カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

くるりんカッター

スミトンは、道具が無くっても螺旋にカットする方法を、ユーチューブで見て知っていたので、いずれ試そうと思いながらも、娘と二人の生活では、蛇腹切りで充分お皿を飾れるからね〜
らせんカットまで手を出さなかったのよ笑顔

先日、百円ショップであれこれ物色していたら、くるりんカッターなる物を見つけました!
くるりんカッター1

説明書を読みながら、ジャガイモやきゅうりなどをこんなに簡単にらせん状にカットしたら楽しいだろうなと思ってしまいました。

手間をかけなくっても簡単にできる道具が百円で買えるのです〜
即買いです〜ワハハハkyu

思うように使えなくっても百円じゃ惜しくないです〜
アリとキリギリス 今が楽しければ良いキリギリス派のスミトンです…苦笑

こんなこと言ってるからお金がたまらないんだよね〜アハハハァ〜苦笑

ちりも積もればの精神が、スミトンに欠如しています…
大切なことなのに〜はあぁ〜ゆう★


即、くるりんカッターを使って試したよ〜
くるりんカッターのハンドルまわすより、ジャガイモ回すほうがきれいにらせんになったよ〜
ハンドル回すと長いらせん状にならなかったのよ(笑)
くるりんカッター2

しかしね、らせんにしたジャガイモ、油がたっぷりの深鍋でしか揚げられないのよ…

それに、思ったより美味しくなく…トホホだよ悲

ただのフライドポテトの方が美味しいよ〜
小さい子供がいると楽しいかも知れないけれど、大人二人ではそんなに楽しかないのよね顔

食べにくいしね苦笑

スライスして揚げた方が、油も少なくってすむし、食べやすいし美味しいよ笑顔

やはりムダ買いだったよ汗

子供が沢山集まる富山で、今度使ってみよう!
それまで引き出しに入れとこ〜っと。

富山に行く時、思い出すかが問題だけど!!!!!苦笑

追記:
2枚目写真の螺旋ポテトの櫛をさしているニンニク型の入れ物は
ruru*さんから頂いた JA十和田おいらせ 青森県産『プレミアムにんにくパウダー』でした〜
ちょっとかわいいでしょ〜ゆう★

ちなみにruru*さんは、今月末からご友人お二人と『あにまる展』に開催されるとのこと!
ご興味のある方は下記ページで詳細をご確認ください!

ruru*のぽっけ
あにまる展のお知らせ
http://rurunicoru.blog.fc2.com/blog-entry-157.html

スミトンもお友達と見に行く予定ですテゴシマーク



 

若松葉がに

4日朝 NHKあさイチを見ていたら、鳥取では今頃、松葉かにの脱皮したばかりの若松葉かにを食べると放映していました。

スミトンが小さい時から食べていた越前かにと松葉かには、同じもので、所変われば名前が変わると言うカニです。

成長したカニの味は分かるけれど、鳥取県民が毎日でも食べたいと言う若松葉かにの味はどんな味なんだろう…と興味津々です

司会者がネットでも取り寄せできると言ったのを聞き、通勤電車の中だろう娘にLINEしました。

「若松葉かには、松葉かにの10分の1で購入できるんだって〜。食べてみたいよ!」と。
「甲羅がぺこぺこしてるんだってさぁ〜」と、今見てる情報を右から左へと娘にながしました

何回かやり取りした後、「購入したからね。5000円程だよ」

会社に着く前の一仕事、娘に散財させました


木曜朝に頼んだ若松葉カニが、昨夜(金)届きました。

かにとしてはやや中ぶりのものが三杯入っていました。

若松葉ガニ1

テレビで言ってた通り、殻はやわらかく、裁きやすく、お刺身と、かに鍋でいただきました

若いせいか、お刺身としては身がやわらかく、物足りなく感じました。

鍋にした方がスミトン家では良いようです。
一回で完食しましたっ!

