カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

筥崎宮に連れて行ってもらったよ〜2

いろいろ見ながら前に進むと、檜皮葺の立派な楼閣が有り、見上げるとギョッとしたよ〜おい

だって、楼門の扁額に「敵国降伏」と書かれているんだから、なぜ???何故???こんな言葉が有るんだろう?

敵国降伏

 

生徒のSさんに聞いたら知らないとの事〜

『敵国降伏』の扁額すら今まで見たことがなかったとの事....

無理もないかもね〜

夜、人ごみに押されるように楼門を通り過ぎると、見上げる事もないよね〜汗

 

楼閣を過ぎたら飛行機の音がしたので見上げたら、社務所と本殿の間の空に飛行機が…

慌てて写真を撮ったけど、飛行機の方が早かったよ〜ゆう★

社務所と本殿

少し待ってたら次の飛行機見れるよ〜と皆は言うけれど、雨が激しく降ってるのであきらめたよ…と言ったけど、諦められずに帰りの晴れ間に飛行機の来るの待ってたけど今度は、飛行機が来ない〜本当にあきらめた〜(;´д`)トホホ

 

本殿も立派で朱色が鮮やかで、本殿を囲むように回廊が有り、そこでは池坊いけばな展・ぼんぼり献灯・おはじき・博多ちゃんぽん等の展示がされていて、雨にぬれないで見ることが出来ましたkyu

おはじき2

生徒がおはじきや博多ちゃんぽんが売っていると言っていたけれど、スミトンの頭の中では、おはじきはガラスで出来たものだったから、実物を見て驚いたよ〜マジで

おはじきは素焼きで出来ていて「厄をはじく」縁起物だそうで、作られる数も1200個と決まっていて、すぐに完売するんだって〜

おはじき1

 

前日「吹くとチャン ポンと音がする」と生徒の話からチャンポンは、ビードロの事だとわかったよテゴシマーク

巫女さんたちが絵付けをしているので人気が有るんだって!

Sさんも買っていたよ〜

 

 

ますます雨がひどくなります涙

 

スミトン旧姓が亀山と言うので亀山つながりで、絶対帰りには見ようと思っていた、亀山上皇尊像奉安殿を見に行きました。

亀山上皇尊像は見上げる大きさで、神々しく美しい彫刻でした。

亀山上皇尊像1

 

説明を読みながら、スミトン思わず声を出して驚いたマジで

知っている方のお父様、山崎朝雲作って書かれていいたのですから〜そりゃ驚くよ!

亀山上皇尊像2

スミトンのツレも子供たちも山崎朝雲さんのご子息 坤象先生に、絵を習っていたのですから!!

スミトン家族が知り合った頃、坤象先生は70代中頃でした。

 

なんだか見えない糸にひかれて筥崎宮に来たのかな???

 

スミトン家は、山崎坤象先生に良くして頂いたのです。

 

スミトンだって坤象先生の奥様との縁から、幼い子供を連れて、ある時期 吉祥寺の明星学園の一部のお母さん達に手芸を教えに行った事が、今につながっているのだからさ〜

縁は大切にしなければだよねラブ

 

来年70歳を目前に、自分を見つめなおしなさいとの教えなのかな???

 

 

それにしても、事前調べをしていかなかったので、たくさんの見落としがあったよ苦笑

 

筥崎宮の楼門の「敵国降伏」に驚いたけど、扉は 左甚五郎作と言われているらしいし、さざれ石・湧出石・ご神木「筥松」も見なかった…ゆう★

 

今度、行事の無いときに、ゆっくりと晴れた日にでも、筥崎宮を参拝しに行こう〜ありがとう

 

その時には、筥崎宮と飛行機の写真も撮ろうかねテゴシマーク

 

 


筥崎宮に連れて行ってもらったよ〜1

朝からあいにくの雨〜ゆう★

ひどくならなければよいけれど…と思いながら筥崎宮に出かけました。

ANAホテルから車で20分ほどで着きました。

 

