カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

楽しかったキルトの聖地 横浜

二泊三日 キルト時間フェステバルin横浜でのキルト三昧♪

キルトの聖地横浜に、キルト展が戻って来たよ〜(^.^) 

 

出展ブースは少なかったけれど、歩きたくない私には、充分だったよ〜

 

 

そして開催初日に、来年の開催が決まったと、市川編集長から聞きました!!

素晴らしい事です〜

これから毎年横浜で、二泊三日出来るよ

 

新作作る意欲もわきますっ(^▽^)

 

 

今日は、素晴らしかった海外からのキルト展示の紹介です。

 

ハンガリーのアンナさん、彼女はハンガリーで『キルトの母』と呼ばれています。

彼女が主催したインディゴ布を使ったキルト展に参加させてもらい、友人や生徒、そして娘と以前ハンガリーまで出かけました。

20年振りで会うアンナさんは、その時出展したチェリーブロッサムのキルトを覚えて貰っていてくれて感激です♪

 

ハンガリーのアンナ

 

現在83歳になるアンナさん、元気です!!

 

お聞きしたところ、今回展示された作品を彼女はご主人とお友達とで自ら運んできたんだって〜

凄いパワーです♪

 

ブースでは、ハンガリーのキルトや手仕事作品を展示していました。

 

ハンガリーの白いトラプント

 

ブース正面に展示されていた白いトラプント作品は、ハンガリーの伝統的タイルから図案を起こしたそうです。

その図案集を頂きました。

 

おまけに、木彫り細工の手鏡まで頂いたよ〜(^O^)

 

ハンガリーのお土産

 

ハンガリーで私の生徒達の作品を展示できると良いな〜とずうずうしくアンナさんに話し、詳しくはメールで…と約束して、さよならをしました。

もちろん友人が訳してくれましたよ〜アハハハァ〜(゚∀゚)

 

 

何年か前から話題の台湾の作家ダニーさんの展示ブースでは、端切れを絵具とした見事な作品ばかり!

 

話題になった時から彼の作品見たかったのよね〜

レクチャーも受けたかったけれど、自分のワークショップと重なり断念しました…(´д`)

 

台湾の作家ダニーさんの作品

 

でも自分は出れないから、福岡の生徒3人に受講してもらったよ〜

彼が使う布作りの方法をレクチャーしたらしく、やはり受講した甲斐が有ったと、彼女たちは感激していました。

彼女たちから今度、ダニーさんのテクニック教えて貰おうっと〜(^.^)

 

 

シーラさんのキルトも素晴らしく、彼女のテクニックが知りたくて受講しました。

 

縫う技術をマスターする事は、さほど難しくは無いけれど、デザイン力や色彩は、彼女独自のセンス

これは、私には難しい…

 

シーラさんの作品

 

でもシーラさん、自分のやり方で良いのよと、制作中のトップも裏側も撮影しなさいと、親切で優しいです。

受講して良かったよ♪

 

シーラさんからは受講プレゼントとして、カードとサイン入りマグネット(冷蔵庫などに貼れるようなの)を頂きました。

彼女の記事は、キルト時間ナンバー8 2017年秋号に掲載されています。

 

キルトの時間

 

シーラさんの作品や製作途中の作品、直に触れられて良かったです。

 

 

会場に展示されているキルトは、どれも見ごたえありました。

 

会場にいる方々の話を盗み聞きした訳では無いけれど、キルターと言うよりキルトを知らない人達も多く見に来ていたようです。

キルター人口が目減りしている今、とっても良い事だと思います!

 

キルトの前で、「凄い素晴らしい!」と驚きの声を上げているのを聞くのも嬉しいよね

 

キルト経験のない人達に、キルトに興味を持ってもらうのは、嬉しい事です♪

 

うわさでは、商品の売れ行きが良かったとか…

 

この情報で、来年はブース参加者が、増えるかもね(^▽^)

 

 

PS:絵文字のサービスが今月から終わってしまいました…

絵文字でちょっとは賑やかに飾っていたのになぁ…(´д`;)