若松葉ガニ2


越前かにの身がぎっしり詰まったものを食べなれてるスミトンと娘には、珍しいものを頂いたと言う感しかなく、次又注文するか?と聞かれたら、お手ごろ値段とは言え次はないかも知れません

でも、その地域の人しか食べられないものが、どこでも手に入るのは『便利な世の中』になったものですね〜




チリ産の赤海老

昨年あたりから近所の西友で、良く見かけるようになったチリ産の赤海老。

有頭海老でからもやわらかく、身も美味しいのですが、買う人は少ないようで、売り切れに成る事は少なく、いつもあります。
たぶん、スミトン思うに7〜8尾入って350〜400円と値段が安すぎて、主婦に警戒されているのではないかと思います

赤海老を見ていたご主人が、奥様に向かって大きな海老が安いから買おうと言ったら、奥様の返事が、こんな安い海老信じられないと言って買わないで行ったのを見ると、海老は高いものと思っているのかな?

赤海老を扱っている業者を見ると、ボタン海老に匹敵する美味しさと書いてあったよ〜

海老好きなスミトン家には、焼いても揚げても美味しい、とっても重宝な海老です


ってことで、コストパフォーマンスが良すぎる赤海老を、節分の日に2パック買ってきました。

赤海老1


スミトンは、我が家の習慣に無い事、マスコミの宣伝に踊らされ恵方巻を食べる事はしません〜イヒヒヒ

赤海老は15尾入って800円ほどで、恵方巻1本より安いです!
しかも1尾の大きさは、頭から尾まで16センチほどの大きさです。

恵方巻に逆らっての赤海老のから揚げです(笑)

赤海老の背ワタを取り、すりおろしたにんにくと塩コショウをして味をなじませてから、片栗粉をまぶしてサラダ油であげました。

出来上がった海老のから揚げの写真を撮っていたら、娘が「母ちゃん、写真撮るならパセリぐらい彩に添えれば良いのに」と言われてしまいましたトホホホです〜

赤海老2


赤海老のから揚げは、残すことなく全て食べる事が出来ます。

カルシウムたっぷりです

ワインやお酒のつまみにも重宝しますよ〜

一度は食べてみてください。



 


紫花豆とお屠蘇作ったよ

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたしますラブ

昨年暮れ正月のためにお屠蘇と紫花豆を作りました。
作りましたと言ってもお屠蘇は、お酒とみりんを合わせ、その中にお屠蘇の素を入れるだけで超かんたんです。
お屠蘇の素は生徒のKさんから頂いたものです。
お屠蘇


普段から甘く感じる煮豆等は、スミトンの家では作りません。
正月の黒豆は、富山に帰った時しか食べないのですが、花豆だけは娘が食べてくれるのです。

一昨年、Kさんのお宅に集まり移動ポケットの袋詰めをしていた時に、Kさんが紫花豆ごちそうしてくれました。
皆 その紫花豆の大きさと美味しさに驚き、新物が出来たら購入して欲しいと皆でお願いしたのです。
11月に入りKさんが、小淵沢の別荘近くの農家から購入してきてくれました。
一人10キロずつお願いしたのですが、人気が有るらしく8キロしか購入できませんでした。

ヒロトンの嫁にも送ったら、こんな大きな紫花豆を見たのは初めてだマジで と言っていました。
そしてお約束通り弟ヒロトンは「こんな大きな紫花豆初めてだから、植えてみたい」とヒロトンの嫁から30粒もらったそうです(笑)
ヒロトンが上手に育てることが出来、30粒が倍々になると嬉しいけどな〜笑顔
スミトン欲から言うのではありませんよ…
ヒロトンの植えた紫花豆が上手に出来ると、ヒロトンは周りの人に自慢し、作る人を増やし、ヒロトンの輪が広がり、生甲斐にもつながっていくのでは?と思うのですよ〜
姉心ですよ〜テゴシマーク

スミトン暮れから2日掛かりで作った紫花豆はとても大きくふっくらと美味しく出来ましたよ。
正月の間、おやつ代わりに紫花豆の甘煮を頂きます。
紫花豆


サイズがわかるように、一番右に普通の枝豆、真ん中は紫花豆の煮る前(煮る前も普通の花豆より大きいです)、
そして一番左が今回甘煮した紫花豆です!
大きいでしょ〜ゆう★

暮れに氏神様への年末詣でもすましたし、今年のお正月は布の整理大掃除しようかなぁ〜笑顔

 

