カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

福光美術館 アートキルト展2019 パート2

お迎えの車が来る前に、旅館の前で今日の主役畑野さんをパチリ

今日も決まってるね〜畑野さん、ばっちりだヨ!

 

畑野さん

 

福光美術館 アートキルト展2019

 

福光美術館アートキルト展2019

 

美術館に着くと昨日と違い、セレモニーの準備は整い、人出が増しています。

 

テープカット・トークショー・サイン会などなど彼女のスケージュールはびっしりです。

 

私は彼女の仕事を眺めてるだけと思っていたのに、思いのほか顔見知りが多く、声がけして頂いて驚いた!

キルトの世界で50年以上、ましてや、日本キルターズ協会立ち上げ時に副会長兼事務局をしてた関係もあり、嶺井の事を知っている人がいても不思議ではないんだけどね〜

ただ私が、皆さんのお顔を見ただけでは、名前を思い出せないんだよね…(´д`;)トホホ

 

中には、「キルトウィークでワークショップ受講しました。」と言う方もいて、驚きました。

顔を覚えてなくって、あやまりました。

受講生が20人以上いた時代だったよ〜懐かしいね(^ω^)

 

テープカット

 

市長さんはじめ来賓の方々の祝辞の後テープカットがあり、その後来場者皆でキルト展示会場に入りました。

 

まず初めに畑野さんから、ご自分のキルトの前で、ショーアンドテルが始まりました。

 

ショーアンドテル

 

だけど彼女が話し始めたと同時に、地元では有名らしいキルターのSさんが、来賓の方を誘い、ご自分のキルトの前で話し出したのよね…

丁度畑野さんがショーアンドテルをしている、真裏だったのよ(-_-;)

 

畑野さんの話を皆が熱心に聞いてる裏でさぁ〜

でも、いずれSさんの話は終わるだろうと思ってたらね、だんだん声が大きくなるのよ

畑野さんが3枚のキルトの説明が終わり、千葉からみえた栗原さんの(彼女も今回招待作家です)ショーアンドテルが始まっても話は止まない!!

笑い声さえ聞こえるようになったからね、なんて非常識な人?と思ったよ〜

キルターとしてと言うより、人としてマナーがなっていないよ

 

我慢できなくなってね、「Sさんですよね? 人が話をしてる時は、聞くのがマナーではないですか?」って、思わず注意したよ

注されて慌てたのは、本人よりも来賓の方々だよね

蜘蛛の子散らすように皆さん人ごみにまぎれたよ…

 

キルトの説明聞かないで、今しなければならない話があるのならば、ほかの場所でするべきだよね

実際話の内容は、聞こえていたけれど、今しなければならない話ではないんだよね

なんだそりゃでしょ?

 

富山・金沢のキルター達も出席してた人は、ショーアンドテルしてたよ

そのSさんもしてたよ

いつもよりは短い解説らしかったけどね〜(^_^;)

 

 

会場でのセレモニーが滞りなく終わり、ランチはレストラン『ラモヴェール』貸し切りで、皆さんと一緒にお食事です。

 

ラモヴェールのランチ

 

私の席にはキルトスタジオ志布さんだけが知り合いで、ほかの方は今回が初めて顔合わせする方々でした。

キルターということで、初対面でもいろいろと話が弾むね♪

 

お料理は富山らしくホタルイカのパスタも出て、おいしかったよ!

締めのハーブーティーは、口をすっきりさせてくれました。

 

ホタルイカのパスタ

 

小高い丘にあるレストランからの眺望は素敵でしたよ(^▽^)

 

『ラモヴェール』のオーナーご夫妻は県外の方で、大学時代に草刈十字軍として富山に来て、富山が気に入り、レストランを開いたのだそうです。

以前は、ハーブ園も経営されてたそうで、帰りぎわに参加者にハーブのミニブーケ(ローズマリー・ミント・セージ)をプレゼントしていただきました♪

 

家に帰り水耕栽培しようと思っていたのですが、すぐ帰宅しなく3日間富山にいたために、セージが枯れたよ

もちろん実家でも、水につけていたんだけどね〜(´Д`;)

 

ローズマリーとミントは元気に、根が出てるよ!

 

三本そろった写真が欲しくて、キルトスタジオ志布さんに写真をお願いしました。

さすが長旅をしていないので、3種とも元気です。

 

ハーブ

 

畑野さんにも聞いたら、やはりセージが枯れたとの事でした。

 

記念として、長く育てたいと思います。

 

なんだか最近水耕栽培のものが、増えてきたよ〜あははは〜(^▽^)

 

今回、畑野さんに付いて来て良かったよ♪

出会えた人たち皆さんに、感謝です。

 

愛染韻

 

レストランの帰り畑野さんと私は、棟方志功さんが疎開生活で暮らした家「愛染韻」を見学に、館長さんに連れて行ってもらいました。

トイレの板戸などに書かれた絵は、圧巻でした。

 

美術館の前で、帰京する畑野さんを見送り、私はキルトスタジオ志布さんに高岡のホテルまで送ってもらいました。

次の日 彼女のお店でワークショップをするためにね

 

ワークショップの様子は5月4日のブログ『高岡で講習』を見てください♪

 

 

金沢出身の東京の嶺井の生徒Hさんは、お母様のお見舞いの合間に、キルト展が見たいと金沢に泊まり、当日金沢のキルター西村先生に金沢から車に同乗させて頂き、会場に駆けつけました。

Hさんは、同時に富山大和で展示されているキルト展も見に行き、ガラス美術館なども見学してきたそうです。

彼女にとって実りの多い、一日になったと思います。

 

Hさんが福光美術館や富山大和を見学するのに、キルトスタジオ志布さん・西村先生・丹羽さんのお力をお借りしました。

皆さん大変お世話になりました。

ありがとうございました!!

 

沢山の写真の仲間に入れていただいて、写真ご一緒しましたが、人相悪くってごめんね(^_^;)