カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

ひよっこを見ながら自分と重ねてみる1

毎朝見ている『ひよっこ』の『矢田部みね子』の生きてる時間は、スミトンと重なるんだよね〜ニコ

 

まぁ〜みね子は、スミトンより1学年上だけどさぁ〜

 

東京オリンピックの時は、高校二年生。

「二度と東京でのオリンピックは見れないから、家に帰ってテレビを見なさい」と言われ、登校してすぐに帰宅させられたよテゴシマーク

 

「先生達は親切だよね」と友達と話しながら帰宅しましたが、今考えると先生たちもテレビを見たかったんだよね〜アハハハァ〜-▽-

 

でも、2020年にまた東京オリンピック有るんだよね〜

スミトン、またテレビ見ながら応援してるよね〜

二度見れないと言われたけれど、健康に注意してると見れるよね〜嬉しいね笑顔

 

 

みね子が上京した翌年にスミトンも上京したよ〜キラキラ

上野駅には、子供の靴磨きもまだいたよ!

 

スミトンの上京のいきさつは…

父ちゃんに「富山大学に行ってくれたら助かる」と言われたけれど、行きたい学部が無かったんだよね…残念

と言うより入れる頭がなかったのかもしれないけれど〜ワハハハァ〜涙

 

で、富山大学と言う選択技をスミトンは、しなかったんだよ〜

出来なかったんではなく、しなかったんだよ〜

真実は、藪の中…にこ

 

スミトンは、単純なんだよね。

白衣を着る仕事がしたくって、でも医者になる頭は無く…

しかしながら看護婦さんの白衣ではない白衣が来たかったのです!!

 

そして、栄養学と言う学問を確立させた佐伯先生にあこがれて学校を選んだのです。

 

父ちゃんに「二年制の栄養学校受かったからお金振り込んで、そして東京に行くよ」と話したのです。

両親は、驚いてたよ〜苦笑

栄養士の話も東京の話も、初めて聞いたからね。

 

親が知らないのに合格って不思議でしょ?笑顔

 

受験に上京したのではなく、栄養学を目指したきっかけが何かを原稿用紙何枚かに書いて送ったので、親は知らなかったのです。

断っておくけど、誰でも入れる学校では無かったからね〜kyu

スミトンが入った後、担任から「毎年受験する子がいるけれど入れない。栄養学校の先生に聞いて欲しい」と頼まれたよ〜

こんな事頼まれてもね、先生には聞けないよ苦笑

 

父ちゃんも母ちゃんも驚いていたけれど、東京に出してくれましたゆう★

 

『ひよっこ』を見てたら、なんて恵まれていたのか!とスミトンは思うけれど、その時は当たり前に思っていたのよね

親不孝な子だったよ汗

 

娘に言わすと「母ちゃんは、大金持ちでは無いけれど小金持ちの娘だ」と言われているよ涙

その通りで、我が儘です顔

 

 

そして学校は、全寮制だったのよね〜

門限は、21時だよ汗

全てが自主管理で、食事も当番制で作っていたよ〜

栄養学を学ぶものにとって当然かもしれないけどねニコ

 

みね子と同じで、一部屋6人で暮らしていたよ〜

上級生が2人とスミトン達4人の6人部屋で富山・長崎・北海道・鹿児島・沖縄と生活環境の違う娘達が一部屋で暮らしたのです。

 

3か月ごとに部屋変えが有ったので、いろんな県の人たちと仲良くなりましたゆう★

 

ひよっこ1

 

みね子と同じで、お布団6枚を並べ頭を突き合わせて寝たよおやすみ

 

みね子の部屋と少し違うのは、足元に座り机が有った事かな。

一応試験も有るから勉強をしなければならないしね苦笑

 

お風呂も近所の銭湯に行ったしね〜

みね子と同じで風呂桶抱えて、17時頃にはね。

 

ひよっこ2

 

スミトンが行っていた銭湯には、三助と言われた身体を洗ってくれる男の人がいたんだよね〜

初めの頃わからないので、木札を持ったおばちゃんの隣になると、いきなり三助が現れて驚いた驚いたマジで

 

ひよっこ3

 

お風呂帰りには、ラムネも飲んだよね〜

懐かしく思い出しならテレビを見ていますえへ