我が家のドレッシング2

だいぶんドレッシングから話がそれました。

今年になって、娘の肌乾燥がひどくなってから、亜麻仁油を一振りしてから、昆布ポン酢をかけます。

オイルを使う時は、オリーブオイルを使っていのですが、亜麻仁油の味サラダのほうが、スミトンと娘の口には合うので、我が家からオリーブオイルは消えました。

オリーブは食べますよ…漬物代わりに、娘も私も大好きですから! ワインに良くあいます。

野菜にじかに亜麻仁油油をふりかけ昆布ポン酢をかけると、ドレッシングボトルなどの容器を洗わなくても良いのです(笑)
洗剤や余分な水を使わないし、地球に優しくエコでしょう! な〜んて嘘ですよ〜。スミトン、そんな事など考えていません…食器洗いを増やしたくないだけで〜す


昆布ポン酢には、醤油や酢などいろんな調味料が入っているので(不必要な香料・増粘剤なども入っているけど〜)、いろいろそろえる手間が省け時短です。

ドレッシングボトルでシェークして、乳化させるともっと美味しいのかもしれませんが、ドレッシングボトルで作らなくとも野菜になじみ、食べれます…スミトンたちはね(笑)


スミトンと娘は、 亜麻仁油を二種類使ってみたら、メーカにより微妙に味の違いが有りました。

紅花 亜麻仁一番搾り 170g
紅花 亜麻仁一番搾り 170g
メーカー:ベニバナ
価格:¥976

紅花食品株式会社の亜麻仁油(ニュージーランド産)は、飲むと苦味が口に残りますが、ドレッシングに使うには、野菜の味を引き出してくれるので、スミトンたちはコレを使っています。

ニップン アマニ油 100g
ニップン アマニ油 100g
メーカー:ニップン
価格:¥658

日本製粉株式会社のアマニ油(カナダ産)は、癖が無くサラっとしているので、亜麻仁油初心者にはピッタリで、健康のために一匙飲む用なら、コレが良いのかも。

日本製粉株式会社と紅花食品株式会社の亜麻仁油は、近所の西友に置いて有るので、買いやすいです。

麻の実油 230g
麻の実油 230g
メーカー:ヘンプキッチン
価格:¥1,890

もう1つ、これは亜麻仁油ではないのですが、娘がネットでいろいろ調べて、株式会社ニュー・エイジ・トレーディングの麻の実油(カナダ産)が評判よいと、こちらに変更しました。

アーモンドの香りがするとネットに書かれていたそうですが、鼻の詰まっているスミトンには良くわかりませんが、飲みやすいです。

近所には売っていないので、娘が会社帰り池袋の自然食品売り場で買ってきます。

スミトンも亜麻仁油、途中から麻の実油をスプーン一杯、娘と同じように飲んでいたのですが、止めました。

痩せている娘と同じことをしていると、悲しいかな…スミトン太るのです…
スプーン一杯90カロリーは、動かないスミトンの身体が健康になる前に、脂肪として身体に付くのです…
こんな事の積み重ねが、体力75歳と言われた元凶です…


スミトンは、西友に売っている亜麻仁油も、娘が買ってくる麻の実油も、多少成分の違いは有るけど、同じ麻から取れるものだと思って、最初このブログを書いていました。

書きながらこの事を娘に話したら、「違うから!」と言われ、麻の実油と亜麻仁油の違いと言うページを開いてくれました。
※興味の有る方は「麻の実油 亜麻仁油 違い」で検索してみて下さい。いろいろ書かれているページがあります。

驚きました!! 原料が違うのですね…トホホホです。

亜麻仁油(フラックスオイル)は原料は亜麻(アマ)、英語名:Flax(フラックス)別名:リネン→アマ科

麻の実油(ヘンプシードオイル)は、原料は麻(アサ)=大麻(タイマ)、英語名:Hemp(ヘンプ)→アサ科

麻の実油がすぐれている事など「麻の実油」と「亜麻仁油」の違いで書かれているので見てください。

スミトンのように同じだと思っている方は、勘違いしている事が良くわかります。

スプーン一杯健康のために飲むには、麻の実油なのかな?

