カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

第3回 かすや6町交流 キルト&ハンドメードフェア

福岡県粕屋郡の6町のキルターから手芸作家が集まり、町おこしイベント「キルト&ハンドメードフェア」が今年も開催されますキラキラ

 

6町持ち回りで3回目の今年は、篠栗町が中心で行われます。

 

篠栗町は、四国八十八箇所霊場で知られています。

町内各地に寺があり、札所を巡礼できます。

 

1番札所の南蔵院は、世界最大ブロンズの釈迦涅槃像で有名です。

ご住職は1億3千万宝くじが当たり、年末ジャンボの時期に話題としてテレビで良く取材されているので、目にしたことは有るのではないでしょうか?ニコ

 

金運かなうパワースポットで、観光客も多いお寺です。

 

何年か前に生徒に連れて行ってもらいました。

※その時の記事はこちらです『ささぐり南蔵院

 

本当に大きな涅槃物で、綺麗なお顔でした。

 

でもスミトン、5メートルの不動明王に会い、驚いたびっくり

 

ツレの守り本尊が不動明王なので、青息吐息、歩行困難な状態の時で山道はたいへんだったから、ツレに導かれたのかな?と勝手に思ってしまったよ〜

あれから少しずつ元気になって来てるんだよねえへ

 

でもね、相変わらず財布は軽いけどね〜

ご利益は、スミトンを通り越して誰かの元に、行ったらしい苦笑

 

 

 

話がそれたけど、生徒達が頑張って「キルト&ハンドメードフェア」に参加し、キルトを出展します。

 

かすや6町交流

 

お近くに行かれる時には、是非見て下さいラブ

 

「嶺井壽美子と仲間たち」と言う名前で参加しています。

 

地道な活動が年々大きくなって行っていますゆう★

 

カメの歩みか?牛歩かもしれませんが、いろんな教室のキルター・手芸作家だけではここまで来ません。

 

沢山の協力が有って成り立つことだと思います。

 

来年 第4回を開催するためにも、多くの方々に見て貰い、後押しして頂けたら彼女たちには頑張る力が湧きますキラキラ

 

 

以前も紹介した『かすや6町交流 キルト&ハンドメードフェア』の活動の起こりですが…

 

私の生徒の堤さんがキルトを介しての町興しが出来ないかと、長年の町議員活動をしながら、アイデアを温めてきました。

 

私も「キルトで町おこしが出来るといいね! パデューカのように、商店にもキルトを飾り、キルターと商店が一体になり、商店に有るキルトも見て頂けるようなキルト展が出来るように、堤さんに頑張って欲しい」とお願いしていましたが、もう3回目を迎えるのですゆう★

堤さんから話を聞いた我が生徒達、それから六町のキルトや手芸の先生たち、商店街の人達へと話が広がり、第1回が開催されました。

生徒4人も2014年にはパデューカを訪れ、キルトで町興しを目の当たりにしています。

 

多くの方々に見て頂け、賛同を得て3回目が開催され、4回目へとつながるのですキラキラ

6町を巡回、持ち回りでの「かすや6町交流 キルト&ハンドメードフェア」にした成果も出て来るでしょう〜

 

マザーテレサも言っています。

「私たちのすることは、大海の一滴の水かもしれません。でも、その一滴の水が集まって大海となるのです。」

 

堤さんの始めの一歩の行動力なくして実現はなかったと思うので、彼女の行動力に感謝ですラブ

 

 

 


日暮里繊維街

昨日娘と日暮里繊維街にいきましたキラキラ

 

娘と行くのは、初めての事です。

 

スミトンも5〜6年振りの事です。

 

最近は、ネットで購入するし、近くにユザワヤもあるし(最近パッチワーク用の布少ないけどね)、何より沢山の布を持っているので、少量の布購入に、日暮里繊維街迄出かけなくっても良いのです。

 

娘と出かけたのは、次回作に和柄の布が欲しく、娘のセンスに頼りたかったからかなぁ〜苦笑

 

端切れの整理に、レシートピーシングなどしているのに、なんと20種類41.5メーターもの布を購入です!!

