9月1日 ANA245便 羽田9時発 10時50着にて福岡に向かいました。

 

いつもは前泊するのですが、今回31日はどこもホテルが取れず、朝発になったのです。

福岡は、大きなイベントがるとホテルが取れません(^_^;)

 

今日は、刺し子ミシンをお借りしての講習です。

嶺井流の端切れを利用してのボロキルト?作りですが、挨拶をしてすぐにランチ〜♪

 

食事後4時30分までみっちり刺し子ミシンに向き合います。

 

皆思い思いに布を置き、刺し子ミシンをかけます。

 

刺し子ミシンでボロキルト2

 

糸掛けが面倒な刺し子ミシンですが、なれれば単純な作業なので、すぐに覚えられ、皆楽しそうに縫っています。

 

「針目も色々変えて変化持たせてね!」と声をかけるだけで、スムーズに作業が進みます。

 

刺し子ミシンの糸掛けがスムーズにいかなければ、ベビーロックのNさんが、皆に根気よく対応してくださるので、嶺井の出る幕がありません〜あははは〜(^▽^;)

 

刺し子ミシンをかけてる途中、個々に宿題に出したものの途中経過や相談を受けます。

 

刺し子ミシンの講習は二回目でしたが、今回の講習が楽しかったのか、5人も刺し子ミシンを購入したのには驚いたよ!

強制したわけでは無いよ〜あははは〜(^▽^)

ミシンキルトにも慣れてきた人たちなので、新たな刺激が欲しかったのかもね♪

 

まぁ〜色合いなどを考えて布を置き、ひたすら縫う講習なので、楽しかったのだと思います。

 

手縫いの刺し子風に縫えるんだもの、とりこになるよね!

 

刺し子ミシンでボロキルト1

 

刺し子ミシンは、楽しいよ♪

 

皆さんも一度、刺し子ミシンにチャレンジしてみてください!!

 

 

博多泊なので、夕食を済ませてホテルに向かいました。

 

頂いた土瓶蒸しもとってもおいしく、器も吟味されてたお店でした。

 

土瓶蒸し

 

一番気に入ったのはね、添えてあったはりはり漬けに似たような?もの。

大根の皮かな?と思い、板長さんに「これは何ですか?」て聞いたら、「聞かれると思いました。大根の皮を干して酢と昆布で味付けしたものです」と親切に教えてもらいました。

 

はりはり漬けと同じだけど、薄く剥かれた皮は繊細な味を出してたね

 

家で試してみようと思ったよ〜(^ω^)

 

外食して、家に帰ったら試したい!と思うのが有ると、嬉しいよね

チャレンジ精神くすぐられます♪

 

朝早くからバタバタしたので、明日朝の12時チェックアウトは嬉しいね〜

ゆっくり寝れるよ〜(´▽`)

 

 

 


福岡2日目

ホテルの朝食を頂きました。

 

スパゲティーが食べたいと思い皿に取り分け進んだ先に、細麺のうどん?がありました。

うどんが食べたいと湯がいてお椀に入れ、麺つゆは?と見渡したらないのよ…

 

お店の人に聞いたら、カレーをかけて食べるのだと教えてもらいましたが、カレーではなく汁物が食べたかったスミトン

カレーの隣にとんこつラーメンのスープが有ったので、うどんに豚骨スープをかけてテーブルに着きました(^_^;)

 

ホテルの朝食

 

娘にLINEで写真を送ると「麺麺 凄いボリューム」と返事が来たよ

 

自分でもそう思うよ…

先にうどんが目に入ったらスパゲティーは、決して取らなかったよ

 

朝からスパゲティーを無理して食べたよ

まぁ〜残すのはもったいないし、食べ物を粗末にすると目がつぶれるよと、教えられて育ったからさぁ〜あははは〜(^▽^;)

 

 

9時30分にお迎えが来て、いつものように教室に向かったよ

 

今日は、ペットボトルで作るサンタクロースとヘキサゴンの新しいテクニック

 

サンタクロースは意外に時間がかかり、未完成で終了〜

いずれ写真載せるね♪

今からサンタクロースを作れば、クリスマスのプレゼントに充分間に合うしね!