でも、くれぐれも飲み過ぎないように!! スミトンのようにならないために…



我が家のドレッシング1

スミトンが作るサラダドレッシングは、手抜きです〜ワハハハ〜

市販のドレッシングは、油性分がが多く、好みの味の物が無いのでめったに使わず、ほとんどの生野菜サラダは昆布ポン酢(ヤマサ醤油)だけをかけてあっさり味で食べます。
マヨネーズも使いません

たこサラダ

写真のたこサラダは、最近たこが安いせいか頻繁に食卓をにぎわせてくれます。
たこは、どんな野菜とも合うから便利だし!
この量で二人前です…多いって…? そうです、普通の家庭なら四人〜六人前は有ります…
でも二人でなくなるのです…煮た野菜に換算するとたいした事無いですよ〜
ご心配なく


開運のあゆさんブログに、たこについて下記のように書かれていたけれど、スミトン知りませんでした。

関西では、昔から、「たこの足のように大地に広がって稲の根がしっかり育つように」との願いを込めて、夏至から数えて11日目頃の半夏生(はんげしょう)に、たこを食べる習慣があったと…

たこは半夏生のころ良く獲れるからね〜
獲れたら売らなければならないから、賢い人が売るために考えたんだろうけれど…
しかし、毎年くり返すことで伝統になる。

日本人ってキャッチコピー上手いよね〜
っていっても、他の国の事は知らないけどサ(笑)

土用のうなぎも平賀源内が、うなぎ屋に頼まれて考えたと言われているし…

恵方巻きも、大阪地方を中心に、節分に食べると縁起が良いと食べられていたものを、1998年にセブンイレブンが恵方巻きとして全国に広め、15年余りで日本国中、恵方巻きが行き届いた…
海苔屋さんには嬉しいことだよね〜
しかし日本の海苔が使われているかは、疑問だけどね。
皆さん、来年は日本の海苔か確かめて購入してくださいね! これ以上は書かないけど〜


スミトン始め日本人て、皆と同じが好きだよね〜
個性が無いといわれるけど、縁起が良い、身体に良い、恵がある…このような言葉が添えられていると抵抗無く、隣の家と同じもの食べる事が出来るから、コレの積み重ねが食文化になっていくんだよね。

でも、スミトンは、皆と同じにしないものがあります…
土用のうなぎは食べない…嫌いではないけれど、土用に食べなくても良いです…
そしてどちらかというと、焼き鳥の方が好きです〜

<つづく>



黒いチャーハンが出来たわけ

先日、娘が「初めてみる人参があったから買って来たよ」と、スミトンに手渡しました。
この日は、スミトンなんだか非常に疲れていて、珍しい人参と芽キャベツを買ってきたのだな…と袋をよくみないで受け取り、「明日食べようね」と言いながら、芽キャベツを冷蔵庫に入れませんでした。

次の日の夜、「炒飯でもしようか?」と、台所に行き、芽キャベツの袋を見つけました。
袋を開けると、芽キャベツは、見事に開いています。
アァ~娘よ、ゴメン、母ちゃん冷蔵庫に入れなかったから、芽キャベツ開いてしまった…
開いた芽キャベツをグラスに一つ入れて、花代わりにツレのところにおいてくれる?と娘に渡しました。
娘が微妙な顔で、「母ちゃん何を言っているの? 腐らせたの?(毎度の事なので〜) コレは芽キャベツじゃないよ? はじめから開いていたけど…」
えぇ〜!? 慌てて袋を見たら、『プチヴェール』と言う洒落た名前で、ケールと芽キャベツを交配して出来た物でした。
娘の話をきちんと聞いていなく、思い込みの激しいスミトンです。
良かった、芽キャベツが育ったのでなくてっ

プチヴェール

プチヴェールは、ゆでると色鮮やかなグリーンになり、彩りに良いです。(お皿の上がゆでた方)
スミトンは、マヨネーズをつけて食べましたが、ケールと芽キャベツの二つの味がしました(笑)
お料理を工夫すれば、もっと美味しくいただけるのだと思います。
袋に『野菜の苦手なお子様にも』とかいてありますから〜

ビタミンC・カロテン・鉄分・カルシュウムの含量が多く、栄養バランスに優れていると書いてあります。
元は、ケールと芽キャベツですから! 野菜ジュースの要ですからね!