 

沢山の布

 

総重量60キロびっくり

50代はこの体重だったけど、今は昔の話です〜トホホだよゆう★

これだと膝にも負担がかからないのにね…

 

それにしても、かなりの出費です汗

 

領収書

 

何故こんなに購入したのかと言うとね…

 

柄合わせ?色合わせする時にね、あれも買えばよかった…と後悔するのが嫌なのよね苦笑

 

今回使わない布は、次・次回作にでも使えばよいしさぁ〜

 

 

それにしても、買い物カートにパンパンだったよ顔

 

しかし、孫娘の入園グッズ作るのに、孫ご所望の布が無かったので、今夜ネットで発注しないとね汗

 

購入してきた布で、せっせとヘキサゴン作ろっと〜

 

 

布を買った後は、4日福岡の帰りに、娘と待ち合わせて行く予定でしたが、飛行機の遅れで行けなかった焼き肉屋さんに行きました。

 

初めてのお店だったので、いつものお店のつもりで注文したら、「お店の人に食べきれるかな?」と言われたんだよね苦笑

 

こんなこと言われるの初めてだったので驚きましたが、本当に食べきるのに四苦八苦しました汗

 

一皿の量が多く、一切れも大きい!!

 

帰りに店主が、「量が多かったでしょ? 自分が小さな肉では食べた気がしないので、ボリューム出してる」と教えてくれました。

 

このお店、娘と気に入りましたラブ

 

月一で食べに行っても良いかなぁ〜と思ったお店ですえへ

 

雰囲気も良かったよ〜

しかし珍しく写真撮り忘れました。

 

写真は、次回のお楽しみにゆう★

乞うご期待!

 

 

 


嬉しい出来事

スミトンめでたく今日から71歳ですゆう★

元気で今日を迎えられたことに感謝です。

生きたくっても生きられなかったツレの分も楽しく暮らしていくよえへ

 

 

12月に発売されたパッチワーク教室 冬号に、ヘキサゴンのボストンバッグが(P50)掲載されてから、島根県のキルターから一枚のファックスが届きました。

 

パッチワーク教室 冬号

 

内容は、ボストンバッグを作りたいけれど、わからない所が有るので、質問したいと言う内容だったような気がします。

 

我が家の電話は、万年留守電なのよ苦笑

 

何故かというとね…

 

お墓に生命保険、最近では、金銀の売り物は有りませんか?や仮想通貨買いませんか?等々、電話に対応するのが、めんどくさいのよね〜苦笑

 

警察からも「オレオレ詐欺にあわないように留守電にしておいた方が良いですよ」と指導が有ったのよね顔

 

そして、親しい間柄の人は、携帯にかけて来るから良いか〜と思うところがあるのよ〜苦笑

 

 

それで数日後にファックスの主に電話をしたのよね

 

その時に質問された事に答えたのよ

 

意外に親切でしょ?笑顔

 

 

まぁ、掲載されてない内容なら答えるのに躊躇するけどさ〜

だって月謝出してくれている生徒へ失礼じゃない!?

 

「仕上がったら写真送ってね」と約束して、電話を切りました。

 

 

24日届いた封書は、電話で話した島根県のKさんからでした。

 

ヘキサゴンのボストンバッグ

 

電話でのアドバイスのお礼の手紙に、出来上がったボストンバックの写真が添えられていましたキラキラ

 

「ミシンで縫った事がない所は、手縫いした部分もある」と詳しく書かれています。

 

「雑誌に掲載された作品を作りました」と写真が届くのは、本当に嬉しいですラブ

 

キルターしていて良かっな〜と思う瞬間でもありますえへ

 

Kさんは週一回、地元津和野町の小川公民館でキルト好き仲間と勉強会をしているそうです。

 

勉強会の名前は、『めぶきの会』

 

キルトを作りたい学びたいという仲間の集まりは、良い事だよね〜ゆう★

 

世界を見れば、日本のような免許とかに縛られないで、ギルドやグループで集まり、キルトを楽しむ人たちが大半です。

 

キルトは一時のような賑わいが減少してきたけれど、自主活動してる人達がいる限り定着するよね!

 

趣味などとしては、これから先も成り立つけれど、職業として成り立つのはごく一部だと思うよ苦笑

 

まぁ〜先生もピンキリだけどさぁ〜

 

スミトンは、ピンかキリか?きわどい所では有るね〜ワハハハァ〜顔

 

 

教わる時は免許ではなく、先生の知識や技量・指導力を見極めてから習うのが良いよ〜

そして一番は、相性です!!!