前日の講習の時に、生徒達から「筥崎宮の『ほうじょうや』にはたくさんの露店が並び、おはじきやチャンポンが有名で、夜の方がにぎやかなのです」と教えてくれていましたが、スミトン『ほうじょうや』の漢字が思い浮かびませんでした。

だから、なんのお祭りなのかな? 秋の五穀豊穣のお祭りかな? と思っていました。

 

筥崎宮1

一之鳥居には、黒田長政が建立したと書かれてました。

その鳥居の前の狛犬に、放生会の看板が立てかけてあり、ここで初めて、スミトンが知っている放生会(ほうじょうえ)を筥崎宮では、『放生会ほうじょうや』と呼ぶんだとわかったよテゴシマーク

だから今日のお祭りは、お釈迦様由来の「捕獲した魚や鳥獣を野に放し、殺生を戒める」宗教儀式という事を理解したよ〜苦笑

 

神社で何故仏教と思われるかもしれませんが、日本は神仏習合、八百万の神ですからありうることです。

これに、収穫祭や感謝祭が一緒になり、博多三大祭の一つだそうで、千年以上も続いてるんだって、凄いよね!!!ラブ

 

狛犬

この狛犬も沢山見てきている他の狛犬とは違い、足が太く小顔です。

きっといわれが有るんだよね〜と思いながら眺めていました。

 

参道は海から一直線で長いです〜

なんでも1キロあるそうで、今日は放生会なので参道の両脇に露店がびっしり並んでいます。

なんでも数百店は有るとの事、見ごたえがありましたゆう★

露店2

 

ただ、にぎわうのは夕方からで参道が人で埋め尽くされるとの事ですが、スミトンたちが着いたのは午前11時前なので、参道には人はまばらです。

人ごみの嫌いなスミトンには、良かったです(笑)

 

 

雨がだんだん激しくなってきて、写真を撮ろうとすると傘が傾き雨流れ落ち、びしょ濡れです。

これはもう大雨の域です汗

 

誰だぁ〜雨女は〜アハハハァ〜苦笑

 

 

他の場所の縁日の露店とは違うな〜と感じたのは、葉付きの生姜や栗が売っていた事でした。

露店1

 

何故生姜に栗が売っているの?と生徒に聞いたら、分からないとの事〜苦笑

スミトン何故栗に勝ち栗と書かれてるのか、いわれが気になるんだよね〜

後で調べるか〜

 

<つづく>

 

 

 


嵐のCM 光の道 宮地嶽神社に行ったよ

3月の話です。

22日 福岡クラスが有るので21日3時30分に福岡空港に降り立ちました。

空港には生徒達が、嵐のCMで有名になった「光の道の宮地嶽神社」に連れて行ってくれるので、迎えに来てくれています。
前日に「行きましょう!」と急遽決まったのです。
彼女たちの行動力には驚きます。

宮地嶽神社の駐車場に着くとガイドさんが待っていて、参道に有るお店にの一つに案内されました。

そこで松ヶ枝餅をいただきました。

大宰府天満宮の梅が枝餅よりも一回り大きいような気がします〜
そして、嵐が境内の茶店で食べていたのは、松ヶ枝餅だと教えてくれました。
CM茶店はどこだ? 何を食べているの? と質問されるそうですテゴシマーク

ちなみに松ヶ枝餅と梅が枝餅の味の違いはたいした差はなく、餅に焼き印されている絵が、松か梅の違いでした(笑)
昔々、宮地嶽神社で松ヶ枝餅を売っていた人たちが、大宰府天満宮が出来たので、お餅の行商に行ったのではないかと言われてるらしいけれど、定かではありません。
こんな情報どうでも良いか…苦笑

それにしても、ファンってありがたい存在ですねゆう★

でも、このファンのおかげで…と言うのか、今まで「光の道」が出来る時には、近所の人たちも気楽に見れていたのに、危険を回避すると言う意味で、初穂料を2,000〜3,000円支払わないと見ることが出来なくなったそうです汗