人参は、『ミスパープル』と言う、人の名前のようなネーミングです。
みただけで、アントシアニン・ポリフェノールの含有量が多そうで、皮をむいても、外側は紫色で、手に紫の汁が付きます。
半分に切ってみたら、中は普通の人参色です。
人参スティックにして、生でいただきました。
昔の人参のように人参の味がしっかりしました。
最近の人参は、人参の香りが薄くなっているので、『ミスパープル』は好みの味でした。

ミスパープル


まな板の上に、ミスパープルの皮が残っていたので、皮にこそ、アントシアニン・ポリフェノールが多いのだから、捨てるのもったいない!と(野菜をよく腐らせるのに、ご都合主義のスミトンです)、みじん切りにしてフライパンの中に入れ炒めました。
入れたとたん、先に入っていた玉葱など野菜が黒くなっていきました。
ご飯を入れていためると、黒米で作った炒飯のような仕上がりです。
もちろん、味は美味しかったですよ、スミトンが作ったのですから!!

黒いチャーハン

恐るべし威力、『ミスパープル』!!

さらに後日、輪切りにした人参を天ぷらにしたら、すごくホクホクで甘くておいしかったですよ!
オススメの食べ方かと

ちなみに、ニンジンシルシル(千切りニンジンの炒め物)にはむかなかったなぁ〜
卵を入れたからなおの事、味は美味しいけど、色見が…
卵が真っ黒になって、食欲が湧かないかも〜


 


ブルーベリー

青森のIさんから「ブルーベリーを取りに車で40分のところまで行ってきたから、スミトンにも送ったからね」と 電話が来ました。

彼女はジャムを作るのだそうです。
「フレッシュなブルーベリーを摘んできて、ジャム作るなんて優雅だね!」と言ったら、田舎に住んでいるとジャムぐらい作れないと、生活できないと言っていました。

そんな事ないと思うけどね〜
うらやましいです。

スミトンは届いたら、手ですくい生ブルーベリーを口いっぱいほおばって食べよう!と思いました

自分で買うブルーベリーは、スーパーで売っているパックですから、そんな食べ方をすると一回でなくなります

ちまちま一粒づつ食べなくて良いのですから、子供のように届くのをワクワクしながら待ちました。


翌日届いたブルーベリーは大粒で、1キロ有りました!!

ブルーベリー1


こんなに沢山のブルーベリーがスミトンの家に届いたのは初めてです

冷凍のブルーベリーを1キロは買ったことは有りますが、フレッシュなブルーベリーは我が家では初めてです。

娘が帰る前に、口が紫になるほど食べました(盗み食いは、美味しさ倍増です〜

ガバット口に入れようと思ったのですが、あまりにも粒が大きいので1粒づつ つまみました(笑)

夜、娘も食べたのですが、なかなか減りません。

あまり長く冷蔵庫で置いても鮮度が落ちるだけだと思ったスミトンは、Iさんのように優雅な気分になろうと、2日後にジャムを作りました。

ジャムはブルーベリーの半分の砂糖を使うのが普通ですが、スミトンは三分の1の量の砂糖で作り、その分レモン果汁を多く入れて作ります。

甘すぎるジャムは苦手なのです。

煮詰めるのも市販のジャムのようにかたくなるまでは煮ません。ガスレンジの前に何時までも立っていたく無いのです…手抜きなのです。

自分で食べるのだから、スミトンの好きで良いのですっ

手抜きジャムでも市販のジャムより美味しいです!!(あくまで個人の感想ですが…)

ブルーベリー2


ヨーグルトにかけると最高で〜す!!!!!




晩白柚で柚子胡椒もどきを作る

今年も 福岡のHさんから、大きな大きな晩白柚(ばんぺいゆ)が2個届きました。
Hさん,毎年ありがうございます!
1個は息子に届けました。
スミトンも、息子も、自前では買えません。貧乏親子ですから(笑)

晩白柚胡椒1

昨年は皮を砂糖煮にしました。
喜んで食べてくれたのは、生徒たちでした。

砂糖煮を教えた生徒の一人は、晩白柚をいくつも貰うらしく(うらやましい)、頂くたびに砂糖煮を作っているそうです。
ご主人が好きなのだとか〜
作る後から無くなると言っていました。
彼女は友達にも教え、砂糖煮の輪が広がっているようです。
ジャムを作る人もいるのだとか?
他のかんきつ類より、皮の量が多いので沢山作れるといっています。

