カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

2泊3日 娘と二人旅 3日目 聖神社から和銅遺跡へ

今朝は、快晴♪

 

体調も戻り、待ちに待った朝食へ

1階の食事処では、テーブルは部屋ごとに指定されています。

 

ゆの宿 朝食

 

朝食として十分すぎるほどのメニューです♪

ゆっくり堪能しました。

 

部屋に戻り少し休憩してから、貸し切りの温泉に行きました。

 

貸し切り風呂

 

湯がぬるめの温泉です。

のぼせるようなことはしません〜あははは〜(^▽^;)

 

部屋に戻る途中、昨日とは別の大浴場も入らないけど確認!

時間によって男湯と女湯が入れ替わるので、昨日はこちらには入れなかったのです。

 

大浴場2

 

 

11時チェックアウトなので、のんびり過ごせました。

 

そして『ゆの宿』から、聖神社迄車で送っていただきました!

 

聖神社2

 

神社への階段を見上げた時に、「母ちゃん上がれないよ〜」と弱音をはいたら、横に緩やかな坂道がありその道を上りました(^_^;)

 

聖神社1

 

銭神様と言われる聖神社は、江戸時代からある由緒ある神社です。

金運の神様が祀られているそうで、この神社で祈願するとお金に不自由しないと言われ、沢山の祈願の絵馬がありました。

 

金運に見放されているスミトン家、丁寧にお参りしましたよ(^ω^)

 

和同開珎のモニュメントもありました。

 

 

そして、この近くに日本で初めて見つかった和銅の露天掘りの遺跡があります。

 

娘が「露天掘りの場所も見てこようよ」と言うので、その場所にむかうことにしましたが、スミトン 死ぬかと思ったよ(´Д`)

 

娘には大した坂道ではないかもしれないけれど、スミトンにはきつい傾斜だったよ…

娘に一人で行ってきて〜と言ったけれど、どこにも休む場所がなく、所々で立ち止まり息を整えながら歩きました。

だけど登りきったところは、遺跡への入り口で、今度は降りるんだよ(>_<)

 

和銅遺跡3

 

これまた凄い坂下るんだよ〜

登った分だけ谷底に降りるんだよ

 

ここまで来たら前進あるのみ〜息切れぎれに歩いたよ!

 

和銅遺跡1

 

そうしたら…目の前に直径5メートルもある和同開珎のモニュメントが現れたよ!!

 

この風景は、西武鉄道のコマーシャルで太鳳ちゃんが案内してるのを見てるから、初めてのような気がしないけれど、こんなすごい場所だとは思わなかった。

 

モニュメント横を流れている小川を挟んだ山肌で、日本初めての自然銅が取れたらしい

 

もっと歩ければ、銅ほりの洞窟なども有るらしいけれど、とてもじゃないけれどスミトンこれで満足です。

 

そして和同開珎のモニュメントの穴にお金を通すと、金運上昇になるとうる覚えのスミトンと娘

 

五円玉がないので、50円を投げてみたよ〜

2人とも上手に穴を通りました♪

そのお金を横の小川で洗うとか洗わないとか〜

でもね、その小川で洗うには、足元が危険そうだったので、洗わないで帰って来ました。

 

後で調べたら、やはり小川で洗い、それを聖神社に奉納するとご利益があるらしい…?

トホホ…(´д`;)

でも、それも人が決めた事

 

50円玉

 

記念コインとしてお財布に入れました(笑)

 

 

そして帰りはまた坂を上って下って…(>_<)

 

和銅遺跡2

 

見たくても咲いていないので行くのを断念した巾着田

戻る途中、ちょっとだけれど曼殊沙華が疲れをいやすかのように咲いてたよ

曼殊沙華は、神秘的な花だよね〜

 

彼岸花

 

小さい頃曼殊沙華ではなく「彼岸花、葉見づ・花みづ」と呼んでたよ

葉と花が同時には、絶対一緒にはならない花だよね

 

和銅黒谷駅

 

そしてスミトンにとって、遺跡から和銅黒谷駅までの道のりの遠かったこと〜

天気も良くて暑かった…

 

計画では駅そばのブドウ園に寄り、ブドウ狩りをする予定だったけれど、もう元気が残っていないよ…

即 秩父駅に戻りました(^_^;)

 

ホルモン

 