 

ペットボトルを準備するのに、炭酸をのまない皆は、苦労したらしいよ〜

炭酸飲めないなんて、信じられないよ〜スミトン大好きなんだ(^ω^)

 

ペットボトルの大きさも?太さもまちまちなので、各自がペットボトルの胴回り?を計ってからの制作でした。

 

 

今夜も宿泊するので、博多駅前で一緒にご飯食べれる人いる?って聞いたら4人いたのよね

 

6時に約束して、私は先にホテルに戻り、皆で入る居酒屋を予約したのよね

 

名前からして福が来そうなお店でしょ?

 

居酒屋1

 

だけど駅前の居酒屋だけあって、若者がバカ騒ぎ、一気飲みしてる…

未だに一気飲みする若者っているんだね〜

スミトンたちの隣の席だからさぁ〜余計にうるさい

 

食べ終わり帰るときに、思わず注意したよ

人の事、周りの事を考えて飲むのがマナーだよって言ったらね、若いから許してくださいって言うんだよ

だからね、若いかっらって周りのことも考えられないで飲むのは、若者の特権ではないよ、そうゆう人たちをなんて言うか分かる?って聞いたら、なんて言うのですかって聞くからさぁ〜バカ者と言うんだよって言ったらね

 

そうですね〜バカ者ですね〜申し訳ありませんって、酔っていない仲間が頭を下げてきたよ

 

スミトンが注意してたら、近づいてきた家族が片言の日本語(韓国人)で「本当にうるさいですね〜」て耳ふさぐジェスチャーするのね

自分が騒いだ訳ではないけれど、恥ずかしかったよ

 

居酒屋2

 

本当は、居酒屋の人が注意すべきだよね

「他のお客様のご迷惑になりますからっ」てね

 

しかし、知らないおばさんが注したから素直だったのかもね

 

親はどのように育ててるんだろうね?

まぁしっかり育てても、集団心理と言う厄介なのもあるから、何とも言えないけれどね

 

でも一気飲みはやめてほしいよね〜

一気飲みで亡くなってる若者が多いんだからさぁ〜

早死にしてよい命なんかないからさぁ〜

 

 


2泊3日で福岡に行ってきました。

8日 13時35分羽田発の飛行機で、福岡に行きました。

 

3ヵ月ごとに行く福岡空港は、目まぐるしく変化をしています。

 

今回は地下鉄の改札が、2か所になってたよ!

 

行くたびに変化している博多の街

オリンピックに向けて、観光客迎える準備してるんだよね♪

 

今でも沢山の観光客で、中国・韓国の方々が目立つけれど、ヨーロッパやアメリカなどの国々から増えたら国際都市だね

 

今回のホテルは、3月と同じホテルレオパレス博多で、博多駅から5分と便利です。

 

ホテルレオパレス

 

部屋はダブルベットで、寝相の悪いスミトンでも大丈夫です。

 

マッサージ器もあり、マッサージ大好きなスミトンには最高のお部屋です(^ω^)

 

一休みして、駅隣接のハンズに行き、久留米絣の端切れ1袋700グラム、1200円を購入しました。

 

久留米絣1

 

福岡に来る前にネットで久留米絣の端切れを5袋取り寄せたのだけれど、ハンズの商品は、裁断端切れでも広い布は少なく、紐状のものが多いかな?

パッチワークに利用するならネットかな〜

スミトンはキルトなんだけれど紐状の布もアクセントになるかも?と購入してみました。

 

久留米絣2

 

以前購入した端切れの残りを合わせると2メーター角のキルトが1枚出来るかもです(^▽^)

 

 

それと、ハンズからバスターミナル上にあるダイソーに行ったらね…

ショックな事が!!!