 

それといろんなところで、体験するのもよいよねゆう★

 

 

 


デンマークのキルターと会食

東京ドームのキルトフェステバルを見に、デンマークから9人のキルターが来日しましたキラキラ

25日には会場に入り、キルト展を鑑賞したらしいです。

 

26日、彼女達と会う朝 日本テレビスッキリを隣の部屋で聞きながら、出かけるための準備をしていました。

 

日本最大のキルト展がドームで行われ、海外からのお客様も多く、デンマークから…と聞こえたので、慌ててテレビを見ました汗

 

二人のデンマークからのキルターがインタビューを受けてます。

 

とっさに今日会う人たちに違いない、テレビを写真に撮らなければ!とセットしてたら、消えてしまったよ〜トホホだよゆう★

デンマークから来るなんて、絶対9人の内の2人に決まってるよ〜汗

撮れなくって残念だったよがっかり

 

 

デンマークからきたキルトツアーのリーダーのリズベットさんとは、長い長いお付き合いで、彼女は今回初めてツアーを企画したのです。

 

デンマークからのツアー

 

待ち合わせのシビックセンター椿山荘での会食ですキラキラ

 

いつも書くけど、ここでの食事は、ドームに行くと必須なのです笑顔

おもてなしには、一番良いのです!

東京を一望できるしね〜ゆう★

 

スカイツリーも良く見えてたよえへ

 

スカイツリー

 

 

今朝のテレビの話をしたら、一人は私の前にいる人でした!

 

日本食のお弁当ランチ、好評でしたよ〜ゆう★

 

椿山荘での会食

 

食べ終わり、プレゼントの交換です!!

 

9人分のお土産を頂きましたラブ

 

その中に良いアイデアだな、今度作ってみよう〜と思ったものが有ります。

 

デンマークからのプレゼント1

 

それは、レース編みの巾着ですが、元はドイリーで、周りに紐を通して巾着にしたものです。

巾着を開けると中にはアンティックのレースやコードなどがたくさん入っていましたキラキラ

 

プレゼントをあげる時に布の巾着だけでなく、これも良いな〜と感心したのです。

 

デンマークからのプレゼント2

 

巾着として必要なければ、紐を抜けば花器を置いても良いでしょ?

初めからドイリーとしてプレゼントするより巾着にして、クッキーやキャンデイーを入れてプレゼントも良い方法だよねえへ

 

 

もう一つスミトンが気になったのは、彼女たちの名刺です。

 

日本のキルター達には、あまり広がらなかったけれど、ATC(アーティスト・トレーディング・カード)を頂いたことです。

 

名刺

 

10年以上前に話題になった事は有ったけれど、最近聞かないよね〜苦笑

 

立川のジョイさんにより「こんな名刺作ったら話題になるよ〜」とATCの話をしたら、「アートだね。時間が掛かるね!

この様な名刺渡すのは、百万以上のミシンを購入してくれた人にだけだね〜」と笑い話になったよ〜えへ

 

本当に小さなアートだよキラキラ

 

日本でも本格的に流行ると良いね〜

 

でもキルター以外では、ATCは流行ってるらしいよ。

 

さて、30日は一年で一番楽しみにしてる新年会だ!!笑顔

今度はゆっくりキルトを見て、夜、頑張るぞ〜ビール

 

 

 


ScanNCut フル稼働

昨年娘に買ってもらった、ScanNCut CM650W

 

これが良い仕事をしてくれるのよね〜kyu

 

スミトン  年のせいか?もともとの面倒な事を避ける性格のせいか(人に言われると腹が立つけど、自分で言うのは何ともないね苦笑)、細かい線を引くのが嫌になって来たのよね〜汗

 

線引きしても曲がるんだものねぇゆう★

 

そこでScanNCutのドロー機能を使って線引きをしてるのです!!

