カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

お取り寄せ

1月も三分の二過ぎると言うのに、アップするの忘れていた話です。

アハハハァ〜

 

暮れに娘が「母ちゃんカニ買ったからね、届くから受け取っててね〜」というので「いいよ母ちゃん家にいるから受け取れるよ」返事しました。

娘は、正月に食べようと思い発注したらしいです。

 

届いた越前カニは見るからに美味しそうで、身がぷっくりしていますゆう★

越前カニ1

 

解凍の仕方も丁寧に書いて有り、解凍が済めば包丁や調理バサミを使う事なく、すぐに食べれるように心配りが出来ていたよ。

楽天市場ランキング1位やグルメ大賞カニ部門を受賞と書いてありました。

 

一時期 カニに身が入っていなくスカスカとか、いろいろ事件が有ったけど、カニって殻取ってみないと身がたっぷり入ってるのわからないよね〜

殻を取って販売してるのも消費者の立場にたって、工夫した結果らしいです。

 

しかし正月には食べる物が多すぎて?、食べれませんでした…汗

日替わりメニューの鍋料理で、しめとして餅とうどんだけ食べてたような気もするけど…アハハハァ〜汗

二人暮らしだからどうにでもなるのです〜

 

 

正月の間にではなく、娘が仕事始めしてからようやくカニを食べたよかに

 

流水でグレースを解凍等々いろいろ手順が書いて有りました。

どうやって食べるかな〜

わさび醤油で食べると美味しいかな???

鍋かな???等々  食いしん坊のスミトン、考えただけでよだれが出るよ〜ペコちゃん

 

スミトン珍しく忠実に、指示を守ったよ笑顔

 

越前カニ2

 

でね 食べる段になって、指示通りしたんだけどね、お刺身で食べたら塩分が強かったのよ〜ゆう★

だから急きょ、しゃぶしゃぶ???鍋になったかな〜

塩分落とすようにしてしゃぶしゃぶして、ポン酢も付けなくっても食べれたよ〜テゴシマーク

 

スミトン家は、普段から塩分少なめなので、指示通りでは塩分が強いのかもしれません…なんて言いながら、沢山カニたべてお腹が一杯ですkyu

翌朝 カニの肩肉(足が付いているところ)の身を綺麗に取って、卵おじやにしました。

 

本来ならば、七草粥の日だったけどね苦笑

セリ・ナズナなどでは無いけれど、7種以上の野菜はいれましたよ〜アハハハァ〜テゴシマーク

 

 

もう一つのお取り寄せは、スミトンが知人にお歳暮送るのにネットで見た、ラフランスとリンゴの詰め合わせを、自分ちにも送ってほしいと娘にお願いしたよ〜

スミトンがネットショッピングする時は、娘に頼むのです(へましてとんでもない事になる確率高いからね〜はあぁ〜ゆう★だよ)

 

送った品物がまずかったら困るでしょ? だから我が家でも食べてみようよ〜って。

どのようなものが相手に届くのか、お店で見て送るのと違うから確認しようかな〜と。

娘が言うのよね

 

ラ・フランスとりんご

 

そして届いたラ・フランスとリンゴ〜

思っていた以上に立派だったよラブ

 

リンゴは食べ方を聞かなくっても知っているけれど、ラ・フランスは追熟して食べるんだって事初めて知りました。

 

だってお店で買うものは、すでに柔らかく食べごろで販売されているからね。

木で完熟するもの…と思っていたら違うんだね。

スミトンは、梨と同じで完熟したものが産地から届いていると思っていたのです。

 

追熟と言うひと手間をかけて美味しくなるんだね〜ゆう★

 

そうそう、先日、孫にも食べさせてあげよう〜と持って行ったのよkyu

説明書を付けてね。

偏食だからなぁ〜。食べてくれるかな?汗

 

 

ラ・フランスって今は日本でしか作られていない事知っていましたか?

発見されたのはフランスなのに、気候が合わない事と手間がかかりすぎるので、今では作らないんだそうです。

ヨーロッパでも作ってる所みあたらないんだって〜マジで

 

日本には明治時代に入ってきて、丹精込めて日本の気候に合うように栽培工夫して、ラ・フランスを作り続けた結果「果物の女王」と言われるまでになったんだってさぁ〜ニコ

 

日本人の生真面目さが表れた果物だねゆう★

 

西洋梨 ラ・フランスって凄いねラブ

 

丹精込めて作ってる人たちに、感謝して頂きますありがとう