秩父駅でお昼ご飯にホルモン焼き(秩父の名物料理?らしい)を食べて元気を取り戻し、お土産を買ってまだ明るいうちに帰宅したよ〜

 

お土産

 

楽しい2泊3日の2人旅

 

でも疲れてたからか、22時前には就眠(´o`)zzz…

 

 

 


娘と二人旅 2日目 予定変更

2日目

 

娘をいびきのために熟睡させてあげられなかった、スミトン

申し訳ない気持ちでの2日目…(^_^;)

 

朝風呂に入り、ホテルの別館にある中華レストランへ朝食に出かけました。

広いレストラン、誰もいないよ…

こんな経験も初めてだよ〜(´Д`)

まだ8時過ぎなんだよ?

 

とりあえずプレートを持ち、いつものように好きな料理を入れて着席

中華レストランだけど、朝食は和洋バイキング

 

ホテルの朝食

 

込み合ってるのも嫌だけれど、100名以上入る場所なのに、二人だけって逆に気を遣うよね…

 

食べ終わりの頃、2人の女性が来たけれど、まだ締め切り時間ではないのに、彼女達が盛り付け終わって食べ始めると、なんと片づけはじめたんです…

これにもスミトン驚いたね(゚Д゚;)

だって締め切りが9時であれば、それまでは片づけないのが普通だと思うよね…

 

自分たちには影響はなかったけれど、なんだか残念な気持ちで部屋に戻り、チェックアウトの準備をしました。

本当はこの後、5百万本の曼殊沙華群生地に行くはずだってけれど、今年は開花が遅くまだ咲いていないとのこと…(´Д`)

 

巾着田

 

行き先を変更して、三井アウトレットパーク入間に行くことにしました

出来た時から(2008年4月)三井アウトレットパーク入間には、行きたかったんだよね〜

 

三井アウトレットパーク入間

 

ついて驚いた!!

昨日のムーミンバレーパークより疲れるよ〜

沢山のお店が入っており、どの店も一緒に見えてきたよ

そりゃそうだよね〜

国内最大級のアウトレットモールだもの、疲れて当然だよね…

 

普段からウインドショッピングもしない、洋服は娘が行く店で買うか、最近はお気に入りのお店のネットショッピング!!

本屋と100均しか行かないスミトンには、刺激が強すぎる…

 

多分前日の疲れを引きずっている影響大だろうけれど、購買意欲が出ない…

あんなに行きたかったモールなのに、見ただけで満足したんだよ(^_^;)

半周ぐらいしたところで、娘に「母ちゃん座ってるから、洋服見ておいで」と言って送り出した。

 

娘が1人で店に入り、これから着る洋服を6着ほど購入してきたよ。

 

そして早々にフードコートに入り、座り込みました(^▽^;)

娘に讃岐うどんのかけと、紅しょうがのかき揚げやエビの天ぷらを買ってきてもらったよ

紅しょうがのかき揚げ初めて食べました!

これはこれで美味しいね〜♪

酒のあてにもなるね〜

今度作ってみようと思ったね(^ω^)

 

食後、娘がいつも購入するお店が出店してるから、見てみようと誘われて入ったよ

「母ちゃん、去年買った裏布がミーのコート色違いであるけどいる?」っていてくれたけど、いらないと断った。

 

でも ロングの黒いワンピース見つけて、買ってもらったよ〜

娘はバッグとスカートを購入したよ

滞在時間わずか2時間余りだけど、これ以上はスミトンには無理

疲れていなかったらもう少しいたかと聞かれれば、それはないかな…と答えるね(^_^;)

 

 

次の宿泊施設に行くために、娘が乗りたいと言っていた西武鉄道のラビューに乗るために、早々にアウトレットを後にしたよ

 

ラビュー1

 

ラビューは、今年3月16日から走ってるんだよね

お使いに出るとたまに、踏切で見かけるんだよ〜

一日に何本も走ってないからね〜見かけたらラッキーかな?

素敵な電車だよ♪

 

ラビュー3

 

見晴らしの良い大きな窓、座席もゆったりと素敵だったよ

「トイレも素敵らしい〜母ちゃんも行ってきたら?」と言うけれど、こんな時にはいきたくないんだよね

天邪鬼なスミトンです。

 

ラビュー2

 

でもせっかくだから、見学すべきだったかもね〜あははは〜

 

400円程余分に出しただけで豪華な気分を味わえ、あっという間に、西武秩父に着きました!