ニュースで階段に座る人たちが映し出されていましたが、皆さん初穂料を払われた方々だったのですね〜

ちなみに宮地嶽神社は開運と商売繁盛の神様ですキラキラ
宮地嶽神社2
やはり商売繁盛の神様は凄いです〜
しっかり商売とはなんであるか、わかりやすく私達にに示して下さいましたkyu
スミトン馬鹿にしているのではありませんよ!
スミトンも神様にあやかりたいと沢山手を合わせましたから〜ありがとう

宮地嶽神社には、NHK朝ドラ「花子とアン」に出てきた石炭王伊藤傳右衛門さんが寄進した鳥居、石垣がありました。
傳右衛門さんは、大宰府天満宮にも鳥居を寄進しています。
伊藤傳右衛門
無学と言われた傳右衛門さんですが、身体一つで石炭王になったのは、人を束ねる力、商才があったからで、学歴以上の実践できる力を持ち合わせた賢い人だとスミトンは思うのです。

スミトン傳右衛門さん好きですラブ
決して傳右衛門さんを演じた吉田鋼太郎さんが好きなのではないですよ〜
傳右衛門さんの男気がすきなのです。

また話がそれた(笑)

宮地嶽神社1
スミトンたちが行ったときには、「光の道」が見れる時期(2月10月)と違い夕日が少しずれるので、初穂料は払わなくって良かったですよ〜
助かったよ笑顔

行った日は曇り空だったのですが、雲の合間から日がさしたりするのを見ると、階段から海まで続く1キロほどの道に太陽が沈んだときに出来る光の道は、このように見えるのだと想像がつきましたよ。
宮地嶽神社4
自然が相手なので、人ごみでごった返す中で見る夕日より、少し時期をずらして天気の良い日に訪れる方が、神々しさが増しパワースポットだと思えるのではないでしょうか?テゴシマーク

宮地嶽神社と海を結ぶ「光の道」を見た昔の人たちは、この世とあの世を結ぶ道と考えたのかな? なんて、思いました。
太陽信仰では、このような光の道をレイラインと言うんですって〜


注連縄も以前は日本一だったそうですが、今では出雲大社の注連縄が日本一だそうです。
しかし、見ごたえの有る存在感を示す注連縄でした。
宮地嶽神社3

ちなみに嵐は1月に行っているので、光の道は見ていないそうです苦笑

CMの場面は、私たちを案内して下さった方の写真と合成したものだそうですが、ガイドさんから話を聞いたのではなく、ガイドさんの知り合いから聞きました。

これからも光の道が出来る時に、ニュースで見た階段にびっしりの賑わいであれば、コマーシャルのような写真はもう撮れないのかも知れませんね〜苦笑


宮地嶽神社から上の方に登った処に、地下の正倉院と言われる宮地嶽横穴石室古墳があります。
1741年に、宮地嶽の山崩れにより発見された、九州最大の石室で沢山の宝物が出土し、重要国宝指定されているそうですが、その場所には展示されていませんでした。

歴史的に重要な場所でもガイドさんがいなければ、宮地嶽横穴石室古墳まで行かない所かな???顔

スミトン古墳にはロマンを感じるけど、膝が痛くってあれこれロマンを感じるどころでなかったよ〜悲
パワーも感じなかったよ〜
登ったら降りなければならないんだから〜
ため息が出ます…ハァ〜ゆう★

石室から出土された300点以上のものが展示されていたり、石室に入れればその時代に飛んでいけたかもしれないけれど、何もないんだから、石室の周り見ただけでは、膝の痛さに勝てなかった〜_| ̄|○
悲しいです…kyu

ガイドさんが帰りに社務所に寄れるから、と社務所素通りで、いろいろ紹介盛り沢山でしたが、思ってた通り社務所は締まっており、お守りも買えませんでした…ゆう★

唯一の心残りです…泣

宮地嶽神社を後に、海岸そばのレストランで食事をしました。
ステーキ
ステーキは美味しく、話も弾みましたkyu

写真撮るのも忘れて食べ始めたので、1切れありませんっ笑顔




 

二日市保養所

今年最後の福岡講習を終えた翌朝、以前から行きたかった二日市保養所跡地に連れて行ってもらいました。
「済生会むさし苑」福岡県筑紫野市湯町2−9−2の駐車場の隅に有ります。

慰安婦の事ばかりマスコミは取り上げますが、果たしてそれで良いのでしょうか?

