カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

始まったね

東京国際キルトフェステバル24日から、始まったね〜♪

まだ行ってないけどね、私は。

 

私の東京の生徒二人が、創作部門で展示されています(^▽^)

 

創作部門

 

昨年9月にアジア美術館で展示するので、6月頃から3か月程かけて、仕上げた作品です。

勿論デザインや布探しなど、もっと何か月も前から時間をかけているけどね!

 

東京教室で最年長の秋田さんは、初めての大作です。

展示するには2M以上の作品を…と話した時に、真っ先に彼女に拒否されたんだよね〜(´д`;)トホホ

 

「私はこんな大作飾るところも無いし、使う予定も無いし、福岡で展示しても友達に見てもらえないし。私の場所に、先生の作品飾ればよいでしょ」なんてね(^_^;)

 

しかし作品は、妹さんからの「貰ってあげるわよ〜」の一言で行き先が決まり、展示ぎりぎりに完成したのでした。

 

ところが福岡アジア美術館に展示された作品を見て、人一倍に感激した彼女

「感激です!!」の言葉に「貴女に一番文句言われたよね〜(笑)」と言葉を返したよ〜アハハハァ〜(゚∀゚)

 

秋田さん作品

『里山に春が来た』

 

「東京の友達に見せたいなら、東京国際キルトフェステバルに応募しなさい」と言ったら、辞退するかと思ったけれど、素直に従った彼女。

「でも展示されるかどうかは審査員が決める事だからね」と念を押してね(^ω^)

 

今回めでたく展示されることに決まったらね

見に来てくれた友達にあげるお礼のキーポーチを沢山作ってるんだよね(^o^)

 

でも彼女はまだ、ドームに展示される事がどんな大変な事か、理解できていない…

アジア美術館以上に感激するだろうにね〜♪

 

 

それにしても、生徒に文句言われるような間柄って、どうよ(^_^;)

私はキルトを教えるだけ…というよりも、皆との会話を楽しみながら作り方を教えてるからさぁ〜

生徒の本音も有りがたく、引き受けてるよ

だから、何十年と通う生徒がいるんだよね

教室というよりサロンかな

 

でもね〜彼女たちが帰ると、寝込むことが多いんだよね(^▽^;)

彼女達の情熱を一手に引き受けるから、寝込まないと体力持たないんだよ〜

 

 

もう一人の平田さんは、資格免許はいらないので…とブラザーミシンから紹介されて、通い出した人です。

子育て上手で、以前、囲碁の本出した記事を書いた時のお母さんです。

 

彼女は、気持ちとミシンの動きが一緒にならず、ミシンより気持ちの方が先に進む、あわてんぼうさんです。

 

でも2014年AQSミシンキルト部門では、3位のリボンを貰った作品もあります!

 

彼女の作品も、アジア美術館に展示するために作りました。

ご主人が福岡の人なので、お義母さんやお義母さんのお友達が沢山見に来てくれて、彼女は大忙しだったよ!

プレゼント用のポーチも100個以上作ったのではないのかな?

 

今回の作品は、雪のキラキラした感じが出したいと、ビーズを沢山付けてています。

あわてんぼうだけど、根気の良さには脱帽です。

 

平田さん作品

『Snow Crystal』

 

是非会場で二人の力作を見て下さいね〜♪

こちらで紹介した写真より、実物の方がとても素敵なので!

 

私は、生徒と28日、ランチ新年会をしてから会場に入り、夜も新年会です〜アハハハァ〜(^▽^)

ドームに行くというより、新年会のためについでにドームかな?

 

今年は勿論、二人の作品を見るミッションもこなさないとね!!