カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

靖国神社1

先日仕事の打ち合わせで、九段下(靖国神社まで5分です)に行きました。

昨年病気が悪化しだした2月頃から、父と行ったきりの靖国神社に無性に行きたくなり、生徒達に桜の頃に行かないか?と誘っていましたが、実現せず…
8月には仕事で九段下まで行ったのに、呼吸困難で歩行もままならず、参拝を諦めました。

梅雨時季であるというのに夏空で、体調は万全! 打ち合わせは順調に進み、新たな仕事にスミトン感謝です!!
今が有るのも先人達のおかげ、感謝の気持ちを伝えに靖国神社に行きました。

靖国神社1


父と靖国神社に行った時に、父は「父ちゃんもここに来る事になったかも知れないんだ。無事帰還出来たから、お前も生まれたけれど、戦死した仲間はここにいるんだ…。靖国神社で会おうと約束して散っていた英霊に、国の長が参拝できない国はダメだ。戦死した仲間に申し訳ないよ…。
英霊に、これから千鳥が淵になるから移動してと言っても、父ちゃんだったら移動しない、約束の地では無いから…」など、言われた事を思い出しました。

靖国神社2

スミトンも父と同じです。

何十年も過ごした約束した場所が、変更されたら移動できません。
いまだに遺骨も戻らない方々、しかし御霊は、約束の場所に戻っているのです。

個人の墓地を移動させるのと訳が違うと思います。

スミトンは、左翼でも右翼でもありません。

単純に疑問なのです。

国のため・愛する人達のために戦った人達がいたから今が有るのに…
先人に感謝なくして現在は無く、未来に続かないと思います。

遊就館特別展示{「大東亜戦争七十年展供廚垢戮討倭長颪鮓遒襪燭瓠ゝA海販ち向かった先人たち}を見ました。

靖国神社5

見ながら、父はあの世で戦友と再会し、「お前は爺さんになったな? 俺たちは若いだろう…」
「あんたらのおかげで、俺は子供も出来て爺さんになるまで生きれたよ、ありがとう…」なんて話したのかな? などと考えていたら2時間も過ごしていました。

遊就館をでて、大きな鯉が泳いでいる神池庭園に行きました。

靖国神社4


橋本大阪市長の発言に腹がたつからと、下の写真の場所から立ちションをした隣国の人がいる、とネットに書かれているのを思い出し、悲しくなりました。

靖国神社3


小さい頃、大人達から、してはいけない場所で、おしっこをしたら「罰当たりな事をしてはだめだよ〜おチンチン腫れるからね〜」と言われた事を思い出しました。

たとえおしっこをしたとしても、おチンチンが腫れる事は無いけれど、物事の善悪・道徳をこんな言葉で大人達は、教えてくれていたのですよね…