雨も降りだし、今夜泊まる旅館に行くには秩父鉄道に乗らなければならないので、御花畑駅まで歩いたよ


御花畑から和銅黒谷駅まで3駅です。

 

駅には「ゆの宿 和どう」からお迎えの車が来てくれました。

 

この宿は、秩父最古の由緒ある温泉らしい

 

ゆの宿 和どう

 

今回、お風呂がついていないお部屋だったので、娘が貸切りの岩盤浴やお風呂を予約してくれました。

 

岩盤浴

 

夕食の前に、岩盤浴に行き(50分の所30分ほどいた)、岩盤浴ででた汗を流そうと大浴場に入りました。

烏の行水のスミトンだけど、ゆっくり入ったよ(シャンプーも併せて、20分ちょっと?)

 

大浴場1

 

食後に貸し切りの温泉に入る事にして、部屋で6時半から夕食です。

 

食べる気満々で、何が出てくるのか楽しみにしていたスミトン

 

和どう 夕飯1

 

テーブルに沢山運ばれてくるお料理には驚いた(゚∀゚)

初めに運ばれただけでも、十分満足できる品数だったよ!!

 

和どう 夕飯2

 

仲居さんが、スミトンたちの食べ終りを見計らって、運んでくるお料理、なんと3回運ばれてきたんだよ

 

しかし初めのビールで乾杯したころから、気分がすぐれないスミトン…

 

普段から湯船に長くつからないスミトンが、岩盤浴30分や温泉にゆっくり浸かった事で、疲れとあいまってのぼせたのか、食欲がなくなったよ〜(>_<)

 

和どう 夕飯3

 

3回目に運ばれてきたお料理の後で、仲居さんが食べ終わったら連絡を…と言って部屋お出たので、そこで食事を中断して、即横になってしまった…

でも元気でも食の細い人は、食べきれない程の品数です。

 

体調不良で、ほとんどのお料理口にできなかったよ〜

もったいないお化けが出そうだよ〜トホホ(´д`;)

 

娘は「母ちゃん食べないと夜中にお腹すくから、ごはんをおにぎりにして冷蔵庫に入れておいたら良い」と言ってくれたので、おにぎりを一つ作り、フルーツも冷蔵庫に保存

 

娘には、本当に心配かけたよ…

食後に入る予定の貸し切り風呂も朝風呂に変更してもらいました。

 

仲居さんがお布団を敷きに来てくれた後は、即お布団に入ったよ〜

 

本日は11,416歩

 

2日目歩数

 

結局、夜中2時頃目が覚めて、おにぎりとフルーツを食べました。

 

娘のアドバイスがなかったら、きっとお腹が空いて朝食まで我慢できなかったよ〜(´д`;)トホホ

 

お腹が満たされたので、また寝たよ

それにしても夕食食べ損ねて、もったいないことしたよ〜残念です…

 

この年になって健康管理出来ない、スミトンです

 

長風呂は、要注意ですね!

…ってお風呂好きの人が聞いたら、ちっとも長風呂って時間じゃないのだろうけどね(^_^;)

 

 

 


娘と二人旅 1日目 ムーミンバレーパーク

9月17日(火曜日)から娘の夏休み休暇を使っての埼玉飯能市・秩父市へ、二泊三日の二人旅です。

 

以前から曼殊沙華畑を見たいと言っていたスミトンに、娘が答える形で休暇を使って計画してくれていたのです♪

 

曼殊沙華の見られる高麗駅までは、40分も有れば行ける距離であり、日帰りで充分なのですが、ついでにムーミンバレーパークも見に行こうよとから、日本で胴が初めて天然堀された遺跡や神社も行こうと言う事になり、二泊三日になりました。

 

まぁ〜スミトンが旅行のために何かしなければならない事は何もなく、ただ娘に連れて行ってもらうだけなので、楽ちんです(^▽^)

 

ホテルだけ取ってあり、ツアーとかではないので、臨機応変に行き先を変更できる気楽な旅行です♪

 

 

17日は、夕方から雨になると言う事が分かっていたので、先にムーミンバレーパークに行くことにしました。

自宅から日帰りできる場所に有るので、朝ゆっくりと過ごし、自宅を11時近くに出ました。

 

 