終戦後、引き上げ者がどの様な目にあったか、学校では教わりません(あえて教えないのかもしれませんが… )

中国・朝鮮半島・ロシアの人達に、日本の女性たちは辱めを受け、妊娠したり、性病に感染しています。
犯された女性の中には生きて日本の地を踏めないと、自殺した人も多くいます。

屈辱を受けた女性たちに、堕胎や性病の完治を施したところが、二日市保養所です。
堕胎が違法な時代で、麻酔も充分無い時代の話です。

女性たちは、屈辱に耐え、痛みに耐え…その事を思うと…
これ以上、詳しくは書きません。
皆さんが、二日市保養所と打ち込んで、調べてください。

そしてスミトンは、生徒達と水子地蔵にお線香をあげに行って来たのです。

二日市保養所

生徒たちは、「済生会病院に来る事があっても、このことは知らなかった」と手を合わせていました。


お線香を上げた後、生徒のMさんが、「済生会むさし苑」の事務所に行けば、何か資料が有るかも知れないと言うので訪ねました。

事務長さんが快く対応してくださり、図書室に資料が有るから見てくださいと、図書室に案内していただきました。
資料を出したあと、ゆっくり見てくださいと退室し、私たちだけにしてくださいました。

二日市保養所_資料


資料には生々しい事が書かれていました。

事務長さん、貴重な資料見せていただいてありがとうございました。

堕胎をしなければならなかった女性だけに目が行くけれど、それ以上に先生・看護婦さんも尋常な精神ではいられなかっただろう事が、想像つきます。

戦争とは、負ければこのような事が起きると言い切るには余りにもむごい事です。

まだスミトン、キルターを続けたいので、このことはさらりと書くだけにします。

自虐史的なことしか教えない学校での勉強が『学ぶ事』ではなく、色々な角度から日本を見直しませんか? 違う日本が見えてきますよ。


お昼になり、湯町に有る「四季の味 こまつ千寿」で食事をしました。
1500円のランチはとても美味しく、食べごたえがありました。そしてゆっくりと食事が出来ました。
しかし残念な事が…。お料理の写真を撮ったのに、全てブレブレ…全滅でした


次は何処行きますかと聞かれ、空港に近い宇美八幡宮に連れて行ってもらいました。
2000年は経っているという巨木楠が神社の左右に二本そびえています。
「湯蓋の森」、「衣掛の森」とそれぞれに名前がついていました。
※写真は「衣掛の森」です。

宇美八幡宮2


生徒のSさんが、神社の境内が遊び場だったと言って、小さい頃よりこの巨木楠を見て育っているから、よその場所に行き、巨木でしょ?といわれても驚かないと言っていましたが、納得です。

歴史の有る、神々しい神社で、安産信仰に関する伝承は多いと聞きました。

宇美八幡宮1

中でも「子安の石」には驚きました。
名前が書かれた小石が沢山つまれています。
子供を授かりたい人は、この石を持ち帰り、子供が出来たら返しに来るのだと、生徒が説明してくれました。
子供の名前の書いた小石を持ち帰り、我が家に子供が出来ることを祈願をする。
自分達に子供が出来たら、新しく石を見つけ、それに子供の名前を書いて、二つの石を奉納するのだそうです。
だからいろんな産地の小石があったのです…
スミトン石屋の娘ですから、なんとなく判る〜

今も昔も変わらぬ安産祈願、このような行為が脈々と伝承されるのは、良い事ですよね〜


今日1日、なんだか不思議な体験です。

午前中は、決して産んではいけない子供、水子地蔵に線香をあげお参りし、午後は、子供を授かりたいと祈願する神社…
偶然と言えばなんてめぐり合わせでしょうか?