 

近所のダイソーでは、貼ってはがせる糊は「もう扱っていません」って言われたのよね

聞いたお店だけでなく、ダイソー自体が扱っていません、ってさぁ〜

それなのにそこのダイソーには沢山ぶら下がってるのよ!?

 

扱っていないと言うから、先月沢山の高価な?貼ってはがせる糊購入したのにさぁ〜

悔しいよ…(´д`;)

 

パッケージが変わっていたから、新商品なのかもしれないけれど、こんなに早く手に入るなら、あわててかわなかったのにさぁ〜

悔しさ半端ないよ(>_<)

 

でね〜買占めしてこようかと思ったけど、とりあえず5袋だけ購入してきたよ…

 

ダイソー貼ってはがせる糊

 

先月購入していなかったら、絶対買い占めてたよね

たとえ買い占めてたとしても、先月購入した金額の3分の1にもならないよ…(-_-;)

 

 

ガッカリしながらホテルに戻り、お風呂にゆっくりつかり、マッサージして、頭も体もリフレッシュ!

 

明日の仕事に備えようっと…(^_^;)

 

 

 


キルト時間フェステバル2019 新作発表会

6月1日10:45〜11:45

 

今年初めての試みのステージイベント『私の好きなもの』招待作家によるキルト新作発表会に出ることになったんだよ

 

円座佳代先生・鳥居啓子先生・島野徳子先生・藤井彩代子先生・私の順でステージに上がり、自分のキルトの前で好きなようにお話をする〜ショー&テルです(^▽^)

 

持ち時間は大体5分ほどと、事務局からの指示がありました。

 

1時間もあるのに、5×5=25分、時間が余るじゃないの!って、今思ったでしょ?

キルトの出し入れや人の動く時間以外に、質問などに答えることを考えると、丁度良い時間なのよ〜

 

今年新作発表した人が5名というわけでは無いだろうけれど、この時間に会場に来る事が出来るメンバーだった…という事だと思うけどね〜

この件については事務局から聞いてないので、推測の域だけどさぁ〜(^_^;)

 

ショー&テル3

円座佳代先生

 

私の前に話された4人の方々は、お話上手だったよ

 

ショー&テル4

鳥居啓子先生

 

ショー&テル5

島野徳子先生

 

先の4人の先生たちからね「私たち話下手だから5分は使わないと思うので、トリの貴女に時間をあげるし、引き締めもしてね!」なんて言われたけれどね〜

なんのなんの4人は、饒舌だったよ〜

時間を有効に使っていたよ〜あははは〜(^▽^)

 

ショー&テル6

藤井彩代子先生

 

そりゃそうだよね

私より教室も多く持ち、お店をお持ちの方々だもの!

話し上手に決まってるよ〜

 

 

私の番になってね

 

フラダンスや人様のお話を聞いてる時は、ステージがそんなに高いと思わなかったのにね

いざ自分がステージに上がると意外に高いのよ

 

そしてみんなの顔や目が一斉に私に向くのよね〜ビビったね〜本当だよ(^ω^;)

 

ショー&テル1

 

話した内容はね、展示の長寿祈願キルトを何故作ったかや、ミシンキルトを作りたいと思うなら、慌ててミシンを購入しないで、持ってるミシンを使って始める事!などを話したのよね

 

聞いてくださってる方々、うなずいていたよ

 

ミシンキルトの本当の普及は、ミシンを販売することではなく、ミシンキルト作りの楽しみを知ってもらうことだよね

 

だって、ミシンキルトと本当に付き合えるかということが大切でしょ?

 

好きになって初めて、自分の懐と相談してミシン購入だよね

 

先生にミシンキルト習うならと勧められ、30〜50万以上するミシンを購入し、ミシンキルトや先生と相性が悪かった場合、ミシンも懐もかわいそうだしね

 

ミシンキルトの評判も悪くなるでしょ?