飯能駅に着き、キャリアケースをロッカーに入れ、バス停に向かうその前に「トイレに行く」とスミトンが言ったために、バス停についたら目の前をバスが通り過ぎて行く事態に…トホホ(´Д`)

 

次のバスまで20分も時間のロスがあり、娘に迷惑をかけたよ…

娘なら走れば乗れたかもしれないけれどさぁ〜スミトンは走りも無理なんだよね

 

でも年取るとトイレに行きたくなるんだよね〜

結果は出なかったんだけどさぁ〜あははは〜(゚∀゚)

 

バス乗車15分ぐらいだもの我慢できないわけでは無いんだけどね

バスで何かトラブルがあった時に、トイレに行きたくなったらどうしよう?なんて思うからさぁ〜

取り敢えず、早めの用心!

 

 

ムーミンバレーパークは自然の地形を利用してあり、まぁまぁ広かったよ

 

ムーミンバレーパーク1

でもトーベ・ヤンソンのムーミンのお話が好きで、自然が好きでないと無理かなぁ

ディズニーランドなんかとは、別物だからね〜

小さい子は楽しさが分からないかも?

 

ムーミンバレーパーク2

 

現在、膝が痛くって思うように歩けなくなっているスミトン…

 

行く前から内容を知っていたので『行かないで良い場所認定』はしてたんだよ〜(^ω^;)

でも一度見ておくのも良いか?と思い、そしてミーが好きだから行ったんだよ♪

 

6月に行った九大の森とは違い、アスファルト舗装された道だからか、九大の森の方が歩きやすかったかな〜

スミトンの膝がそう申しております(^_^;)

 

ムーミンバレーパーク3

 

行く先々に有る建物は、ムーミンの話を知っている人なら、この建物は何かとすぐわかるよ

 

ムーミンバレーパーク7

 

あと、いたるところにお花が沢山咲いてたよ

花のない時期に行ったハウステンボスよりも、花が咲いてるね〜と娘と話しながら歩いたよ

あくまで、花だけの比較だからね(^_^;)

 

ムーミンバレーパーク6

 

本当に、沢山沢山歩きました…

 

最後の建物?(ヘムレンさんの遊園地)だけ残してすべて見たよ

娘に「母ちゃんは座って待ってるから、見ておいで」と送り出したよ

だって、山を上らないといけないんだもの〜

登れば降りなきゃいけないんだよ〜

膝に負担がかかるよ…(´Д`)

 

ムーミンバレーパーク5

 

あと、ムーミンショーが始まるのので見たんだけどね…

いまいちだったよ

ミーが着ぐるみでは無い事から、行く前から批判的なスミトンだったからね〜あははは〜(^▽^;)

 

ムーミンバレーパーク4

 

そして小さい子たちが、立ち上がると一々スタッフが注意してるようだったよ

子供は、飽きるから立ち上がるよね〜

ましてや屋根がなく、日が照ってる暑い中だからね

 

あれは、考えるべきだね〜

自然との調和を考えた結果なんだろうけれど、簡易的でもいいから屋根を作る方が良いと思うけどね

 

ムーミンバレーパーク7

これスミトン一人で食べたのではないよ〜飲み物はもう一つあるけどさぁ〜

疲れすぎて、食欲なかったよ〜珍しいでしょ(笑)

 

この日の疲れ具合は、半端なかったよ

宿泊しないで家に帰っていたら、1週間寝込む疲れだったよ!!

 

ムーミンバレーパーク8

 

だから飯能駅周辺で食事してからホテルに行く事も考えたけれど、きっと座ってゆっくりするともう一歩も歩けない状態だったので、ホテルのある東飯能(一駅隣)に行ったよ。

でもホテルまで5分と言う道のりの遠い事…

すご〜く遠くに感じたよ

スミトン 子供だったら泣いてたよ〜

もう歩きたくないってね(^_^;)

 

実をいうと、娘がムーミングッズがもらえる公認ホテルを予約してくれたから、ムーミンバレーパークに行ったってのもあるのよね〜

不純な考えでしょ〜?

トーベ・ヤンソンに申し訳ないよね(^▽^;)

 

 

フロントでは、娘が部屋にある物で、持ち帰れる物の説明されたのにも驚いたよ〜

初めての経験だよ

 

公認ホテルマロウドイン飯能1

 

でも、部屋に入って納得したよ

 

考えればわかる事なんだけどさぁ〜

ムーミンとミーのぬいぐるみなども、無断で持ちかえる人が多いんだろうなってさぁ

それだけ常識ない人が増えてきてるのかな?

