カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

ようことよしなに〜町田翠

昨夜はライオンズゲートの満月なのに雲がかかり、全部は見えなかっよ

だけどね パワーを頂いたような気がするよ

気は持ちようですからね〜(´∀`*)ウフフ

 

話は変わり

富山県中新川郡のジモネタを見ていたら、7月29日に行われる「第62回立山まつり」に立山町を舞台に描かれたマンガ「ようことよしなに」の作家のサイン会が有ると書かれていました。

 

帰省する予定も財布の余地もないスミトンは、姪にLINEで購入して欲しい言ったのよ苦笑

 

だってね、我が故郷、立山町が舞台のマンガがこれから先出てくるか分からないし、五百石の駅が新しくなる前の立山町のど田舎の青春物語って、読んでみる価値はあるではないですか?顔

 

役場の前のバス停とか書いて有るんだもの〜

このバス停からスミトンの実家、直ぐなんだよね!

 

70歳になっても我が町の風景は、懐かしいではないですか?kyu

 

でもね、姪には自分の町内の祭りが有るとかで、買いには行ってもらえなかったのよね〜がっかり

で、姪から「父ちゃんに頼んでおいたよ」との返事

 

祭りの場にいつもウロウロしているスミトンの弟、ヒロトンが行ってくれました笑顔

 

 

早々と並んだのでサイン本はスムーズに買えたらしいけど、後ろには結構な人が並んでいたらしいです。

地元出身の作家だもの、同級生も沢山いるし、町ぐるみで応援して当然だよね〜

 

スミトンは、地元の人には本を出した事、内緒にしてたけどね〜

以外にシャイなのよ苦笑

 

ヒロトン サインまで貰ってくれて、有難いよ〜キラキラ

 

そして、ヒロトンの嫁が、即郵送してくれました。

 

受け取った後、あっという間に読んでしまったよ〜

まぁ話としては、田舎のフツフツした女子高校生の話かな?

この先どうなるかは、まだ1巻なのでわかりませんが…

 

まだまだ粗削りなマンガだし、思っていたほど町の風景は書かれていなかったけれど、地元贔屓でこれから注目していきたいマンガ家 町田翠さんでした!

 

 

朝ドラ「ひよっこ」でも富山のマンガ家の卵が出て来るけれど、富山は意外にマンガ家さん多いのです。

 

藤子不二雄さん筆頭に、沢山いますよ〜

 

スミトンの大好きな漫画家、新刊が出るたびに買う漫画家さんなど、誰々がいる…と羅列したいけど、今日は町田翠さんで止めておきますニコ

 

 

スミトンの過ごした田舎、立山町舞台のマンガ『ようことよしなに』を機会があったら読んでみてください。

 

作家さんも本が売れてなんぼ〜

次出せるかどうかが決まるからね〜ニコ

 

この作家さん、ひょっとしたらスミトンの知ってる人のお子さん?いや孫かもしれないし…

 

今度同窓会が有ったら聞いてみよ〜っとえへ

 

 

そうそう 立山町って田舎だけれど、皆も一度はテレビのニュースで見てる雪の廊下、壁の高さは10メートルにもなる『雪の大谷』も立山町ですよ〜キラキラ

 

立山町は、高校生にはつまんない刺激のない街かもしれないけれど、山好き・自然好きにはたまらない観光地ですゆう★

 

『立山黒部アルペンルート』なんて一度は耳にしてるでしょ?

 

いつか立山町観光してみてくださいゆう★

 

立山町観光協会