カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

辻堂東海岸の友人

先月 栄養学校の友達5人で、辻堂東海岸の今は亡き友人宅に行って来ました。

 

実は、スミトンの身体を心配して、いろいろ健康グッズを送ってくれた友達Kさんが暮れに亡くなりました。

 

あまりにも突然で言葉も出ませんでした。

 

長年していた健康のためのフラダンスのお稽古の後、体調を崩し、疲れたからとベットに入り、夕飯も食べないで

翌朝多臓器不全で亡くなったんだよね…

悲しいよkyu

 

人の人生ってわからないよね。

あんなにスミトンの事を心配し、元気だった彼女が真っ先に行くなんて…

訃報がはいった時、驚いたなんて言葉では表せないよ

 

彼女自身も、まさか亡くなるなんで思ってもいなかったと思います。

 

仕事の都合で、葬儀に出れなかったスミトン

彼女のご仏前に、お参りさせて頂きに家に行ったのです。

 

仲間たちと、沢山たくさん彼女の話や学生時代の話をしてきました。

 

友達は、鹿児島・長野・秩父・アメリカシカゴ・東京(スミトン)と、離れて生活していますが、会えば学生に戻り(ひよっこで書いた)、そこから近況報告が始まり、話は尽きません。

 

栄養学校の友達

 

二年前はこんなに元気だったKさん(前列右側)

この写真だって、彼女が送ってくれたんだよね

この時、スミトンの方がくたばりそうだったんだよね〜

秩父のMさんは、写真を撮ってくれていたので写っていません。

 

データーでは無く、写真を写したので少し変ですが…

 

人の死は、2度有ると言います。

一度は肉体の死

次は、皆から忘れられ、話題にもならなくなった時だそうです。

 

もちろん家族がいるから、いつまでも忘れ去られることは無いけれど、我々仲間もいつまでも彼女の事を話すし思い出すよ〜

 

とりわけスミトンは、正月の箱根駅伝を応援しながら思い出すねニコ

 

毎年、駅伝を見ながら茅ケ崎が映し出されると、彼女にメールしてたんだ。

今貴女の家の近くを通り過ぎたね〜なんて書いてさぁ〜2日間もさぁ苦笑

 

もうメール送る事は出来ないけれど、心のメールを送ります。

 

70歳になったらいろいろ一緒に出来ると思っていたのにね!

貴女に頂いた健康グッズ いつも足に巻いているよ。

 

歩かなきゃだめだと注意されたけれど、これからは少しは歩くよ

貴女の分も生きて、世の移り変わりを今度あった時には、報告するねテゴシマーク

 

あ、しなくっても、もう眺めてるか〜

「スミトンの馬鹿 掃除もしないでテレビ見ながらうたたねしてるよ」と〜顔

 

なんだか雲上人が増えて来たよ〜がっかり

悲しいけど、スミトンもそんな年になって来たんだね

 

仏前でお参りしたらご主人が、これからお墓を建立する場所で彼女が眺める景色を見てほしいと、墓地や鎌倉を案内して下さると言うので、お願いしました。

 

スミトンは、御主人と会うのは初めてでしたが、他の人達は旧知の仲らしく、思い出話をしていました。

 

墓地の場所は、江ノ電の腰越駅の近くの山の中腹にありました。

 

 

海が一望でき、遠くには富士山も見える良い場所でしたが、なんだかスミトン、写真を撮る事出来なかったんだよ

 

悲しいね〜本当に彼女はいないんだよ…泣

 

でも、海のない長野から東京に出て来て結婚し、御主人の仕事の都合で各地を転々として、海が好きで海の近い辻堂東海岸に家を建てたKさん。

お墓も海と富士山が見える希望通りの場所に、御主人が建立してくれるんだよね!

 

一緒に住んでいた三男のお嫁さんが別れ際に「お義母さんが亡くなる一か月前に、私は思い残す事何もないんだ」と話していたと聞かせてくれました。

 

Kさん、幸せだったんだよね〜

 

ご主人との出会いも凄いストーリーだよえへ

ご主人より先に、お姑さんとデパートで同じ商品を手にした事から始まり、挨拶をして別れたけれど、月日を改めまた偶然お姑さんに出会い、勤め先を聞かれ、ご主人と結婚する事になったんだって〜

ロマンだよねゆう★

 

良いご主人とお嫁さん、子供・孫に囲まれて満足してたんだよね

 

だけど、言霊って有るんだよ〜

思い残すことが無いなんて言わずに、ようやく歩き出した孫の成長を見ても良かったんではないの?

 

孫に、貴女の記憶を残しても良かったのに〜

残念だよ…kyu