二日市保養所も宇美八幡宮にも子供を抱いた像が祭られています。

 


靖国神社2

お神酒・海軍ドロップ・日の丸ピンバッジ、父も持って満州に行ったであろう、陸軍金平糖などを購入しました。

靖国神社8


一人で外食をめったにしないスミトンですが、お腹がすいたので境内内にある食堂で、遅い昼食をしました。
メニューに靖国うどんと書かれていたので、靖国うどんてどんなのですか? と店員さんに聞いたら、わかめうどん・山菜うどん・肉うどんのすべての具が乗っているのだとの返事。

靖国神社6

スミトンは、お得感たっぷりの靖国うどんを注文し頂きましたが、うどんも芯まで温かくなく、塩分過多で、小さい頃のスキー場のうどんを思い出しました(ホットいてもお客が入るので、味や作り方の改善がされず、それでも一冬で一年分稼いでいたと思います。)  

街中ならけっして繁盛しないだろう…と思いました。
『靖国』と名前が付いているだけに、残念です…

桜みくじを買ったら、可愛い桜の根付が入っていていました。
大吉で「実力が評価されます・気持ちよく力を発揮・願望ゆっくりとかないます…」などと書かれていました。

靖国神社7


今日、まさに新しい人達との仕事の打ち合わせをしてきたばかり!
おみくじに書かれているとおりになるには、スミトン努力有るのみ…テレビ見るのを慎まなくては?

『体調の変化に気をつけて』とも書いて有るので、少しは運動しなければね…
昨年のようにはなりたくないですから…

靖国神社に観光バスが10台ほど並んでいたので、観光で訪れる人もいるのだと思いながら、バスのフロントガラスを見ると「○○○の遺族会」と書かれていました。

靖国神社は戦死した方々の英霊が眠る場所、そして遺族が御霊に会いに来る場所でも有るのです。

隣国の戦争博物館?に行き、反省文や土下座をさせる修学旅行が有るそうですが、そのような場所に行く教育より、靖国神社を訪れる方が、子供達は学ぶ事が出来ると思うのですが…
何故、戦争になったのかが良く理解できます。
学校では決して教えない近代史、本当はここから歴史は教えるべきだと思うけどね…
そうしたら、人間形成も世界観も変わると思うけれどもね〜

スカイタワーも良いけれど、一度は靖国神社の英霊に感謝しに行きませんか?
これからも、戦争しないで平和に暮らすためにも…

先人に感謝なくして現在は無く、未来に続かないと思います。

「スミトンだってようやく行ったのに、偉そうに良く言うよ…」なんて声が聞こえてきそうですが(笑)

返す言葉もございません…


 

靖国神社1

先日仕事の打ち合わせで、九段下(靖国神社まで5分です)に行きました。

昨年病気が悪化しだした2月頃から、父と行ったきりの靖国神社に無性に行きたくなり、生徒達に桜の頃に行かないか?と誘っていましたが、実現せず…
8月には仕事で九段下まで行ったのに、呼吸困難で歩行もままならず、参拝を諦めました。

梅雨時季であるというのに夏空で、体調は万全! 打ち合わせは順調に進み、新たな仕事にスミトン感謝です!!
今が有るのも先人達のおかげ、感謝の気持ちを伝えに靖国神社に行きました。

靖国神社1


父と靖国神社に行った時に、父は「父ちゃんもここに来る事になったかも知れないんだ。無事帰還出来たから、お前も生まれたけれど、戦死した仲間はここにいるんだ…。靖国神社で会おうと約束して散っていた英霊に、国の長が参拝できない国はダメだ。戦死した仲間に申し訳ないよ…。
英霊に、これから千鳥が淵になるから移動してと言っても、父ちゃんだったら移動しない、約束の地では無いから…」など、言われた事を思い出しました。