 

ScanNCut1

 

ヘキサゴンを置いていくためのガイドラインを引いているのです。

 

ブラザーさんには、布にボールペンは使えないと言われたけれど、工夫好きのスミトン、しっかりボールペン使ってます笑顔

 

布の表にボールペンで線引いてるけれど、その線の上を縫うのでボールペンの影響は全くないのよねkyu

 

まぁ〜これは線通り縫えた時の話だけどさぁ〜顔

線引きでさえままならぬスミトンだもの、ミシン目が蛇行してたりも…苦笑

 

ScanNCut2

 

まぁ〜販売目的のキルト作りでは無い、自分が楽しむためのキルト作りだからさぁ〜

自分の好きなように作ればねっkyu

 

だって、30×59僂曚匹諒しか書けないから、200cm×200cmの物を作る時には、布を21枚ぐらい繋がらなければならないのがネックかな汗

 

願わくばScanNCut、もう少し広幅や長さが出来ると良いけどね〜

でもそうなると、マットの管理が難しくなるだろうし、値段だって大幅アップだよね…

ってことは、購入不可になるし、物は考えようだよね!

 

いろんな布引っ張り出して繋ぐ事考えると良い幅なのかもですニコ

 

一度ScanNCutをさわってみたらいかがでしょうか?

 

メーカーの「出来る」と言ってるもの以外に、貴女のアイディアを満足させてくれるかもしれません。

 

『かも』ですよ〜ワハハハァ〜顔

 

スミトン ScanNCutの回し者ではありませんよ笑顔

 

 

 


レジロール・ピーシングが富山の地で〜

昨日「ゆきんこの足跡さん」から写真付きのLINEが来ました。

 

『レジロール始めました。

どんどん進みます。

いいアイデア本当に感謝します!

年末から「平成の断捨離」しています。

今回は上手くいきそうです。』

 

と嬉しい添え書きが有りましたゆう★

 

こちらこそ感謝だよkyu

 

レジロール・ピーシング1

 

写真には、レジロールにペーパーピーシングした巻きが、ミシンと一緒に写っています。

 

なんて上等の端布だ事マジで

 

スミトンの端切れとは大違いです〜ゆう★

 

 

昨年「キルトスタジオ志布のつぶやき」さんがお店のレジスターに合わないレジロールを購入し困っていたので、良い事を知った、皆にXmasプレゼントした…と言っていたから、きっとそれですね!

ばらしちゃったよ〜笑顔

 

 

生徒のHさんと違い、ミシン付属の糸スタンドでなく、別枠の糸スタンドにレジロールを通しています。

便利な物を見つけたね〜ゆう★

内情は知っているけれど「ゆきんこの足跡」さんが書かれるでしょうから、内緒ですえへ

 

 

写真をブログにアップして良いかと「ゆきんこの足跡」さんに聞いたら、「アップ許可(笑)」という彼女からのお許しとともに、昨日より少し大きくなったレジロールピーシングの写真も届き、布はリバティーと書いて有りました。

やはりね〜リバティーは違うねキラキラ

 

レジロール・ピーシング2

 

 

それにしても嬉しいよね〜

ブログに書いたことを実践してくれるという事は、感激ですラブ

 

我が生徒はHさんだけで、他の生徒はそれどころでは無いけどね…苦笑

 

秋?に予定している作品展の事で頭が一杯だから、下手に何か言おうものならスミトン、クビになるかも苦笑

 

「キルトスタジオ志布のつぶやき」さんがレジロールをプレゼントした生徒さん達が、わが生徒達より先にレジロールピーシングを完成させるね顔

きっとね〜

 

それで、どんな作品が出来るのか楽しみだよね!

 

我が生徒達も、作品展のキルトが一段落したら、きっと端切れも沢山出るでしょう。

皆とその端切れを使って、レジロール・ピーシング・テープで、チャレンジキルトを作るかなえへ

 

そうしたら、それぞれに面白い、同じものが二つとないキルトが仕上がるだろうね〜ニコ

 

 


レシート・ペーパーピーシングから

恩送りVol.3 レシートの使い方」を見て頂いた方々から、凄いアイデアだとお褒めの言葉を頂き、調子に乗ってるスミトンです笑顔

たまには褒めて貰わないとね〜

怖い顔と恐れられてばかりではねぇ〜悲しいよ顔

 

生徒のHさんは子供も大きくなり、暮れに大掃除もすることなく(普段から綺麗にしてるからだよね〜)、ひたすらレジロール紙に端切れを縫い付けていたらしいです。

 

ミシン大好きなHさんらしいですゆう★

 

そして12月29日にLINEで写真が送られてきました!!