でも、スミトンと娘は、一切れずつ食べただけです。
考えたら、我が家は砂糖煮のような、甘いものをあまり食べないのです。
ケーキ・饅頭などは頂きますが

娘に、今年は砂糖で煮るのは止めて、乾燥してお風呂に入れた方がいいのでは?と言われました。
スミトンも同感です。

でも他に使い道ないのかなぁ〜と思いパソコンで料理のページを見ていたら、レモン胡椒やミカン胡椒の作り方が紹介されていました。
レモンやミカンで柚胡椒に似たものが出来るのなら、同じ柑橘の晩白柚でも出来るのではと、チャレンジしてみました。

皮の黄色いところがすけるように、白い部分を取り除きました。

ツレがいなくなってから、砥石をかけていない包丁は切れません
ツレよ戻ってきてくれ〜〜〜切れないよ〜
こんな時だけ思い出すスミトンです

晩白柚1個から苦労して薄皮、100グラム出来ました。

粗塩  10グラム
鷹のつめ  8本 ※生の唐辛子が入手できなかった…
晩白柚の果肉  ※1房を袋から出して
レモン汁  大匙1杯

まず唐辛子をフードプロセッサーで細かくします。
次に薄皮(包丁で細かく刻んでおく)、塩を入れて攪拌する。
「おろしがねで」と書いてあったけど、スミトンは文明の利器に頼っちゃいましたっ
次は果実・レモン汁の順に入れて良く混ぜる。

「1週間寝かせると全てがなじみ美味しくな成ります」と作り方に書いてあったから、スミトンも寝かせました。

晩白柚胡椒2

沢山出来たのでしばらく楽しめそうです。 ※上の写真は一部ですよ〜

牡蠣・鱈鍋で使用しましたが、柚程香りが少ないかもしれませんが、コレはコレで美味しくいただけました。
うどん・お雑煮も美味しかったです。

酸味の好きな人は、果肉・レモン汁を増やしても良いと思います
辛いものが苦手な人は、鷹の爪は6本ほどが良いかもネ〜
もちろん種を取って使いました。

柚胡椒に使う生の唐辛子が手に入るのなら、それが良いと思います。
スミトンの作った物と味は微妙に違うかも知れませんが…
スミトンには両方試せないのでなんともいえません。
あしからず


晩白柚胡椒を作ったのはスミトンが初めてかな?
柚の沢山取れるところで、こんな事チャレンジする馬鹿はいないのかも知れませんが…

いろんな薬味が沢山あれば楽しいじゃありませんか…

あくまでスミトン家の味覚ですから、作ってみてまずくても責任は持てません!!
あ・し・か・ら・ず



リンゴ

りんご1青森県はリンゴ生産量が全国の50%だそうです。その中でも、都市でリンゴの生産量が多いのは、弘前市だと聞きました。その弘前からリンゴが届きました。

一個のリンゴは医者を遠ざけると言われるように、リンゴには食物繊維、ビタミンC、カリウムが豊富です。
スミトンのお腹は、食べた物を外に出さない溜め込みタイプなので(決してケチではない)、食物繊維は必須です。(^-^;)
リンゴは煮ても焼いても生でも美味しくいただけます。

ものぐさのスミトンのことだから皮ごと丸かじりと思ったでしょう! 残念でした〜。少しは包丁を使います
プレーンヨーグルトと食べるのが好きなのです。りんご2砂糖なしで! リンゴがいっそう美味しくなるような気がします。個人的意見ですが…
リンゴの皮には果肉より4倍のポリフェノールが含まれているので、皮とも丸かじりが一番良い方法なのかな。

スミトンは、リンゴが木から落ちるのを見て、万有引力の法則に気づいた、アイザック・ニュートンのような能力は無いけれど、空気に触れてリンゴが変色しない前に食べ終える『早食い』の能力は有ります!!
自慢じゃないけど(*^。^*)

こんな事書いていると、色が変わってもいいから、ゆっくり食せと教育的指導が入りそう…。ピィィ〜

ゆっくりたくさんかめば満腹感が得られる事ぐらい知っています。それができればこんなに太くはならないのですよ。

Hさんリンゴをありがとうございました! リンゴ、堪能致しました〜!!



<< | 2/3PAGES | >>