靖国神社2

スミトンも父と同じです。

何十年も過ごした約束した場所が、変更されたら移動できません。
いまだに遺骨も戻らない方々、しかし御霊は、約束の場所に戻っているのです。

個人の墓地を移動させるのと訳が違うと思います。

スミトンは、左翼でも右翼でもありません。

単純に疑問なのです。

国のため・愛する人達のために戦った人達がいたから今が有るのに…
先人に感謝なくして現在は無く、未来に続かないと思います。

遊就館特別展示{「大東亜戦争七十年展供廚垢戮討倭長颪鮓遒襪燭瓠ゝA海販ち向かった先人たち}を見ました。

靖国神社5

見ながら、父はあの世で戦友と再会し、「お前は爺さんになったな? 俺たちは若いだろう…」
「あんたらのおかげで、俺は子供も出来て爺さんになるまで生きれたよ、ありがとう…」なんて話したのかな? などと考えていたら2時間も過ごしていました。

遊就館をでて、大きな鯉が泳いでいる神池庭園に行きました。

靖国神社4


橋本大阪市長の発言に腹がたつからと、下の写真の場所から立ちションをした隣国の人がいる、とネットに書かれているのを思い出し、悲しくなりました。

靖国神社3


小さい頃、大人達から、してはいけない場所で、おしっこをしたら「罰当たりな事をしてはだめだよ〜おチンチン腫れるからね〜」と言われた事を思い出しました。

たとえおしっこをしたとしても、おチンチンが腫れる事は無いけれど、物事の善悪・道徳をこんな言葉で大人達は、教えてくれていたのですよね…



おみくじ

先日、 大国魂神社に参拝した時に、おみくじを買いました。

おみくじは筒を振り出てきた番号を、同じ番号の引き出しから自分で出すシステムです。

おみくじ引いたお「みくじ」運勢は「吉」でした。

良いことが書いてあり、ラッキーなスミトンです。

表を隅から隅まで読みました。

「言」と書かれたところに「孫子」の言葉が書かれています。

其の疾きこと風の如く〜どこかで聞いたような?

其のしずかなること林の如し
(これ風林火山? 何故?)

侵掠 火の如く、

動かざること山の如し
(やはり風林火山だ)


私に何を求めるのか? 武田信玄しか思い浮かばない?

帰ってから調べたら、風林火山を旗印にしたのは武田信玄がはじめではなく

今の宮城県多賀城市の武将、北畠顕家が始めであると判りました。

神様はどうしろと…?スミトンの無知を指摘したのか?
指摘されなくとも自覚してるしナ〜


次に多賀城市も調べてみました。

地震で沢山の死者や被災者が出ていました。驚きました。

宮城と言えば、現在気仙沼がテレビで取り上げられるので、それ以外の市の事は知らないスミトンです。

神様はキルト作りに励みなさい、目に見える被災者だけでない!と知らせたのかな?と…

スミトン流の勝手な解釈をしました。


まさか風林火山の旗立てて、ボランティア頑張れとはお告げにならないでしょうし…(笑)


裏面を見て又驚いた〜

神様はお見通しです、スミトン見られています〜ゲゲゲェ〜


「天のみこえ」

つもりては 拂ふ方なくなりぬべし

塵ばかりなる こととおもえど


「天のみこえの意」読まなくても判るよ〜

塵だからとほっておけば つもりつもって大変な労力を要す。

そのような事になる前に処置しなさいと書いてありました。


神様に言われなくとも、良くわかっています

自覚はしています。したくないのです。出来ないのです。

一番身近な改善すべき点は、「掃除」でしょうか…


「おみくじ」は山口県の女子道社というところで作られたのが始めだそうで、
女性の仕事救済で考えられたのだとか?