とうとう直径4センチのレジロール紙、一度も切れることなく縫い切りましたと報告が来ましたえへ

 

レシート・ペーパーピーシング・ロール1

 

直径4センチのレジロール紙に布が縫い付き、直径33僂曚匹砲覆蠱疾擇譽蹇璽襪僚侏莨紊りです!

 

レジロール紙に関しては、メーカーの説明にも何メートル巻きかという事は書いて無く、直径4センチと幅6センチのみ書かれています。

 

縫い終わり、紙からはみ出た布のカットをしながら長さを測ったら、65メーター有ったそうです!!

驚きましたっマジで

 

綺麗に両端始末された、レシート・ペーパーピーシング・ロールは、美しいね〜キラキラ

 

完成させるのに毎日コツコツと積み重ね、1か月弱かかったってよ。

これがキルト作りの真髄かもねニコ

 

レシート・ペーパーピーシング・ロール1

 

Hさん、やり遂げた達成感で、燃え尽き症候群にならないようにね〜

これからが本番だよ〜アハハハァ〜顔

 

 

ここまで出来たら後は、好きなものに利用簡単だよねぇ

レシート・ペーパーピーシング・ロールのままで貰っても、一般的に人様は喜ばないからね〜

作品なんでも良いから作るんだよ!

私はこの状態のままでも良いから、欲しいけどさぁ〜笑顔

スミトンに、今年も「欲しいよお化け」がついてるよ顔

 

 

スミトンもレシート・ペーパーピーシングが沢山たまったので、正月早々保険証兼通帳入れにもなるポーチを作ってみました。

 

保険証兼通帳入れ

 

端布使うには、巾着にするのが手っ取り早いんだけどね、目新しく保険証兼通帳入れを作ってみたのよね

需要多いんだもの〜

診察券が4枚(入れる気だともっと入るけどね)・おくすり手帳等沢山入るようにしました!

 

保険証兼通帳入れ2

 

後期高齢者になると診察券も1枚や2枚では無いんだってさぁ〜苦笑

表のみ公開 裏はシークレットです〜アハハハァ〜

 

 

端切れがここまで繋がれていると何を作るにも簡単ですよ

それに、型紙が同じでも、レシート・ピースワーク使うと同じものが二つと出来ないのが良いよねゆう★

 

そうそう「恩送りVol.3 レシートの使い方」で、我が家はレシートが少ないからレジロール購入したと書いたけどね、少ないのではなく、貰うとすぐ捨てていたのよね〜

だって家計簿付けていないからさぁ〜汗

 

意識し、捨てないで持ち帰ったら、レシートの山だったよ〜顔

レシートに書かれてる食品、これのほとんどが私のお腹に消えたんだよね…

そりゃあ、腹回りも太くなるわけだよ〜トホホだよゆう★

 

だからね、意気込んで購入したレジロール、なかなか出番が無いのよ汗

 

今年こそレシート・ペーパーピーシング・ロールにチャレンジして、端切れ片付ける事にしようっと〜テゴシマーク

年頭に決めた事でした!

 

巾着婆さんではなく、端切れ婆さんに改名ですっkyu

 

 

 


今年最後のレッスンは

東京・福岡クラスの最後のレッスンは、クリスマス布で作るヘキサゴン

 

下記の約束は有りますが、全て自由に自分で良い塩梅に作るのです。

ー分の考えで一辺が2.6僂離悒サゴンを自由にデザインし、タイルのように並べる事。

▲ルトの出来上がりの大きさも自由。

アップリケのデザインは渡しますが、その中から自分で自由に選んで良い。
 

『良い塩梅に』と言われるのが一番難しいよね〜顔

でも、全員が同じ出来上がりになるのが、私は嫌なのです。

それでは、生徒の持ち味が発揮されませんからね〜キラキラ

 

多くの生徒は、アップリケは間に合わず、来年の仕事になりましたが、4人だけ仕上げたので、写真をアップしますゆう★

 

東京のHさんは、サンタクロース・天使・スノーマンなど顔が有ると可愛く仕上がらないとの事でこれらをパスしましたが、その代わりに手作りのボタンを沢山飾りました!!