 

この様な話をするとね、皆さんニコニコうなづいてるのよね

 

きっと経験してる人がいるんだね〜

 

ショー&テル2

 

司会の方の質問にも答え、私の重いキルトを持ってくださった二人の男性の手が震えだしたので(人のより重いキルトだもの)

話を終えたのよね〜

持ってくださったお二人にありがとうだよ♪

 

 

表に回り、娘と話しながら帰る人達を見てたらね

 

話にうなづいてた方々がね、近づいてきて「お話楽しかったです! 納得する事ばかりでした」って言ってもらえてさぁ〜

つたない話に、お褒めの言葉嬉しいよね(^ω^)

 

その言葉に励まされ、来年も頑張って新作ださなきゃな〜なんて思ったよ

 

2020年も元気で横浜に行けるように、少しは歩くかな?

 

いつもより300歩ほど多くね〜あははは〜(^▽^;)

 

 

 


楽しかったよ キルト時間フェスティバル2019

30日 横浜に出かけたよ!

 

今年で2回目 キルト時間フェスティバル2019

パシフィコ横浜展示ホールに、もう行くことがないだろうと思っていたのに、こうしてまた通えることに感謝しながら行ったよ♪

 

会場に入る前に早めに昼食を生徒と取り、なごんでしまい、これからワークショップをすることを忘れてしまいそうだったよ

あははは〜(^▽^;)

 

展示会場はにぎわってたよ!!

 

作品展示も見やすくなっていたし、まずは知り合いの方々のブースあいさつ回りから始めたよ

 

知っている人の顔を見るとホッとするよね

 

そして今年もみんなに会えた事に感謝だね(^ω^)

 

キルトを作り続けたからこそだよ

 

今年は昨年と違い、ネットでの募集ということもあり、15人の定員は満たされなかったけれど、新潟・富山・千葉・東京から参加してくださった方々ありがとう♪

 

ワークショップ1

 

キルト時間の本での募集だった昨年は、16人と定員オーバーだったのにね

今回みたいに、ネットでの募集だけではまだ無理!と痛感したよ…(´д`;)

 

でもね、和気あいあいと楽しい時間を受講生と過ごせたよ

笑いの絶えない教室だったよ♪

 

ワークショップ2

 

来年も頑張ろうって、希望をもらったよ(^▽^)

 

あっという間の2時間30分でした!!

 

 

31日は、福岡の生徒二人が見に来ました。

 

嬉しいことに応募した堤さんの作品が、金亀賞を頂いたよ!

 

金亀賞

 

入選展示してもらえるだけでもうれしいのにさぁ〜

賞を頂けて、こんなに嬉しい事ことはないよ

 

 

夜は孫達と楽しむはずだっのに、上の子が熱を出してこれなくなったんだよ〜残念(^_^;)

 

でもね〜

懇意にして頂いてる会社のIさん(娘より若いお嬢さん)とホテルが偶然一緒でね〜

 

娘と三人でホテルの中のお店『イルキャンティ チェリエ』で乾杯のお料理を頂いたよ!

 

イルキャンティ チェリエにて2

 

とってもおいしいお店だったよ!

そして、こんな長いメニューを見たのは初めてです!

 

イルキャンティ チェリエにて1

 

沢山のお料理とビール2杯も頂いて、とっても満足な夜だったよ(^▽^)

 

次回は、新作発表の舞台に立った話を書くね〜

 

 

 


はってはがせるスティックのり

体調の良い日を見ながら、新作キルトを作り始めました!

 

このキルトを作るには、はってはがせるスティックのりが必要です。

 

以前は100均セリアで売られていたのですが、今では販売されていないそうです…(´Д`)

 

はってはがせるスティックのり3

 

ダイソーにも聞きましたが、販売されていません…(´Д`)

 

娘にネットで探してもらい、スリーエムジャパン株式会社から出ている物を購入しました。

 

値段も倍どころでは、ありませんが…(>_<)

 

しかし2メーターほどのもの作ろうと思うと、スティックのりは沢山いります。

 

そこで7グラム30本 14グラム20本を購入したのです。

 

はってはがせるスティックのり1

 

太いほうが良いか? 細いほうが良いか?