持ち帰れるグッズは、バスケットに入りわかるようになってるのにね

悲しいね(´Д`)

 

 

そうそう、部屋がすごく変わってたよ

 

生まれて初めて1部屋に2バスルームがある部屋に泊まったよ〜

わははは〜(゚∀゚)

 

ここまで聞くと、広い部屋だと思うでしょ?

 

公認ホテルマロウドイン飯能2

 

違うんだよ〜

ビジネスホテルの2つの部屋を合わせて、1つのドアをふさいだ結果の部屋なんだよ

上の写真でわかるかな?(^_^;)

 

でもお風呂が2つあるって楽ちんだよね〜

同時に風呂もトイレも入れるんだもの〜あははは〜(^▽^;)

 

万歩計

 

この時点で万歩計を見たら、なんと18,876歩!!

もう歩けないスミトン、ホテルの横にあるデニーズで夕飯をすますことにしたよ

何年ぶりかなぁ〜、デニーズに入るのって。

疲れてる時ってファミレスは良いね

 

座り心地良いもの

疲れすぎて、夕食の写真も撮らなかったよ

 

 

部屋に戻り、せっかく2つもあるお風呂にも入らないで、ベットイン!

 

でも、うとうとしながら万歩計を見たら、あと200歩ほどで2万歩になるところでした!

一瞬ベットから出て、足踏みして2万歩にしようと考えたよ〜あははは(゚∀゚)

 

考えただけでベットから出ることも出来ないほど疲れていた体

2万歩になったからって何が起きるわけでもないし…なんて思っていたら、またいつのまにか寝てて、目が覚めたら2時

 

隣の娘は寝返りばかりしてるよ

 

疲れたんだね、娘も…と思ったら、朝いちばん「母ちゃんのイビキで、寝れなかった」と言われたよ(´Д`)

 

いつも2人旅でビジネスホテルに宿泊する時は別々の部屋なんだけれど、今回は同じ部屋だからイビキに悩まされたんだね

 

無呼吸も長く続くから、心配になるしね

 

耳栓持参したと言ってたので安心していたのに、飛行機の圧を調節してくれる耳栓を持ってきてたらしい

 

娘よ それは無理だよ!!

 

飛行機用ではね、わははは〜(^▽^;)

 

 

 


友人の作品が掲載されたよ

情報としては、だいぶん遅れたけどね〜(´д`;)トホホ

 

高岡キルトショップ志布のオーナ中村さんの作品が、今発売中の『パッチワーク教室』36〜37ページに掲載されました。

 

とっても素敵な大人のクリスマスタペストリーです♪

 

パッチワーク教室

 

写真は、ゆきんこの足跡さん提供

 

雑誌社からの希望に沿った作品作りって難しいんだけど、期待に添えた作品になってるんではないかなぁ?

自分勝手に好きな布で作るのと違ってね〜

モダの布も指定されてるから、見てるより大変なんだよね

 

彼女にとっても初めての経験ではないかな?

 

紙面を見てる側は、そんな作り手の苦労はわからないけどね(^_^;)

 

まだ、本を手にしていない人は、ぜひ本屋さんに向かってくださいね〜

 

まぁ、中村さんに本を頂いた身としては、強く「購入しなさい」とは言いずらいけどさぁ〜あははは〜(^▽^;)

 

彼女の送ってくれた富山の煎餅を食べながら、ゆっくり読書タイムしたのよね!

 

煎餅

 

煎餅大好きなスミトン♪

無意識に食べてると次から次へと、煎餅のふくろを開けてるんだよね…

 

ご飯にしたら、何杯分食べたことになるのか…

恐ろしいよ〜

煎餅って、怖いねっ(>_<)

 

「怖いのは煎餅ではなく、スミトンの節操なのさだよ」と言われそうだけどね…

 

 

『パッチワーク教室』は、読者に寄り添って紙面づくりをしてるよね

プロセス撮りは、関口編集長自ら作者指導のもとで縫ってるからね

「自分が理解できなければ、読者に伝わらない」って言う信念のもとでね〜

凄いでしょ?

