カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

娘と二人旅 6

胎蔵寺を後にして、富貴寺に向いました。

富貴寺に行く途中、左手に真木大堂が見えました。
真木大堂も国宝指定されているので、よって行こうか?と寄り道しました。

パンフレットの写真、大威徳明王像の実物は立派で、しげしげと眺め拝みました。
大威徳明王像は六面六臂六足で、牛に乗っていたと思ったのですが、後で調べたら、牛ではなく、神の使いである水牛でした。
スミトンが牛と思ったのは、無知なのもあるけど、善光寺を思い出していたからです(笑)

大威徳明王像だけでなく、阿弥陀如来・四天王立像・不動明王と二童子等の立派な仏像が有るお寺なのに、善光寺のようなお寺お寺した雰囲気ではなく、博物館のような?展示されているような?感じでした

真木大堂、富貴寺


真木大堂を後に、富貴寺へ向います!
富貴寺は 九州最古の木造建築物で、国宝に指定されていると言う事で、今回の予定に入れていました。

山門に入る階段の途中左側に、小柄なお婆ちゃんがちょこんと座っていて、なんだろう?とお婆ちゃんの膝元にを見たら、梅干・干し竹の子・カボス等が有りました。
おばあちゃんは、「お参りの帰りに買ってください」と可愛い声で言いました。

富貴寺1

声を背中に、仁王門に向うと、左右に阿形・吽形の金剛力士像(木彫ではなく、石像でした)
が迎えてくれました。
境内に入ると、富貴寺は総白木造りで、きらびやかではない、素朴で凛としたたたずまい、存在感があります。

阿弥陀堂には、本尊阿弥陀如来坐像と消えかけている壁画(修復されるといいのにな…)歴史を感じます。
境内には銀杏の巨木があり、スミトンは、巨木からパワーをいただきました

富貴寺2


その昔、ここの地に高さ970尺も有る萱の大木が有り、その木から、富貴寺は建てられたと言い伝えがあるそうですが、こんな高い木があったとしたら、凄い事です!! 真実はわかりませんが…

拝観した後、先ほどのおばあちゃんのところで、梅干、干し竹の子、カボスを買いながら、「ハンガリーで最も美しい村」と言われている、ホッローケー(世界文化遺産)に行った時の事を思い出しました

村に入ってすぐ、誰もいない道にお婆さんが一人立っていました。
私たちを見かけると、家の中に急いで入っていきました。

シャイなお婆ちゃんで、観光客に見られるのがいやなのかな? なんて思い、村内観光が終わり、お婆ちゃんの家の前まで戻って来たら、お婆ちゃんが私達に声をかけ、呼び止めます。
手元を見ると、ハンガリー刺繍をした、しおりなどの小物があり、シャイと思ったお婆ちゃんは、観光客相手に自分の作品を売る、商売上手なお婆ちゃんでした(笑)

予約を入れていたおすし屋さんに行く時間になったので、双子寺も予定に入れていたのですが、それはまたの機会にする事にして(次回有るのかな?)、日田に向いました。