使ってみないとわかりませんが、これだけののりを購入したのだから、キルトは完成させないといけないね!

毎日20×20のパターンを1〜2枚、時間を見ながらコツコツと仕上げています。

 

はってはがせるスティックのり2

 

それにしても、セリアのはってはがれるノリよかったのになぁ〜

貼るときはピッタリ貼れるのに、はがす時も気持ち良くはがれました。

スリーエムジャパン株式会社のは、布がよくくっつかないんだよね…

アイロンが必要になるんだよ(-_-;)

 

きっとスミトンのような使い方する人いないからかもしれないね

 

セリアのはってはがれるノリ、また復活してほしいよ〜 

値段といい、私の用途にはピッタリだったのよね…(^_^;)

 

 

 


福光美術館 アートキルト展2019 パート2

お迎えの車が来る前に、旅館の前で今日の主役畑野さんをパチリ

今日も決まってるね〜畑野さん、ばっちりだヨ!

 

畑野さん

 

福光美術館 アートキルト展2019

 

福光美術館アートキルト展2019

 

美術館に着くと昨日と違い、セレモニーの準備は整い、人出が増しています。

 

テープカット・トークショー・サイン会などなど彼女のスケージュールはびっしりです。

 

私は彼女の仕事を眺めてるだけと思っていたのに、思いのほか顔見知りが多く、声がけして頂いて驚いた!

キルトの世界で50年以上、ましてや、日本キルターズ協会立ち上げ時に副会長兼事務局をしてた関係もあり、嶺井の事を知っている人がいても不思議ではないんだけどね〜

ただ私が、皆さんのお顔を見ただけでは、名前を思い出せないんだよね…(´д`;)トホホ

 

中には、「キルトウィークでワークショップ受講しました。」と言う方もいて、驚きました。

顔を覚えてなくって、あやまりました。

受講生が20人以上いた時代だったよ〜懐かしいね(^ω^)

 

テープカット

 

市長さんはじめ来賓の方々の祝辞の後テープカットがあり、その後来場者皆でキルト展示会場に入りました。

 

まず初めに畑野さんから、ご自分のキルトの前で、ショーアンドテルが始まりました。

 

ショーアンドテル

 

だけど彼女が話し始めたと同時に、地元では有名らしいキルターのSさんが、来賓の方を誘い、ご自分のキルトの前で話し出したのよね…

丁度畑野さんがショーアンドテルをしている、真裏だったのよ(-_-;)

 

畑野さんの話を皆が熱心に聞いてる裏でさぁ〜

でも、いずれSさんの話は終わるだろうと思ってたらね、だんだん声が大きくなるのよ

畑野さんが3枚のキルトの説明が終わり、千葉からみえた栗原さんの(彼女も今回招待作家です)ショーアンドテルが始まっても話は止まない!!

笑い声さえ聞こえるようになったからね、なんて非常識な人?と思ったよ〜

キルターとしてと言うより、人としてマナーがなっていないよ

 

我慢できなくなってね、「Sさんですよね? 人が話をしてる時は、聞くのがマナーではないですか?」って、思わず注意したよ

注されて慌てたのは、本人よりも来賓の方々だよね

蜘蛛の子散らすように皆さん人ごみにまぎれたよ…

 

キルトの説明聞かないで、今しなければならない話があるのならば、ほかの場所でするべきだよね

実際話の内容は、聞こえていたけれど、今しなければならない話ではないんだよね

なんだそりゃでしょ?