 

クリスマスキルト3

 

このボタンを作るのって時間がかかるのよね〜

凄い事ですキラキラキラキラ

 

ボタン

 

「私にも頂戴」と言って、ちゃかり貰っちゃっいました〜

凄く得したよね笑顔

 

 

福岡のMさんは、渡したデザインを刺繍プロを駆使してデーター化し、ミシン刺繍機でアップリケです。

これも一歩進んだ方法だと思います!

クリスマスキルト2

 

 

同じく福岡のSさんは、サンタクロースとスノーマンを二組アップリケし、ベル・星等々も沢山アップリケして可愛い仕上がりになりましたゆう★

充分素敵に仕上がってるのに、ベルの周りを金糸で刺繍するそうです。

クリスマスキルト1

 

福岡のHさんは、この状態で「とりあえず」だそうです

では完成してらどのようになるのかな?

来年のクリスマスもこの状態だったりしてね〜

 

クリスマスキルト4

 

各人各様のクリスマスタペストリーです。

 

来年には、他の皆はどのようなクリスマスキルトを見せてくれるのか、楽しみですえへ

 

 

 

そしてスミトン家のクリスマス晩餐は、Mさんから送られてきた牡蛎で豪華な生牡蠣パーティー?をラブ

 

美味しかったよ〜ペコちゃん

 

牡蛎

 

そうそう、娘がね、生牡蛎の美味しい食べ方を調べたら、タバスコが出て来たんだってさぁ〜マジで

 

家に少し残ってたけど、新しく購入してきて、タバスコをかけて食べたらね、これが美味しいのよね〜kyu

 

タバスコって、生牡蠣に付けるために作られた…という説もあるらしいです。

 

タバスコ

 

これから食べる機会が多くなる生牡蠣、食べた事ない人は1度タバスコで食して見て下さいキラキラ

 

 

生牡蠣堪能し、次の日は、殻を器に一個づつチーズ焼きにして頂きましたペコちゃん

 

Mさん、ご馳走様でしたラブ

 

 

 

一年良く働いてくれたブラザーミシン・イノビスVF1に感謝を込め来年も活躍してもらう為に、立川ソーイングミシン ジョイさんにメンテナンスに出しました。

メンテナンスされて戻ったら、もう一台のイノビス5000もメンテナンスに出します。

故障しなくってもメンテナンスに出すと、ミシンは良く働いてくれますよゆう★

 

 

そしてスミトンは、24日のクリスマスイブ、サンタクロースで遊んでみました。

Siriに「サンタクロースの追跡は?」と聞くとね、サンタクロースが今どこにいるかわかるwebが沢山出て来てね、その中からスミトンは、googleで調べたのよね

 

そしたらね、サンタクロースは、19時30分頃マーシャル諸島でプレゼント配っていました。

後3時間30分で着くと出たけれど、我が家にはサンタクロースが来なかったよ〜アハハハァ〜涙

 

小さい子供がいたら、「もうすぐ来るから寝ようね」と言えるかもしれません。

サンタクロースを待ってるお子さんがいる方は、来年のクリスマスには、是非見て下さいkyu

 

年中見れるサイトもあるようですが…

 

 

今年も スミトンブログに来て頂き、ありがとうございました。

 

来年も平穏無事、キルトづくりを堪能出来ますように!

そして、『福だけ』が飛んでくる良い年でありますように…意味深かな?顔

 

皆様 良いお年をお迎えください。

 

 

 


3日4日と福岡に行ってたよ

いつもは土曜日に行くのに、今回はホテルが取れなかったのです…

なんでも東方神起のコンサートが有るかららしいけれど、ファンでないスミトンには迷惑なんだよねゆう★

 

いつもは、前泊するのにホテルが取れ無いので、当日日曜日の朝(3日)8時20分の飛行機に搭乗です汗

 

搭乗まで、50分もゆとり持って家を出たのに、池袋に着いたら「京浜東北線で人身事故が起き…」とアナウンスが有ったよ困る

 

どれだけ遅れるのか心配になったよ〜

 

結果、30分の遅れだけで済んだけれど、空港に着いたら通常方法では荷物を預けられず、別窓口で預けたよ!