 

 

そういえば、私事で申し訳ないけどね

今出てる『キルト時間』の29ページにね

横浜でのキルト時間フェステバル『私の好きなもの』展示風景写真に作品が写っていたんだよね

ちらりとでも紙面に掲載してもらえてうれしいよ(^▽^)

 

キルト時間

 

『長寿祈願』と題したヘキサゴンの熨斗目文様の作品だよ

 

キルト時間は、本屋さんには売っていないので、だれか持ってる人に見せてもらってください。

 

 

今日から娘と二人旅なんだ〜

隣の埼玉県飯能市&秩父市までね

家からムーミンバレーパークまで、1時間30分もあればいけるんだけどさぁ

ミー好きなスミトンのために、娘が公認ホテルをとってくれましたっ♪

 

広い公園だから全部歩けるかわからないけれど、楽しんでくるね

とりあえず今日は晴れてよかった(^ω^)

 

 

 


恩送りVol.10 さっとカブリーナ

手拭いで何か出来ないかな?とネット検索していたら、『さっとカブリーナ』と言う便利なキャップを見つけました。

 

それをLINEで生徒たちに伝えたら、さっそく何人かが作りました!

 

さっとカブリーナ4

 

さっとカブリーナ5

 

皆が作ったキャップと一緒に、できれば作り方もブログで紹介したいな〜と思い、デザイン元をいろいろ調べました。

 

『家の光』の紙面をアップしてる人がいましたので、雑誌『家の光』に電話をし、ブログで掲載しても良いかと問い合わせましたが、著作権が有るので無理だと言われました。

でも「秦野農協婦人部の人達が作ったので、婦人部が許可されれば、作り方をブログにアップしても良いのでは?」と教えていただきました。

 

ネットで『家の光』の紙面を掲載している人は、『家の光』の許可を取ってないと言う事ですよね

著作権は大切にしたいよね…(-_-)

 

 

秦野市秦野農協婦人部の方々が普及されたからなのか、雑誌に掲載(2016年頃)されたからか、沢山の農協婦人部で『さっとカブリーナ』が作られています。

 

福岡の生徒Mさんも友達から教えてもらい、何年も前に作ったのをご主人が利用してると、写真を送ってくれました。

 

さっとカブリーナ3

 

良い事は広めたいと思い、秦野市に住んでいるキルターSさんに、秦野農協婦人部に知り合いはいないだろうか? いれば『さっとかカブリーナ』の作り方をブログに掲載できる許可を頂けないか聞いてもらいました。

 

私のお願いに、Sさんは秦野農協婦人部の方に問い合わせてくれ、秦野農協婦人部の方から許可を頂いてくれました♪

 

さっとカブリーナ作り方1

さっとカブリーナ作り方2

 

秦野農協婦人部のIさんから作り方のコピーに添えて、完成された『さっとカブリーナ』を見本にどうぞと頂きました。

感謝!感謝です!!(^▽^)

 

さっとカブリーナ1

 

さっとカブリーナ2

 

医療用にも使え、お掃除やお料理する時にも使える便利なキャップです。

 

手拭い・浴衣・コットンなど用途に合わせて作ると素敵に仕上がります。

布は、裏表のないものを使うと良いですよ〜

 

さっとカブリーナ6

 

さっとカブリーナと言う名前も納得です。

手拭いで作れ、あねさんかぶりをするより洒落ていますし、何よりずれたりしないのが良いです。

 

今 生徒のHさんが入院中なんですが、自分で作った『さっとカブリーナ』を毎日愛用しているそうです。

 

さっとカブリーナ7

 

 

皆様がこのブログを見て、作ることの許可は頂いています♪

ぜひ作ってみてください!!

プレゼントにも良いですよ〜(^ω^)

 

沢山の方々に作っていただけると嬉しいと、秦野農協婦人部の方は言っておられました。

 

ただ、皆様が作られた作品を各々のブログに掲載することは可能ですが、作り方まで各々のブログに掲載することの許可を私は取っていません。

 

ご自身のブログには『さっとカブリーナ』の写真を掲載し、作り方についてはこのブログを紹介して頂けたら幸いです♪

 

ボールとカップ

 

写真を撮るときは、帽子スタンドがなくっても大丈夫!!

セリアのボール(空気が抜ける)とカップで、簡易スタンドが出来ますよ〜(゚∀゚)

 

 

 


<< | 2/139PAGES | >>