 

富山・金沢のキルター達も出席してた人は、ショーアンドテルしてたよ

そのSさんもしてたよ

いつもよりは短い解説らしかったけどね〜(^_^;)

 

 

会場でのセレモニーが滞りなく終わり、ランチはレストラン『ラモヴェール』貸し切りで、皆さんと一緒にお食事です。

 

ラモヴェールのランチ

 

私の席にはキルトスタジオ志布さんだけが知り合いで、ほかの方は今回が初めて顔合わせする方々でした。

キルターということで、初対面でもいろいろと話が弾むね♪

 

お料理は富山らしくホタルイカのパスタも出て、おいしかったよ!

締めのハーブーティーは、口をすっきりさせてくれました。

 

ホタルイカのパスタ

 

小高い丘にあるレストランからの眺望は素敵でしたよ(^▽^)

 

『ラモヴェール』のオーナーご夫妻は県外の方で、大学時代に草刈十字軍として富山に来て、富山が気に入り、レストランを開いたのだそうです。

以前は、ハーブ園も経営されてたそうで、帰りぎわに参加者にハーブのミニブーケ(ローズマリー・ミント・セージ)をプレゼントしていただきました♪

 

家に帰り水耕栽培しようと思っていたのですが、すぐ帰宅しなく3日間富山にいたために、セージが枯れたよ

もちろん実家でも、水につけていたんだけどね〜(´Д`;)

 

ローズマリーとミントは元気に、根が出てるよ!

 

三本そろった写真が欲しくて、キルトスタジオ志布さんに写真をお願いしました。

さすが長旅をしていないので、3種とも元気です。

 

ハーブ

 

畑野さんにも聞いたら、やはりセージが枯れたとの事でした。

 

記念として、長く育てたいと思います。

 

なんだか最近水耕栽培のものが、増えてきたよ〜あははは〜(^▽^)

 

今回、畑野さんに付いて来て良かったよ♪

出会えた人たち皆さんに、感謝です。

 

愛染韻

 

レストランの帰り畑野さんと私は、棟方志功さんが疎開生活で暮らした家「愛染韻」を見学に、館長さんに連れて行ってもらいました。

トイレの板戸などに書かれた絵は、圧巻でした。

 

美術館の前で、帰京する畑野さんを見送り、私はキルトスタジオ志布さんに高岡のホテルまで送ってもらいました。

次の日 彼女のお店でワークショップをするためにね

 

ワークショップの様子は5月4日のブログ『高岡で講習』を見てください♪

 

 

金沢出身の東京の嶺井の生徒Hさんは、お母様のお見舞いの合間に、キルト展が見たいと金沢に泊まり、当日金沢のキルター西村先生に金沢から車に同乗させて頂き、会場に駆けつけました。

Hさんは、同時に富山大和で展示されているキルト展も見に行き、ガラス美術館なども見学してきたそうです。

彼女にとって実りの多い、一日になったと思います。

 

Hさんが福光美術館や富山大和を見学するのに、キルトスタジオ志布さん・西村先生・丹羽さんのお力をお借りしました。

皆さん大変お世話になりました。

ありがとうございました!!

 

沢山の写真の仲間に入れていただいて、写真ご一緒しましたが、人相悪くってごめんね(^_^;)

 

 

 


福光美術館 アートキルト展2019

4月19日 東京駅金沢行き(10:48発)新幹線乗り場で、畑野さんと待ち合わせました。

家を出てしばらくすると畑野さんから、もう東京駅で待ってるよとLINEが入ったよ

 

なんでも乗車時間を勘違いして、1時間以上前についたのだと(^ω^;)

「お弁当買っておくからね」と更にLINEが来たよ

 

出がけにいろいろあって「私は、ぎりぎりかもしれないので、新幹線に乗り込んでてね」と連絡

 

無事東京駅で、あえたよ〜♪

 

畑野さんとは初めての旅だけど、なんだかやじきた道中のような予感

車中では、金沢駅に着くまで、いろいろと話しをしたよ

 

おばさん二人ぺちゃくちゃとうるさかったと思うよ〜

乗り合わせた方々、申し訳ありませんでした(^_^;)

 

 

富山駅過ぎた頃 金沢駅に迎えに来てくれている副館長Wさんを待たせてはいけないから、すぐ車に乗りこめるようにトイレに行こうよ、と交代で行ったのよね〜

なぜこんなこと書くのかって?