 

こうゆう時に限り保安検査場も混み、搭乗口にはぎりぎりだったのよね苦笑

電車と違い、飛び乗れないからね〜飛行機さぁ〜

 

座席に着いたら朝からの疲れがどっと出たよゆう★

 

 

福岡空港には迎えの二人が来てくれて、顔を見て安堵したよえへ

 

今回のクラスは、来年展示する作品の話や、今フリーモーションキルティングで絵を描いている作品の確認、

そして、同時進行でクリスマスのタペストリーのアップリケ図案を渡し、盛り沢山の授業です。

 

おまけに、ヘキサゴンでの巾着作りですゆう★

ヘキサゴンやペンタゴンの置き方を間違えなければ、作るのは簡単なのです。

 

皆、置き方間違わないようにスマホで写真を撮っていました。

 

文明の利器は便利だよねテゴシマーク

 

製図渡すより実物を並べて、視覚に訴えるのが一番良い方法だよ〜

巾着は、おまけの講習だもの〜アハハハァ〜-▽-

 

各自銘々の仕事を進めていますゆう★

 

 

ゑびすIZKAYA1

夜は、粕屋郡志免町東公園台にある「ゑびすIZKAYA」での夕食、コース料理でしたキラキラ

このお店には、皆の作品を展示して頂いているらしいです。

 

お料理は、とっても美味しかったですよ〜

 

写真は、お料理のごく一部です。

ゑびすIZKAYA_2

 

福岡の有名ホテルの料理人と言うキャリアを持つオーナーが作る料理は、和洋折衷でした。

 

大皿から分ける料理が出たり、銘々のお皿で出たりとメリハリがしっかりした料理運びでした。

 

ハマグリとマツタケの蒸し物

ゑびすIZKAYA_3

 

器も盛り付けも素敵でしたキラキラ

 

お近くに行った時には、お薦めです!!

 

 

朝からハラハラドキドキだったけれど、皆の笑顔を見て飲むビールは、格別の美味しさ〜ビール

疲れが取れるよね笑顔

 

ゑびすIZKAYA_4

 

次回は3月、コンサートとぶつからないで欲しいよ〜

 

帰宅してすぐに予約しました!

 

やはり、前泊が楽だものね〜えへ

 

 


パッチワーク教室NO9に掲載されたよ

発売中のパッチワーク教室に、ヘキサゴンのボストンバッグが(P50)掲載されましたラブ

 

パッチワーク教室No.9

 

それでは、ボストンバッグが掲載されるまでの、スミトンのてんやわんやを〜苦笑

 

ボストンバッグに使われたヘキサゴンの手法は、ヘキサゴンどうしを繋がないで、タイルの目路のように隙間が空いています。

目路の役割の台布により、同じヘキサゴン布でも、表情は違ってくるので、布の不思議を体感できるかな?

おばあちゃんの花園等を作られる方々には、珍しい手法だと思います。

 

依頼を受け、キルティングの状態まではスムーズにはかどり、もう一日でボストンバックに縫製できると、締め切り日迄余裕でしたニコ

 

余裕があるので、以前から見たかったモダンキルトを見に上野迄出かけ、久しぶりに友達とお茶なんかして帰宅

その晩、夕食作りで親指負傷…_| ̄|○

 

この事は「アロンアルファーにお世話になりました。」で書きましたので、見て下さい顔

 

あんなにゆとりが有ったのに、縫い針はもちろん待ち針も使えないがっかり

 

仕上げてから行けばよかった…と頭の中では、後悔の渦が…

 

自分の不注意で締め切を延ばしてもらい、本当に編集長さんにはご迷惑をおかけしてしまいました。

トホホだよ〜ゆう★

 

この本や作品を見るたびに迷惑かけた事、親指の疼きは忘れないようにしょう〜苦笑

 

ヘキサゴンのボストンバッグ

 

ここでは私が撮影したボストンバックを載せますが、本には作ってみたいと思うような、とっても素敵写真が掲載されてますキラキラ

 

作り方なども書かれていますので、是非本を手にして見て下さい。

 

多くの方が作るペーパーライナー法のヘキサゴンでは無いですよ〜

 

本では7僂寮喫形の布から、ゼムクリップを使って作るやり方も載っています(P84)。

 

是非「パッチワーク教室」を手に取って私の写真と比較してください。

ど素人写真との違いが明らかですよ〜アハハハァ〜顔

 

正方形の布から作るヘキサゴンについては、いずれ恩送りでも詳しく書きますね〜

 

乞うご期待ゆう★

 

 


<< | 2/16PAGES | >>