今もおみくじの70%を作っているとか〜

このように書くとありがたみが減るように思うけど、神様信じない人でも
自分にあっている言葉が出てくると驚きますよね

スミトンは特定の神様信仰は無いけれど、日本古来の八百万の神様は好きです。




行きたかった神社・大国魂神社

今日から、ミシンキルトの藤井さんが伊勢丹府中店7階で(24日火曜日迄)、『趣味の手作り展』に参加しています。
彼女が、手作り展に参加するきっかけをくれた、元私の生徒と伊勢丹まで見に出かけました。
はじめスミトンに話が来たのですが、物を売ること・値段のつけられない私は、藤井さんにバトンタッチしたのです。
お金が欲しいといいながら商売下手なスミトンです〜。トホホ…悲しいです

府中伊勢丹まで初めて行くのに、京王線?武蔵野線?どの方法で行けば歩くのが少ないのか、あれこれ考えた挙句、武蔵野線・府中本町から7分歩くことにしました。

初めて降りた府中本町駅で伊勢丹にはどのように行くのか、近くにいたお巡りさんに訪ねました。

「ああ行って、こう行って、大国魂神社の鳥居をくぐっていくとすぐわかります」と親切に教えてくれました。

日本全国ゆるゆる神社の旅
日本全国ゆるゆる神社の旅
著:鈴木さちこ
価格:¥1,155
大国魂神社と聞き、心の中で、スミトンが行きたいと思っていた神社ではないか?と気づきました。

どのような縁なのでしょう?不思議な力を感じます。

先週読んだ漫画にもパワースポットとして出ていたし、ここのところ良く聞く(見る)神社です。

←ちなみに読んだ漫画はこちら。

出雲大社の大国主神と御同神です。

お巡りさんにお礼を言い、歩き出しました。

足の痛いのも忘れ、心うきうきです。

参道に入ると木々の緑、新緑の香りがします。

気持ちが引き締まる思いです。

1時に約束をしていたので、神社を横目に後から参拝することにして、伊勢丹に急ぎました。

藤井さんのブースは、ミシンの前でポーチを縫っている人達もいて賑わっていました。

藤井さんに元生徒のKさんを紹介して、スミトンはKさんとランチに行きました。

彼女とは東京ドームで1月会っていますが、話する時間は無かったので、食事しながら積もる話に
時間がアットいうまに過ぎます。

ランチをKさんにご馳走になってしまいました。

Kさん御馳走様でした〜美味しかったです


藤井さんのブースに戻り、いろいろ話をした後、Kさん・藤井さんと別れ神社によりました。

大鳥居

大鳥居をくぐり、参道を歩き、随神門へと進みます。

随神門

随神門は新しく、木の香りがします。

拝殿

拝殿に進み拍手をと思ったら、この神様はいくつだろうと?????と考えてしまった。

出雲大社は二礼四拍手一礼とマンガに書いてあったけど同じ神様だから同じかな?
一般的な二拝二拍手一拝で良いのかな?

間違えるより一般のやり方で今日は良しとしよう〜
神様は細かいこと言わないだろうし、気持ちが大切だからなど言い訳しながらお参りする、この時点でちょっと違うかも知れないけどね

無知なスミトン許してください、お願いします。


おみくじを引くと吉です!

ラッキーです〜 嬉しいです

祈祷受付所で商売繁盛のお札を購入しました。

商売下手なスミトンは、藤井さんのように上手になろうと買ったのです。

お札には、オオクニヌシノオオカミ(大黒様です)が書かれています。

神社の周りを散策して力をいただきました。

大国魂神社は111年の創立、神々しく歴史の重みを感じます。

導かれるように訪ねた大国魂神社

藤井さんに感謝です。

藤井さんが趣味の手作り展に参加しなかったら、スミトンは大国魂神社に参拝することはありませんでした。

行こう行こうと思いながら、出不精なスミトンは今日もキット、テレビの前で時間を無駄に過ごしたことでしょう。

『趣味の手作り展』を見に行ったら、すぐ帰らないで神社によってください。

歴史の重みを感じてください。

ご神木の銀杏木が待っていますヨ
(残念ながら銀杏木の写真はブレブレで、お見せできるものではなかったので、ご自分の目でお確かめ下さ〜い)

パワー下さいますよ。



| 1/1PAGES |