それは、先を読むとわかるよ

 

トイレに行き、「これで一安心だね。お待たせすることもなくって、準備万端」と確認しあった所に、車内販売が来たのよ

コーヒーの良い香りがするので、コーヒーを二人で飲んだのよ〜

もうお分かりでしょ?

 

金沢駅に着き、副館長Wさんのお顔を見るなり、二人してお手洗いはどこですか?って聞いたのよ〜あははは(^▽^;)

畑野さんには「貴女がコーヒーを飲もうって言うからよ〜、コーヒーが一番だめなのよ」って言われちゃったよ〜

私にすれば「貴女も飲もうよと言ったじゃない」なんだけどね〜わはははぁ〜

こんな感じで、旅の幕は上がったよ

 

 

金沢から福光に山越えしてね、40分ぐらいで福光美術館に着いたのよ

こんなにかかるんだもの、トイレに行くのは必然だよね〜

特に年を重ねた二人には、重要です。

 

車中から見える山々はソメイヨシノが終わり、八重桜が咲き、こぶしの花も満開だったよ♪

新緑って、活力くれるよね!

 

美術館では、館長さんはじめ皆さん大歓迎してくださいました!!

 

嶺井は今回のアートキルト展には、何の関係もないのよ

作品も展示されていないからね(^_^;)

 

一緒に行くことになったのは、昨年畑野さんが「一人で行くのさみしい」って言うからね、私も展示も見たいし実家にも帰りたいから、じゃ一緒に行こうということになったのよ

お邪魔虫なのよ、本当はね〜わはははぁ〜(゚∀゚)

 

 

美術館の展示らしくとても素敵に飾られていたよ

常設の棟方志功さんの版画は、いつ見ても素晴らしいよ

 

一度は見に行くと良いですよ♪

 

 

夜は、館長さんはじめ美術館の方々と畑野さん、そして付き添いの私まで、南砺市の『割烹料理喜久』で、富山のコース料理をご馳走になりました。

 

割烹料理喜久

 

娘に初めの料理の写真を送ったら「母ちゃん居酒屋のお通しみたいな撮り方して…」って言われたよ(^_^;)

それにお料理が美味しくって、食べるのとお話に忙しく、初めの写真しかないから、だれが見ても割烹料理店で、コース料理食べてるようには、見えないね〜

館長さんはじめ皆様、申し訳ありません。

 

娘が言うようにいつもの居酒屋でしょって、皆に言われそうです(´д`;)

 

 

ほかにお刺身・山菜の天ぷら・焼き魚・茶碗蒸しなどなど、沢山沢山のお料理が運ばれてきたのですからね!!

 

 

今回はホテルではなく地元の旅館に宿泊です。

もちろんお部屋は、別々ですよ!

 

畑野さんは一緒でもよいといってくれたけどね、喘息、いびき持ちの私は、相部屋だと自由にできないのが嫌なんだよね〜

あと私のいびきで同室の方は寝れなくなるからねっ(゚∀゚)

 

 

昔ながらのひなびた旅館だったよ〜

エレベーターもなかったものね

旅館の前の道の街路樹が桜なんだよね

一週間早かったら桜が満開だっただろうに、葉桜になっていました…残念。

 

旅館の前の桜

 

早起きして旅館の前の小矢部川に降りてみたよ

 

すがすがしい気持ちになるね〜

久々に川の流れの音を聞いたね

 

小矢部川

 

そして朝食

昔ながらの懐かしい、旅館の朝食でした。

 

何十年ぶりだろうか?

この様な食事をしたのは〜(^ω^)

 

旅館の朝食

 

今日は、美術館のセレモニー

忙しくなる予感がします〜

畑野さんがね!

 

 

 


| 1/19PAGES | >>